スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月29日のS-Kids

今日はピッチ温度が40度を超えましたので、子どもスポーツ広場に会場を変更して行いました。


僕は残念ながら打ち合わせがあり、最後しか参加できませんでしたが、子どもスポーツ広場は陰になり、また風も入ってきたので、少しだけ涼しく感じました…


といっても多少涼しく感じただけです。


これから気温が上がっていきますので、練習時には必ず十分な飲料水とタオル、着替えをご持参ください。



また、食欲が低下してくる時期でもあります。


お腹は空いててもからだが欲しないという感じです。



そこで食事量が落ちてしまうと、体力が低下し、暑さに耐えきれなくなってしまいますので、メニュー等工夫していただき、しっかりと食事を摂るようにしていただきたいと思います。

また、食欲が落ち、からだがだるいときはしっかりと休養することが大切です。


そういう場合は、練習に参加せずに自宅で休むことをお願いしたいと思います。



よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

キッズリーダーチーフインストラクター研修会

週末の土曜日と日曜日に、静岡県で行われた2011年度キッズリーダーチーフインストラクター研修会に参加してきました。


キッズの活動を多くの方に理解していただくために、毎年県内各所でキッズリーダー養成講習会を開催しています。


なぜ多くの方に理解していただかないといけないのか

より多くの方に参加していただけるためにはどのようなアイデアがあるのか

講習会で伝えるべきことは何なのか



そういったものを共有し、もっとキッズのサッカー環境を改善していく努力を行っていかなくてはいけない


大切なことは、市町村単位で少しずつ歩みを進めていくこと。


そのためにすべきことは、歩みを止めずにしていきたいと思います。

高い意欲の中で

昨日は成年男子の国体代表のセレクションを行いました。


松江市、出雲市に所属している中国リーグ、県リーグのチームから多くの選手が参加してくれました。


もちろん能力的に高い選手は魅力的であり、必要な選手です。

しかし、国体チームは島根県を代表して戦うチームです。


それを理解している選手、行動に移せる選手であること。


これが大前提です。


その意識、そしてうまくなりたいという意欲の高い選手が、今回のセレクションに参加してくれたと感じています。


現代のサッカーに必要なプレーの質、サッカーの原則の理解、そういったものを要求しながら、あと2回のセレクションを行っていきたいと思います。

6月23日のS-Kids

今日の天気は…

暑い、蒸す、暑い…


そんな言葉の繰り返しでした…


子どもの頃の体感温度と今の体感温度って変わってるんでしょうか…


子どもは暑い暑いと言いながらも、動き始めたら底なしの体力で最後まで参加していました。



最近は「メリハリ」を意識しています。


プログラムもそうですが、意識の面でのメリハリ。


楽しむところ、一生懸命やるところ、勝負にこだわるところ。


ずっと同じテンションで行うのではなく、スイッチの切り替えを意識したいなと思っています。



うまくなるには楽しんでやるだけでは足りない段階って誰にもきます。


うまくなる=もっともっと楽しくなる


そんな感覚を子どもに感じてもらえるように、1時間の中でのメリハリを大切にしていきたいと思います。

ちょっと一休み

昨日でとりあえず4月から突っ走ってきた時間が一段落しました。


毎週毎週繰り返されるギリギリの戦いに、大きなストレスを感じながらも、充実した濃密な時間を過ごすことができました。


自分の求めているステージはここにある


まだまだ思い通りの展開はできていませんが、多くのことを学んでいる毎日です。


今まで見過ごしていたことが見えるようになる。

気にも留めなかったことに意識が向くようになる。


自分の意識で見えるものって変わってくるんですね。

それを実感している毎日です。


学ぼうと思えばいくらでも学ぶことができる。

そして自分の足りないところも見えてくるようになる。



悪い流れを断ち切るようなコーチングであったり

追い込まれたときに動けなくなってしまったり

自分に足りないところはいくらでも見えてきます。



でも、そこを変えられるキッカケを与えてもらっていることにホント感謝ですね。



8月末にみなさんと一緒に喜べるように、あと2か月、しっかりと頑張っていきたいと思います。

キッズエリート in 出雲

今日は出雲市の長浜公園で、第1回出雲支部キッズエリートを行いました。


アナウンスが遅かったのにもかかわらず、各クラブから36名の子どもが参加してくれました。



天候が心配でしたが、午後からは逆に暑いくらいの天気になりました。



対象は3年生でしたので、ゲームを意識しながらのトレーニングを行いました。


今日も感じたのですが、やはりこの年代からサッカーのゲームをさせることの重要性。

ゴールに向かって攻めること、ゴールを守るためにボールを奪うこと。

そのサッカーの原則を、無意識的にピッチで行えるように、皮膚に覚えこませる。

そのためには、とにかくゲームを行うことが大切だと思っています。


テクニックはないけれど、常にボールをもらおうと動く姿勢。

ボールは奪えないけど、ボールを奪いに行こうとする姿勢。

ボールを持ったらゴールに向かって攻めていく姿勢。


そういったものを、キッズ年代から行う重要性を今日も感じました。


色々な気付きをトレーニングでは与えてもらっています。


それを今後もトレーニングに反映させながら、子どもに還元していきたいと思います。


次回は7月16日に行いますので、興味のある方はぜひご参加くださいね。

6月15日のS-Kids

今日は最初のコースに2名の子どもが参加してくれました。


今日は、途中に「竹馬」を行いました。


最初はなかなか上手にできなかった子どもも、5分も経てば何の問題もなく乗れるようになってきました。



子どもの学習能力、コーディネーション能力の高さには驚かされます。


見よう見まねでトライして、ちょっとしたコツをつかめばすぐできるようになる。



この年代における運動力の獲得の重要性を思い知らされました。




後半のコースは、「キック」に焦点を置いて行いました。



止まっているボールだけではなく、色々な動きの中からでも正確にボールを蹴る必要があります。


そのトライを繰り返しながら、正確な技術を身につけ、ゲームの中で発揮させる。


すぐにできるようになるわけではありませんが、継続することで安定した技術を身につけることができます。



子どもの学習能力の高さは素晴らしいものがあります。


その時機を逃さないようにしっかりと行っていきたいと思います。

すみません

毎日更新!を目標に掲げているのですが、ちょっとここ数日じっくり書く力が出ません…



しっかりと充電して、週明けには週末の活動等アップしたいと思います。



毎日更新!



