スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰のもの?

僕らの活動が多くの人たちの理解と協力のもとに成り立っているというのは、紛れもない事実です。



たとえサッカー協会という名前を使っても、サッカー協会という単体でできることなんて何一つない。



サッカー協会、と聞いて思い浮かべるイメージは様々でしょう。


ポジティブなものもあれば当然ネガティブなものもある。


僕らはもちろんネガティブなものに対して真摯に耳を傾け、改善できることは改善していかなくてはいけない。



以前、僕の尊敬するある人が言っていました。


「賛否両論あるが、『否』があるうちはまだまだやれということ」


認めてもらう、理解してもらうためにはもっともっと努力しなければいけないし、より良くすることは絶対に可能である。


そういうことを言った言葉だと解釈しています。



僕らの活動で絶対に忘れてはいけないことがあります。


それは、


「これは一体だれのための活動なのか?」


ということ。



今までも多くの仲間と理解者に支えられて、数多くの事業を行ってきました。


そこに共通して流れていた思いは

「すべては子どもの未来のために」


決して、自己満足で終わらないように、

決して、一瞬の大人の満足で終わらないように…



それだけは心がけてきたつもりです。



もちろんまだまだ足りないところだらけでしょうが。



子どもには多くのものが与えられる自由と権利があります。


自分で選ぶ権利もあります。



それを大人が奪ってしまうことは大人の単なる自己満足でしかないと思っています。



サッカーの指導者に求められる資質として


「選手の判断を奪わない、創造性を引き出すコーチング能力」


が挙げられます。



これはピッチ内だけでしょうか?




今、胸の中にあるこの悔しさは次の活動のエネルギーとなるはずだ。


今までだってそうしてきたじゃないか。


ここで折れるわけにはいかない。


前へ、もっと前へ進んでいかなきゃ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。