スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチングには…

最近コーチングに関する本も多数出版されていて、色々な情報をあらゆる角度から得ることができます。


これはトレーニングプログラムに関しても同様で、世界各国から自分の必要としている情報をリアルタイムに得ることができる時代になりました。


もちろん便利な世の中になったことに間違いはありませんが、それだけ物事を選ぶ「目」や「基準」が求められるようになり、情報が氾濫した世の中で生きていくためには、自分の中で確固たるものを道合わせなければいけない時代になっているのもの事実です。



これらの話はまた別の機会にするとして…



選手に対するコーチングでは二通りがあると思っています。


まず一つが、具体的な指示を通して選手に能力を獲得させるもの。


正確な技術トレーニングやコーディネーション、決められたグループ戦術、チーム戦術を徹底させるためのプログラムなどがこれに当てはまります。


そしてもう一つが、オーガナイズによって無意識的に能力を獲得させるもの。


プレーインテリジェンスを獲得させるプログラムはこれに当てはまりますね。



ある状況を設定したプログラムを行う場合、いくつかの選択肢が選手には与えられるはずです。パスで状況を打開することもできればドリブルで打開できるかもしれない。または他の選手が何かしらのアクションを起こすことで解決できるかもしれない。


大切なのは選手が考え、判断し、状況に応じたプレーを選択すること。


コーチはそのような能力を選手に獲得させることが最も重要な仕事であり、無意識のうちに選手が考えなければいけないようなプログラムを考え出すことが大切だと思っています。


もちろんいくつかの選択肢を持つためにはベースが必要であり、それは個々の技術であり、コーディネーション能力だと言えます。

そこにはしっかりとしたイメージを与え、正しいデモンストレーションを見せる必要があります。


しかし状況を解決する能力は、コーチがその都度指示を出して解決させるのではなく、選手が色々なアイデアを出し合うことで身につけるべきではないかと思っています。

コーチはそれをどんどん引き出してやれる存在になれればいい。



特にキッズ年代においてはコーチがオーガナイズをし、必要以上に関わらないことが大切だと子案が得ていますので、S-Kidsの活動でもそのような姿勢で行っています。

傍から見ればなぜもっと子供に指示しないの?って「思われる方もいるかもしれませんが、それをしないのは以上のような理由からです。


もちろん唯一無二の方法論なんてありませんから、色々なご指摘があればそちらを聞きながら、ひとつのコーチングを確立していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サポーターさん、こんにちは。

そうですね、コーチがピッチ上で一番目立つようなトレーニングは子供にとっていいトレーニングとは言えない気がしています。

子どもの声がたくさん響くようなそんなトレーニングが行えるといいですよね。

これからも色々とご指導ください。
よろしくお願いいたします。

No title

優秀なコーチ(指導者)は、子ども達が答えを出せるように導いて行くことができる人。
そして、子ども達の答えに気付いてくれる人。

子ども達は自分で見つけた答えを誉めてもらうと、またやる気が出て頑張ります。

そんな姿がキッズでは見られて嬉しいですね。v-22
プロフィール

S-Kids

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。