これをしっかりと守りながら、多くの方に足を運んでもらえるブログにしていきたいと思います。



これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

カールじいさんの空飛ぶ家

昨日は久しぶりに映画を見ました。


「カールじいさんの空飛ぶ家」

e0016828_2155373.jpg


かなり前の映画なのですでにご覧になった方もおられるでしょうが…


大好きな奥さんに先立たれたカールじいさんが、奥さんのエリーとの夢を叶えるために思い切った行動に出る。


ただ、その旅の途中では本当にいろいろなことが起こり、カールじいさんの内面が変化していく。



見ていて、心が穏やかになりました。


大好きな人と過ごす幸せな時間

夢を持つこと、そして叶えようと行動する力


人生で最後まで大切にしたいこと


何万個っていう風船に、自分の夢を思いっきり詰め込んで飛び立ったカールじいさん


男ならだれでも同じことをやってみたいって思うんだろうな



見終わった後、なんだか元気が出るオススメの映画です★

6月8日のS-Kids

最近は練習開始前に数人が集まると、子どもたち同士で話をして、いつの間にか試合が始まります。


ゴール2つを並べて、チームを分けて。



ストリートサッカーや通常のS-Kidsを通して、子どもたちの自主性を伸ばしていこう!という取り組みを行ってきました。


サッカーは、すべての環境を用意してもらって行うものではなく、子どもたちが自発的に行うもの。


僕の中での前提はここにあります。



複数人が集まれば試合をする。


個人ならリフティングやシュートなど好きなことをやればいいですが、2人以上集まったのなら試合をすればいい。


サッカーで一番楽しいのはやはり試合ですし、試合の中で多くのことを学べる。


やっとそういう土台ができてきたかな、という気持ちです。



今度はその試合の中で、子どもの発想を生かせるように考えていきたいと思います。

今日は前から行ってみたかった近くのパワースポットに行ってきました。



人間っていうのは、心底すごいなぁって思った時は、あれやこれや考えたり言葉なんて出てこないもんですね。



ただただ、「スゴイ」



もうそれだけでした。



今週末、来週末と気の抜けない週末が続きますが、ここを訪れて目に見えない力をもらった気がします。



信仰心なんていうのはまったく持ち合わせてしませんが、目に見えない力が宿るってきっとあるんだろうな。




いい週末が過ごせたら、また報告を兼ねて行ってこようと思います。

シュート

今日のトレーニングでは「シュート」を行いました。


初めて「少年用」のゴールを使用して。



今まではキッズ用のゴールを使用していましたが、今日からは少年用ゴールも併用して行おうと思いまして。



強さよりも正確性を身につけさせたくて、ずっとキッズ用ゴールを使用していましたが、GKとの駆け引きやしっかりとしたフォームを身につけて、強いシュートが打てる時期に入ったと感じたからです。



いくつかの問いかけで、子どもたちのシュートの強さやシュート時のバランスが、非常によくなりました。


吸収力の速さは最高ともいえる年代に突入しようとする時期です。



しっかりとトレーニングして、色々なスキルの獲得を目指していきたいと思います。

第1回U-10キッズエリートin松江

2011年度最初のU-10キッズエリートがS-Pitchで行われました。


今日の参加者は144名!


過去最高の参加者となりました。



たくさんの子ども、保護者の皆さん、そして各クラブのスタッフの皆さんに関心を持っていただけたことが非常に嬉しく、同時に身の引き締まる思いでいっぱいです。



説明会でも話をさせていただきましたが、とにかくサッカーが大好きな子どもに参加をしてもらいたい。


そして、そんな子どもたちの笑顔がたくさん見られる時間にしたい。


その前提を満たしながら、1回のトレーニングの中でも、必ず1つの気付き・キッカケを与えたいと思っています。

CIMG4376.jpg

そして、何よりも伝えたいのはサッカーの本質。


それをあらゆる局面の中から、子どもにヒントを与え、気付かせていきたいと思います。

CIMG4377.jpg


今日経験したことを、日常のクラブでのトレーニングの中で生かしてもらえると嬉しいですね☆

CIMG4378.jpg

そして、今回最後の感想が言えなかった人は、次回言えるようになってくれるといいな。

明日はU-10キッズエリート

明日は松江支部の第1回U-10キッズエリートが行われます。


事前の申し込みでは、過去最高の145名の子どもが集まりました。


当日の天気が心配ですが、こんなにたくさんの子どもに関心を持ってもらえたことが、素直に嬉しいですね☆



子どもは色々な期待を抱いていていると思います。


その期待をいい意味で裏切れるような、そんな時間にしたいと思っています。



当日の模様はまたここで報告しますね♪

今日から6月!

早いものでもう今日で6月に入りました。


ということは、当たり前ですが2011年もすでに5か月が過ぎ去ってしまったということです。


この3か月は、自分にとっても本当に時間があっという間に流れていきました。



自分の生活が大きく変わり、本当にやりたかったことがやれている満足感に浸れているからかもしれません。



しかし、だからこそ大きなプレッシャーもあります。



まだまだそれを楽しむ余裕は僕にはありませんが、ありがたいことに、僕の周りにはたくさんの仲間がいます。



この人たちのために、僕は自分の持っているすべてをぶつけてやっていきたい。



そのための5か月間だったと年末に言えるように、ここからさらに緩めず進んでいきたいと思います。



どうせならすべてを「獲りたい」ですからね。
プロフィール

S-Kids

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。