スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月10日のS-Kids

最近はまた日が落ちると冷え込む毎日が続いています。


厚手のウェアを着こまないと寒くて寒くて…



松江は雪が降り始めてましたが、積もらなきゃいいですけどね…



今日は人数も少なかったのでゲームを中心に行いました。

ゲームは子どもの運動力を確保できますし、同じような場面ではなく、少しずつ置かれている状況に変化が起きてきますので、応用力や対応力が求められます。

ドリルでベースを作ることも大切ですが、キッズ年代はこのようなゲームを多く経験させることを最優先させるべきだと思っています。

ゲームの中にはサッカーに必要なほとんどのことが含まれます。

しかし、ゲームだと得手不得手のプレーが出てきて、苦手なことは避けてしまう傾向が出てきます。


そこをドリルのような形式で学んでいく。
S-Kidsはずっとそのようなスタイルで行ってきています。


もちろん正解なんてひとつではありませんし、色々なアプローチの仕方がありますが、自分たちのスタイルを確立することも大切だと思っています。


ゲームの中でいかにして学んでいくか。


それは僕たちの活動における大きなキーワードです。


今日も、子どもたちのプレーで変化が見られました。

同じ形でボールを奪われると、嫌でも考えるようになります。
そこでどういった変化が生まれるか。


子どもたちは自ら学習する力を持っています。


大人が教えてやってる


そんな意識で接すると、子どもの可能性は逆に狭くなってしまいますからね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S-Kids

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。