スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本少年サッカー大会

S-Pitchでは昨日から全日本少年サッカー大会の松江予選が行なわれていました。

昨日はものすごい雨と強風で、プレーしている選手はもとよりチーム関係者や保護者の方にとっても酷な一日だったのではないでしょうか…。

クラブハウスにいても寒いぐらいでしたので、あのような状況下でプレーした子どもたちは本当によく頑張ったなって思います。

そして今日は決勝トーナメント進出を賭けた戦いが行なわれていました。

僕も1試合外で見させていただきましたが、技術的な問題ももちろんありますが、自分のからだをコントロールできない子どもが多数いた気がします。

相手の動きに対応できない子どもやちょっとした接触でバランスを崩してしまう子ども、クロスを上げるときにしっかりとゴール方向へ踏み込めない子どもなど、最終的にそれらが技術的なミスを誘発しており、自分のイメージしているようなプレーができないことにつながっているのだと思います。

サッカーをすることでサッカーはうまくなる。

これは間違いないことです。

ただサッカーしかやらない子どもは、「からだのアンバランス」を招きます。いくらボール技術に長けていてもボールに触れることが出来なければ結局何もならない。
ボールを触れるためにはいろいろな駆け引きをして、自分に有利な状態を作り出し、相手より早くボールに触れる必要があります。
そしてボールに触れてから色々な技術を発揮するためにも、自分のからだのバランスを保ちながらプレーしなければいけません。
サッカーは相手があってのスポーツですし、状況に対応したプレーをしなければいけませんからね。

技術力の土台はコーディネーションの質です。
この質の高さが技術力を決めるといっても過言ではないでしょう。

動き作りに力を入れることで、プレーの幅も広がるのではないでしょうか。


現在取り組んでいるキッズ年代の活動は、この4種へと繋がっていきます。
非常に熱心な指導者に囲まれて子どもたちの技術力は向上していっています。

その指導者の方々に子どもたちをバトンタッチしていく。
そのために取り組まなければならないことを再確認できた一日でした。

僕たちの活動は切れ目なく続いていきます。
子どもが4種年代に上がり、試合を経験したときにのびのびプレーできるように土台作りをしっかりと行なっていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S-Kids

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。