FC2ブログ

提言

昨日の広島対京都の試合後にペトロヴィッチ監督がインタビューに答えていました。


「今日の試合では攻撃がいつもよりスローだったが…」


というような趣旨の質問をインタビュアーがされ、監督は強い口調で答えていました。



「日本では常に攻撃を早くしなくてはいけない、と言われるが、サッカーに大切なのは常に前に攻め急ぐことではない。どこでスピードを上げるのか、そこでペースをダウンさせるのか。プレーに大切なのはインテリジェンスであり、常に考えながらプレーすることが必要だ」



このようなニュアンスのことを言われていました。




まさしくそうなんですよね。


日本ではボールを持ったらとにかく前へ前へスピードアップ。


効果的なカウンターによるチャンスメイクもあるけれど、攻め急ぐことでボールを失ってしまい、再度守備から始めなくてはいけない場面に頻繁に遭遇します。


相手のブロックがしっかりと作られているときに、攻め急いでしまうと結局チャンスが潰れてしまう。



選手が状況を的確に把握し、今はしっかりとボールをコントロールするべき時か、早く縦にボールを動かすべきかを判断しなくてはいけない。

そのために必要なのが、選手のインテリジェンス。


そのインテリジェンスは、ゲームとゲームと密に繋がったトレーニングで身につけることができる。


広島は、常にそういったトレーニングをしているからこそ、監督も自信を持ってコメントできる。



当たり前だと思っていることほど徹底させるのは難しい。



それを徹底させているペトロヴィッチ監督は、やっぱり素晴らしい監督ですね。


広島のサッカーは観るべき価値のあるサッカーですよ!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S-Kids

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる