スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王監督

今は福岡ソフトバンクホークスの会長を務められている王貞治さん。


僕の中では「王監督」って表現が一番しっくりくるので、王監督と書きましたが…


その王監督があるインタビューの中で以下のように語っておられました。


「子どもは身をもって体験することが大切だと思うんですよ。もちろん、失敗することだって大切な経験。私たちの子ども時代、鉛筆削り機なんて持ってる子はほとんどいませんでしたから、みんな小刀を使って使って鉛筆を削っていたんですよね。それで、最初のうちは誤って怪我をする子も少なくないんですが、何度か指先を切って痛い思いをするうちに、いつの間にか、みんな上手に削れるようになっていた。子供の成長の過程でちょっとくらいの失敗は、むしろ経験させた方が良いんです。

~中略~

子どもは自分で環境を作ることができませんからね。可能性を伸ばすチャンスと環境を与えるのが、大人として、地元球団としての使命」



このインタビューに、僕たちがすべきキッズ年代の活動が凝縮されているのではないでしょうか。

僕たちがやるべきこと。

そしてやろうとしていること。


それはサッカー界に限ったことではなく、誰もが通り抜けるキッズ年代に与えるべきこと。


僕たちの思い描いていることは時間と根気、お金…
様々なモノが必要かもしれません。


でも、僕たちの活動は

子どもの未来のため。


それさえ忘れなければきっとやれるはず。

そう信じています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

サポーターさん、こんばんは。

仰る通りだと思います。

転ばないようにすることを大人は考えてしまう。
なるべく危険を排除しようとして、子どもが痛い思いをしないで済むように。

でも、大切なのは経験させないことではなく、「痛み」を知ってもらうこと。

それを知ることで「次」を学ぶはずです。

子どもが失敗したとき、泣いたときに「繰り返さない方法」を一緒に考えるのが大人の役目ではないでしょうか。

ある冊子に、「子ども達に転ばない方法を考えさせるのではなく、転んだときにどうするかを考えさせることが大切なんだ。」とありました。

失敗をしない人間なんかいない。

転んで泣いていたら、一緒に泣いてあげようと思いましたv-22


プロフィール

S-Kids

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。