FC2ブログ

子どもに考えさせるということ

子どもが考えるということは、子ども自身が色々なアイデアを出し合うということ。


しかし、子どもにはまだ多くの経験がないため、うまく引き出してあげなくてはいけない。



そして、子どもから出たアイデアは必ずやらせてみること。



うまくいかないって分かっていても、必ずやらせてみる。



そうすることで子どもは多くのことを学び、子どもの引き出しが増える。



最近はそれを痛感しています。

子どもの成長は僕らの手にかかっていますからね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S-Kids

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる