FC2ブログ

1月28日のS-Kids

今日はU-6コースはいつも来てくれているKくんひとりでした。


ひとりということをネガティブに捉えるのではなく、ひとりだからこそできることもたくさんありますし、常にコーチとマンツーマンになるわけですから、コーチの接し方や行動により柔軟性や幅広いものが求められると思っています。



Kくんが楽しそうに動き回っている姿を見て安心しました(^^)


本当にサッカーが大好きなKくん。


色々なテクニックをいつも見せてくれ、いつも驚いていますが、そこからよりバランスのとれたからだにすることが僕らのやるべきことだと思っています。


本当にサッカーが大好きな子供が、ずっとサッカーをやってくれる土台づくりを僕らはしているわけですからね!



U-8コースは久々に顔を出してくれた子供がいました。


途中、泣いてしまい、なかなか練習に参加できませんでしたが、子供とのコミュニケーションの難しさを痛感しました。


子どもに対して、子どもが理解できるように説明する。
泣く、ということは子どもの中で気持ちをコントロールできなくなってしまったからだと思います。

そんな中で言葉で説明することは非常に難しいことです。

どうやったらこちらの想いを伝えることができるのか。


また学ばされた時間でした。


同じことを繰り返さないように、しっかりと学びたいと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S-Kids

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる