スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月28日のS-Kids

今日は陸上大会が入っていたため子どもスポーツ広場で行いました。


今日は天気も良かったせいか40人の子どもが参加してくれました。


40人だとやっぱり狭いなぁ。


所狭しと子どもたちは元気にサッカーしていました。

CIMG5556.jpg

ボールを自由に扱えるのは、足だけではなく手も同様に大切になります。

サッカーはあくまでスポーツの一つですし、手の器用さは全身の器用さにもつながっていきます。

CIMG5560.jpg

キックでは強さではなく感覚を重視しています。しっかり当たった、という感覚、ボールがまっすぐ飛んでいく感覚など磨いてほしいと思います。

CIMG5565.jpg

そしてボールを奪われないこと。
ボールは1個だけ。そのボールを大切に扱うことがサッカーが上達する上で非常に重要となります。


ただ何をやっていても、子どもが「楽しんでいるかどうか」が一番大切ですけどね☆
スポンサーサイト

4月26日のS-Kids

今日は11人の子どもが来てくれました。


今日は久々にシュート!を行いました。



普段はキッズ用のゴールを使用している子どもたち。

少年用ゴールが非常に大きく感じてしまいますが、逆にシュートの狙う場所は広く感じて思い切ってシュートを打っていました。


まだパワーがないので飛距離は出ませんが、当たった瞬間の感覚ってものを大切にしてもらいたいと思います。


ボールの中心を捉えたときの感覚。



そこをしっかりと感じてもらえるように行っていきたいと思います。

ストリートサッカー

今日もストリートサッカーを行いました。


以前から書いているように、

「大人の影響力を排除したサッカー」

を実現することが一番の目的です。



大人の目を気にしながら、常にコーチングを待つ、コーチングされる状況下で試合をすることで学ぶこともあれば失うこともある。

失ってしまうことに目を向けるべき年代ですし、そこで失ってしまうと取り戻せないものもあります。


とにかく、この年代「だからこそ」という部分にしっかりと目を向けて行っていきたいと思います。

4月19日のS-Kids

木曜日のS-Kidsには体験の子どもが来てくれました。

CIMG5528.jpg

試合中にゴールを動かす子どもたち。


シュートを決められないように子どもたちなりに考えだしたアイデアです。


ルール上ありえないことですが、こういう工夫がすごく大事なんですよね。

怒るのは簡単。

でも、ゴールを決められないアイデアが自然に生まれたことに目を向けてあげることが大切だと思います。

CIMG5530.jpg


U-10コースはコーディネーション。

CIMG5531.jpg

なかなかうまくいかなくても、ちょっとやるだけで上手になる子どもたち。


この特徴を生かしながらトレーニングを行っていきたいと思います。

4月18日のS-Kids

今日はU-6コースに2人、U-10コースに10人来てくれました。


今日は風が強く、本当に寒い1日でした(><)


U-6コースはからだを動かしながら、ボールに触れあうことをテーマに行い、U-10コースはパスを中心に行っていました。

CIMG5527.jpg

対面でボールを蹴ることと相手がいる中でボールを奪われずに蹴ることは全く違います。

キッズ年代から、相手がいる状況下でプレーをすることは非常に重要なことです。
サッカーは常に相手がいるスポーツですからね。

CIMG5526.jpg

その中でボールを奪われないために、どこにパスを蹴ったらいいのか、強弱はどうか、ボールの置き所はどうか、など色々なことを学んでいきます。


サッカーからサッカーを学ぶことが大切ですね!

4月11日のS-Kids

昨日はあいにくの天気で6名の参加者でした。


子どもスポーツ広場で行い、ボールをしっかりと捉えること、をテーマにしました。


この年代では、正しい動作を覚えることでボールがスムーズに蹴れるようになります。

ボールの中心をしっかりと捉えることは、重要な課題といえます。

中心を捉えて蹴ったボールの感覚をいかにからだに染み付かせていけるか。

とにかく繰り返すしかありません。


そしてその過程をいかに効果的に行っていくか。

それがコーチの仕事となります。


日々勉強ですね!

4月7日のS-Kids

昨日のS-Kidsには38人の子どもが来てくれました。


そのうち体験の子どもが8人。


新年度を迎えて関心を持ってくれる子どもが増えてくれていることに感謝ですね。

CIMG5493.jpg


本当はこのピッチが子どもで溢れかえるほどのスクールを展開したいのですが…

まだまだ努力が足りませんね。

CIMG5495.jpg


サッカーをしながらサッカーを学ぶ。

これはS-Kidsの基本概念です。


しかし、内容は毎年マイナーチェンジしていきます。

子どもが成長するように、指導者も成長していきながら子どもに与えるプログラムにも変化が生まれます。

CIMG5497.jpg


今年度も色々と試行錯誤しながら、より良いものを提供できるよう指導グループも頑張っていますので、期待していてくださいね。

4月5日のS-Kids

今日は9人の子どもが参加してくれました。


暖かい気候になってきたので、これから参加者も増えてくれるといいな~


CIMG5490.jpg

ボールを使ったコーディネーションを中心に、子どもたちができそうと思ってチャレンジしてもらえる課題を行いました。

今日はちょっと動きが少なかったので、動きが多くなるプログラムを取り入れるようにしたいと思います。


CIMG5492.jpg

からだが徐々に自由に動かせるようになってきたとしても、普段経験しない動きになるとぎこちない動作になってしまいます。

日常では経験しない動きをたくさん経験させてあげるのも大切です。


サッカーだけではなく、色々な動きを経験しながら、色々な能力の向上に努めたいと思います。

2012年度事業スタート

今日から2012年度のキッズ事業がスタートしました。


今日は僕が担当している事業の中の、

「キッズサッカースクール」



「ストリートサッカー」


(写真は撮ってあるので改めて掲載します)



キッズサッカースクールは小学3年生以上を対象とし、ゴールデンエイジの突入するジュニア年代に必要な要素を個の部分から中心にトレーニングを行うものです。


テクニックはあくまでもサッカーのゲームで使えるテクニックの獲得を目指さなくてはいけません。

ひとりで行うものではなく、集団の中で実践していきながらの獲得を目指します。


ストリートサッカーは小学1年生以上なら誰でも参加できるもので、文字通り自由にゲームを楽しんでもらうものです。


大人から与えられた環境下で試合を行うのではなく、集まった子どもたちでオーガナイズを決め試合を行います。

大人の影響力をどれだけ排除することができるか。

常に指示待ちになってしまいがちな子どもから、本来兼ね備えている「発想力」や「行動力」を伸ばしていきながら、サッカーをサッカーで学ぶことを主目的としています。



毎週月曜日に行っている事業ですので、ぜひご参加ください。

今日から新年度

今日から2012年度がスタートしました。


日曜日がスタートっていうのもなんかいいですね。



今日はエイプリルフールでしたが、周りから特に大きなウソに惑わされることがなく、普通に終わりました(^^)



今日から新年度。


今年度も色々なことにチャレンジしていけるよう頑張っていきたいと思います。


よろしくお願いいたします。
プロフィール

S-Kids

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。