FC2ブログ

3月1日のS-Kids

今日は久々にS-Pitchでのスクールとなりました。

開始10分前には雨も降っており、外での練習を断念するしかないかなぁって思っていたのですが、子どもの気持ちと晴れ男スタッフの運の強さからか開始寸前で止み、外で行うことができました。


本当に久々に土曜日コースの子どもたちはS-Pitchで練習しましたが、やっぱり人工芝で動き回る子どもの笑顔はまったく違いますね。

とにかく休むことを知らないと言ったら変ですが、子どもはずっとボールと一緒に動き回って汗をいっぱいかいていました(^^)

子どもらしさってこういうことなんですよね。とにかく動くことが大好きな子どもたち。
何も言わなくても自然に動き回りますから☆


今日は最初コーチ対子どもでオニごっこをやったのですが、子供たちの圧勝!
ほんの数秒でコーチたちは捕まってしまいました(^^;

コーチたちも負けじと練習しないとダメですね!

CIMG0432.jpg


その後はミニハードルを使った動きづくりやシュートをやり、最後はゲームを行いました。


今日は普段より運動量が多くていっぱい汗をかいていたように思えました。

環境ってやっぱり大切ですね!


これからも子どもたちが自然に体を動かし始めるような環境作りを行っていきたいなって思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

子どもには子どもの発想があり、作戦ってのがあるんですよね。それは大人が考えつくものであったり、また大人じゃ考えられないものであったり。
そのような発見の連続がキッズのサッカーだと思います。
粘り強く子どもの発想を引き出そうと我慢してくれたコーチたちの素晴らしい仕事の結果だと思っています。そのようなコーチに恵まれて子どもも幸せだと思いますし、僕も幸せです。
子どもには無限の可能性があります。それを引き出し伸ばしてあげるか、またはその大人の範囲内の発想力を身につけさせるか。
すごく難しいことですが、チャレンジしなければならない大人のミッションだと思います。
これからもご協力お願いいたします!

すごい子ども達!

コーチ対子どもでオニゴッコをした時、コーチの圧勝だろう見ていました。ところが子どもは話し合ったわけでもないのに、自分がどのコーチを捕まえればよいかわかっていました。逃げる間もなく捕まったコーチもいて子どもは大喜び!何回やっても子どもの勝利でコーチを3人から5人に増やしても同じでした。捕まえたいコーチとの距離感や逃げるコーチにどうしたらタッチできるか考えて動いておりすごいなぁ~と感心しました。[ほんと子どもに拍手でした。v-218
プロフィール

S-Kids

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる