スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨ばかり…

ここ数日急激に冷え込んできてますが、みなさん体調はいかがですか?


もうコートを着ててもおかしくないですもんね。


僕も今朝起きた時、喉が痛くて…


ノド飴舐めても大して変わらないですね~。うがいをしっかりとやらないといけませんね。



雨も降ったり止んだりで、急に大雨になったかと思えば、いきなり止んで、でもまたすぐ強く降り始めて…


なんか気持ち悪い天気ですね、本当に。



明日から11月です。


日に日に冷え込んでいくと思いますので、みなさんも風邪などひかないように体調管理をしっかりとしてくださいね!
スポンサーサイト

つつじカップ写真

先週参加したつつじカップの写真です。



試合中は写真が撮れなかったので、集合写真しかありませんが…


子どもたちの笑顔を見てると心が安らぎますね。


CIMG3782.jpg

CIMG3784.jpg

CIMG0531.jpg

CIMG0536.jpg

巡回指導@城東保育所

今日は数カ月ぶりに城東保育所に行ってきました。



前回は近くの公園で行いましたが、あいにくの天候だったので今日は遊戯室で行いました。


でも、遊戯室がかなり広いので、問題なく色々なことを行うことができました。


CIMG3786.jpg


前回、サッカーの試合をあまり行わなかったため、子どもからは

「もっとサッカーの試合がやりたい!」

という意見が出たらしく、今回はサッカーの試合を多く行うようにしました。



といってもその前は、楽しく運動遊び。



今日もグループで課題をこなすようにしましたが、一昨日とはまた違ったアイデアが出てきて、見ててまた勉強になりました♪

CIMG3787.jpg


子どもたちのアイデアは本当に無限!


CIMG3789.jpg


最後の試合では、たくさんゴールが決まって盛り上がりました☆



元気いっぱいの城東保育所の子どもたちでした。

10月28日のS-Kids

日に日に寒くなってきているので、外に出るのが嫌になってくる時期ですね。



子どもはそんなこと関係なく最初からエンジン全開ですが(^^;



今日来てくれた子どもたちも、最初から最後まで元気いっぱいでした。



U-8コースはドリブルとシュートを行いましたが、意識して取り組むことで子どもたちはぐんぐんと上達していきました。



最近はずっとこだわってやっていることがあり、それをどうやって子どもに伝えていくか、という点に苦労しています。


子どもに分かりやすく、そして実践できるように伝えるにはどうしたらいいのか…



それを考えるのもコーチとして楽しい作業ではありますが、子どもたちの理解力や実践力などを考えながら最適な方法でアプローチする。


重要なことだからこそ簡単ではありません。



頑張っていかないと!


子どもはもっともっと成長できますからね☆

巡回指導@白潟保育所

今日は白潟保育所へ巡回指導に行ってきました。


白潟保育所は初年度からずっとお世話になっている保育所。


今回は3カ月ぶりぐらいの巡回となりました。



ここの子どもたちは、この巡回指導を楽しみにしてくれているようで、子どもたちの熱烈な歓迎にはいつも照れてしまうほど(^^;



3カ月ぶりだったので子どもたちはどう変化してるかなぁって楽しみにしていましたが、子どもたちの元気良さは前に比べてさらにパワーアップしてました。


たくさん色々な遊びをやっているようで、自分のからだを以前に比べてコントロールできるようになっていました。

オニごっこをやってもぶつからない子どもが増えてきましたからね。



子どもは日々成長します。


その成長を手助けできるように、色々な経験を子どもにさせてあげたいですよね。



今日は、チーム単位で色々なプログラムを行いました。


子どもなりに色々な作戦を考えて、どうやったら1番になれるかをみんなで相談してトライしてました。


子どもの発想は自由で本当におもしろい!


今回も勉強になりました☆



また来月、一緒に遊ぼうね!

日曜日のスポーツ教室も終わり、片づけをしているとひとりの保護者のお母さんが、僕のもとに来られました。


どうしたのかなぁ

って思っていると、


「私のこと分かる?」


と、いきなり言われ、頭の中が「?」でいっぱい。


そのまま表情に出たみたいで、


急に、

「○○よ!」

と名前を言われ、「お~~~~~~~!」



なんと、幼稚園からの同級生でした!



僕が4歳から11年間、ずっと一緒に過ごした同級生。



まさか、こんなとこで再会するとは。



3児の母で、すっかりお母さんになっててまぁビックリ!


あまり時間がなくてゆっくり話ができませんでしたが、元気そうで安心しました♪


「ずっと好きなサッカーやっててすごいね~」


って改めて言われると、妙に照れましたが(^^;



また近いうちに同級生みんなに会いたくなりました。

わくわくドキドキスポーツ教室

昨日は邑南町の邑智小学校で、主にバレーボールをやっている子どもとその保護者を対象とした、スポーツ教室に行ってきました。


最近はサッカーをやっている子どもを教えるよりも、このような他スポーツをやっている子どもを教えたりすることが結構あるんですよね。


もちろん他スポーツは専門ではありませんので、専門的な技術や動き等は指導できませんが、各スポーツの土台を成すものは共通してると思います。


そのベースとなるものを、楽しみながら学んでいく。


それをテーマに行いました。



邑南町の子どもを指導したのは初めてでしたが、最初は遠慮がちな子どもたちも、時間が経つにつれ子どもらしい笑顔や行動がみられるようになりました。



最初は僕もかなり緊張しましたが、子どもの反応や様子を見てると緊張もほぐれ、楽しみながら行うことができました。



このような機会を与えていただいた宮廻先生、本当にありがとうございました。

つつじカップ

昨日は東出雲FCに招待していただき、つつじカップに参加してきました。

今年度は昨日が3年生、今日が1年生の部に参加させていただきました。



今年3年生の子供は毎年参加させていただいている恒例行事で、過去2年PKで負けてるので、子供たちの中でのモチベーションも高かったようです。


3年生になり、多くの経験を積むようになってきているといってもまだまだ3年生。


できないこと、うまくいかないことが圧倒的に多い。

実行に移したくても移すだけの要素が備わっていない年齢です。


しかし、ゲームをすることで学ぶことも多くあります。


ただゲームをするだけではなく、ゲームの中で何を学ぶことができるか。


3年生にもなれば、少しずつ色々な要素を求めていくことが可能となるはずです。



昨日も、試合の中で子供たちは今なにをすべきか、という点についてゆっくり感じて、学んでいってくれたと思います。



そういう面でも、ベンチにいてすごく楽しかったですね。


子供たちが変わろうとする瞬間を見ることができたわけですから。



残念ながら今年もPKで負けてしまいましたが、PKなんてロシアンルーレットのようなもの。


子供たちは悔しかったでしょうが、そのすぐ後の3位決定戦で、何事もなかったように3位になろうと必死に頑張る姿勢がとにかく嬉しかったですね☆



試合が終わった瞬間に、


「ぼくら3位だよね!」


と整列もせずに僕のところに抱きついてくれた子供がいましたが、子供のモチベーションは大人のそれとは異なるものですね。




今日は残念ながら仕事で帯同できませんでしたが、1年生チームは優勝したみたいで!


おめでとう!




2日間、お世話になった東出雲FCの関係者の皆様、本当にありがとうございました。

巡回指導@平田保育所

今日は平田保育所に行ってきました。


久しぶりに専務と二人で!



スポーツお届け隊事業がスタートした当初から、僕と専務の二人でいつも訪問していたんですよね。

ここ数年、専務もご多忙でなかなか一緒に行けませんでしたが、今日はスタート当初に戻って一緒に行ってきました。




まだ新しい建物で、庭も遊具がいっぱいあってすごく広い!


今日も年長さん30人がサッカーをやっている横で、年中さんや小さい子供も庭で遊んでいて、すごく賑やかな中で行ってきました。


CIMG3774.jpg

今日の子どもたちも本当に元気いっぱいでものすごく活発的な子どもたちばかりでした。


最初に、

「サッカー好きじゃない人!」

って聞いたら、結構な数の女の子が手を挙げていましたが、終わる頃には

「もっとやりたい!」

って言ってくれる子ばかりで本当に嬉しかったですね☆



最後には試合もやりましたが、審判役はもちろん専務!


CIMG3776.jpg

子どもたちも夢中でボールを追いかけていました。



また近いうちに一緒に遊ぼうね!

CIMG3779.jpg

巡回指導@みずうみ保育園

今日は今年度3回目のみずうみ保育園での巡回指導。



ここの子どもはいつも元気いっぱいで、転んでも転んでも泣かないですぐ立ち上がる。


子どもが怪我をしないようにあらゆるものを排除するのも1つの考えかもしれませんが、こうやって子どもが転んだり、ぶつかったりする経験をさせるもの大切ではないでしょうか。


大きな怪我をするものに関しては排除すべきでしょうが、このような痛みや経験は子どもの頃にたくさんすべきだと思っています。


今日の子どもたちを見ても、そういう経験をたくさんやってるんだろうなぁって思い、見てて嬉しく思いました(笑)


元気いっぱいの子どもたちを見て、僕もたくさんの元気をもらいました!



みんな、どうもありがとう!

まずひとつ

今回も色々な人に助けを借りながら、なんとか締切に間に合いました。


ギリギリにならないと動かない自分をいい加減変えなきゃいけませんね…



今月、来月とかなり忙しい日々が続きます。


本当にありがたいことです。



今までやったことがないこともありますし、人前で話す機会も多いですので、話す癖を直さないといけない。



ゆっくりできるのは12月に入ってからかなぁ。



今日はこれからフットサルです。



思いっ切り汗をかいて、心の体力を回復せねば!

再会


最近は色々な人と再会することが多くて、毎回楽しい時間を過ごさせてもらっています。


先日は、ここ数ヶ月とても仲の良い知り合いが、本当に遠路遥々松江まで会いに来てくれました。



いきなり前日に


「明日行くから!」


と言われビックリしましたがf^_^;



ふたりでゆっくりと顔を合わせることは今までなかったので、なんか妙な感じでしたが、頻繁に電話で話をしていましたので、違和感なく楽しく話をすることができました。




飯を食べてそのあとお酒を飲もうって話になったんですが、当然僕はお店なんて知らないので、大変申し訳なかったのですが、カフェに行って男ふたりで語りました。


日付が変わってから男ふたりでカフェに行くなんて、ちょっと見たくない光景ですが…




今度はちゃんとしたお店を探しておかないとだな。




正木さん、今度は僕がそちらに行きますね!

10月16日のS-Kids

今日は天気が良かったので、34人の子どもが来てくれました。


ありがたいことに最近は多くの子どもに来てもらって、スタッフ一同嬉しい悲鳴を上げております☆



今日はコーチが僕とカゲコーチしかいなかったため、通常より多い人数で実施しましたが、子どものみんなは楽しくできたかな?



「楽しくできたかどうか」が、この年代では一番重要だと思っています。


同時に多くのものを身につけることも重要ですが、まずは精神的に満たされているかどうか。

そこがスタートラインで、それなくして向上などあり得ないと思っています。



子どもの笑顔は僕たち指導者の最大のモチベーション。



個人的には、普段一緒に練習できない子どもとできて楽しかったですね♪

巡回指導@松徳幼稚園・みどり保育園

今日は松徳幼稚園に行って、みどり保育園との合同巡回指導を行ってきました。


今年度2回目ということもあり、子どもたちも勝手を知ってるからか前回に比べ、かなり落ち着いた感がありました(笑)


子どもにとっての数カ月は、大きく成長するのに十分な時間ですからね。



今日は普段と違う形でリレー競走をやったり、試合をやったりしましたが、子どもたちの適応力は非常に高く、最初は戸惑いながらも、最後は自分の中でやりやすい形にもっていくようになっていました。



子どもの学習能力は本当に高いですよね~。


また今日も色々と学ぶことができた時間でした☆

10月13日のS-Kids

最近は風邪が流行っているようで、今日参加してくれた子どもの中でも、咳をする子どもが非常に多かったですね。


練習に来る子どもは治っている子どもでしょうが、治りかけで来るとぶり返してしまう恐れもありますので、しっかりと治してから練習に参加させてほしいと思います。


最近は朝方や夕方になるとかなり冷え込むようになっています。

防寒対策もしっかりしていただきたいと思います。



まぁ、練習が始まればいつもの元気な子どもたちですが(笑)


U-6カテゴリーの子どもたちは、最近はかなり積極性が出てきて、ボールに向かって動けるようになってきました。
今までは遠くで眺めて、ボールが飛んできたら蹴り返す、という場面がほとんどでしたが、そこから成長し、ドリブルでゴールに向かったりボールを取りに行こうとしたり、チャレンジする姿勢が見られるようになってきました。


今はサッカーを楽しみながら行ってくれているようですので、この気持ちを失わせないようにやっていきたいですね。

再会

先程東京から帰ってきました。


滞在時間は6時間ぐらいでしたが…



でも、本当に濃密な時間でした。



ベルント・シュトゥーバーさん。



僕の恩師。



今回、色々な仕事で日本に来日されました。



約2年ぶりの再会となりましたが、変わらず非常にエネルギッシュで温かい人でした。



僕の将来や現在のこと、ドイツサッカー界のこと、ワールドカップのこと…



ふたりで1時間30分近くゆっくりと話をすることができました。



目の前の霧が晴れた、そんな感じ。




今回の東京行の背中を押してくれた人に感謝です。



本当に楽しくもあり幸せな時間でした。

では

明日恩師に会いに行くことにしました。



こんなチャンス滅多にないですからね!



どれぐらい話ができるか分かりませんが、色々と話したいことがありますので、可能な限りしっかりと話をしたいと思います。


まぁ、顔を見れるだけで嬉しいですけどね♪

突然の電話

今日、久々に恩師にメールを書きました。


ドイツでA級を取得した時のインストラクターで、僕にとってサッカーの楽しさ、奥深さを教えてくれた人。


Bernd Stoerberさん。



本当は8月に日本に来日されるはずが、ワールドカップの分析中に怪我をしてしまい、来日が延期になったんですよね。



久々の再会を楽しみにしていたのですが、10月に来日すると連絡をいただいていたので楽しみにしていました。


それで今日メールをしてみたんです。



そうしたら、先程知人から電話をいただき、その電話口から聞こえてきたのが


なんとStoeberさん!



3日前から来日していて、僕が送ったメールを読まれて連絡をくれたようです。



15日まで日本に滞在されるようです。


突然の電話にはビックリしたなぁ。


でも、こうして連絡をいただけるだけでも幸せですよね。



声を聞いたら会いに行きたくなりました。


東京かぁ。

日本勝利!

アルゼンチンに勝ちましたね~。


正直、ポジティブ・サプライズ!



前半しか試合は観れませんでしたが、ワールドカップ時のようにしっかりと守備のブロックを作って、決してむやみに飛び込むことなどせず、グループで守ることを徹底してましたね。


そんな中でもメッシの仕掛けレベルはやはり異常なものでしたが(笑)

一瞬のスピードアップは、やはりなかなか対応できるものではないですね。


子どもたちのいいお手本になったのではないでしょうか。



結果としては勝利でも、やはり個々の差は大きいのも現実。

そこに勝つには組織力の向上はもちろんですが、個々の向上は不可欠。



今後はそこにもっと焦点があてられるべきでしょうね。

もうじき…

訪問者数が


「33333」


になりそうです。



長嶋監督がたくさん並んでるような、ラッキーナンバー。


今後1年間の僕にとってもラッキーナンバー。



訪問時のカウンターが「33333」になった人に、素敵なプレゼントでも…



と今、思いつきました。



このような企画に乗ってくれる人が多ければ、プレゼント企画を考えたいと思います。


それか、応援コメントを寄せてくれた人、とか(笑)



あとちょうど90ですので、明後日ぐらいには達成するかなぁ。

10月7日のS-Kids

今日は参加者数が少なかったため、普段とは違う試みをしました。


キッズ年代のゲームは境界線のない中でやらせた方がいいというのが持論です。

テクニックのない子供たちに、限られたエリア内でのゲームを求めることで、多くのストレスを与えることになります。


ボールがすぐ外に出て取りに行く時間は、ゲームが止まっている時間。

子どもたちの足も止まり、またゲームが再開してもすぐにボールが出てしまう。そんな繰り返し。

パスやドリブル、シュートは不正確なものが大前提なので、簡単にボールが色々なところに行っちゃうんですよね。



だから境界線のない中で自由にゲームをさせてあげる。



しかし、もちろんサッカーは限られたエリアの中でやるスポーツ。

そのような技術が求められるのは当然のこと。



ということで、今日はピッチを限定して行いました。


最初はどうしてもボールが外に出ることが多かったわけですが、合間に色々なトレーニングを行い、再度ゲームをしたら、子供たちが丁寧にボールを扱うようになり、ボールが外に出ることが大幅に減少しました。



子どもの学習力の高さに改めて驚きながら、このような形でのゲームも積極的に取り入れていくことで、子供たちはまた違った角度からサッカーを学ぶことができるもんだな、と再認識しました。



今日のトレーニングは見ていて非常に楽しかったですね。


個人的にはちょっと大変でしたが…(^^;

10月のストリートサッカー

10月もストリートサッカーを実施いたします。


子どもたちが人工芝のグランドで、自由にゲームを楽しむことができる時間です。


ゲームの中から子どもたちは数多くのことを学んでいきます。


継続して参加している子どもたちは、ゲームの中での駆け引きを自然と学んでおります。



ぜひ、多くの子どもに参加をしてほしいと思います。



日時は


毎週月曜日18時~19時



よろしくお願いいたします。

グラスルーツ・サッカーフェスティバル

昨日行われたグラスルーツ・フェスティバルの模様です。


フェスティバルには直接参加しませんでしたが、裏方の仕事、飲料水をひっきりなしに作ってくれたうちのかわいいマネージャーのふたりです。

CIMG3695.jpg

作りながら常に僕に小言を言っていましたが…
一生懸命働いてくれたふたりに心から感謝!


CIMG3722.jpg

今回のこのフェスティバル、大きなキーワードは

「子供たちの笑顔」

いろいろな場面で、子供たちはとびっきりの笑顔を見せてくれました。

CIMG3759.jpg


DSC00272.jpg


DSC00275.jpg


最後はみんなで記念撮影!

DSC00285.jpg

掛け声を完全に間違えてしまいましたが(^^;

子ども、スタッフ共々いい笑顔ですね♪


僕はカメラマンなので入っていませんが…

心残りといえばそれが心残りかな。

勝利!

今日はグラスルーツ・サッカーフェスティバルの日。


個人的にすごく思い入れのあるイベントでしたのでなんとか成功させたい!



今朝、家を出るときにつけていたテレビでは、左上に今日の降水確率が出ていて、


松江市はなんと午後から100%!!


まぁこの日はずっと雨だと言われ続けていましたから、やっぱり雨かぁ…って思いながらクラブハウスに向かいました。



でも、朝起きたら空が明るく、晴れ間も見えていたので期待を忘れずにいました。



実際に準備を始めると雨が降り始め、これはやっぱり駄目かなぁって思っていましたが…



13時過ぎにイベントをスタートするときに雨が止みました!


フェスティバル中の約90分間、ほとんど雨が降ることがなく、無事に終わり、子どもたちが会場から退出した途端に強い雨が降ってきました。


本当に奇跡的というか、こんなこともあるんだなって…


このフェスティバルに向けた思いや協力をしていただいたスタッフの皆さん、参加してくれた子どもたち、すべての人の思いや力がこのような劇的な形で行われたフェスティバルになったんだと思っています。


本当にフェスティバル中だけ雨が降らなかったという奇跡は、僕たちの活動が多くの皆さんに支えられている証しだと思います。



高木ブー雷神に勝ったぞー。



フェスティバルの模様は明日にでもアップいたします。

提言

昨日の広島対京都の試合後にペトロヴィッチ監督がインタビューに答えていました。


「今日の試合では攻撃がいつもよりスローだったが…」


というような趣旨の質問をインタビュアーがされ、監督は強い口調で答えていました。



「日本では常に攻撃を早くしなくてはいけない、と言われるが、サッカーに大切なのは常に前に攻め急ぐことではない。どこでスピードを上げるのか、そこでペースをダウンさせるのか。プレーに大切なのはインテリジェンスであり、常に考えながらプレーすることが必要だ」



このようなニュアンスのことを言われていました。




まさしくそうなんですよね。


日本ではボールを持ったらとにかく前へ前へスピードアップ。


効果的なカウンターによるチャンスメイクもあるけれど、攻め急ぐことでボールを失ってしまい、再度守備から始めなくてはいけない場面に頻繁に遭遇します。


相手のブロックがしっかりと作られているときに、攻め急いでしまうと結局チャンスが潰れてしまう。



選手が状況を的確に把握し、今はしっかりとボールをコントロールするべき時か、早く縦にボールを動かすべきかを判断しなくてはいけない。

そのために必要なのが、選手のインテリジェンス。


そのインテリジェンスは、ゲームとゲームと密に繋がったトレーニングで身につけることができる。


広島は、常にそういったトレーニングをしているからこそ、監督も自信を持ってコメントできる。



当たり前だと思っていることほど徹底させるのは難しい。



それを徹底させているペトロヴィッチ監督は、やっぱり素晴らしい監督ですね。


広島のサッカーは観るべき価値のあるサッカーですよ!

明日はいよいよグラスルーツ・フェスティバル

多くの人たちの力をいただきながら、明日グラスルール・サッカーフェスティバルが開催されます。



なにげに明日の天気が予報だと雨の確率90%ですが…



思いが強ければ天気も変わる!



明日は70名近い子どもが参加してくれるイベントとなります。



そんなにたくさんの子どもが参加してくれるイベントなんだから、必ず晴れる!!




子どもの笑顔がたくさん見られる。


それをキーワードに素敵なイベントになるようにしたいと思います。



イベントの模様はまた報告しますね☆

誰のもの?

僕らの活動が多くの人たちの理解と協力のもとに成り立っているというのは、紛れもない事実です。



たとえサッカー協会という名前を使っても、サッカー協会という単体でできることなんて何一つない。



サッカー協会、と聞いて思い浮かべるイメージは様々でしょう。


ポジティブなものもあれば当然ネガティブなものもある。


僕らはもちろんネガティブなものに対して真摯に耳を傾け、改善できることは改善していかなくてはいけない。



以前、僕の尊敬するある人が言っていました。


「賛否両論あるが、『否』があるうちはまだまだやれということ」


認めてもらう、理解してもらうためにはもっともっと努力しなければいけないし、より良くすることは絶対に可能である。


そういうことを言った言葉だと解釈しています。



僕らの活動で絶対に忘れてはいけないことがあります。


それは、


「これは一体だれのための活動なのか?」


ということ。



今までも多くの仲間と理解者に支えられて、数多くの事業を行ってきました。


そこに共通して流れていた思いは

「すべては子どもの未来のために」


決して、自己満足で終わらないように、

決して、一瞬の大人の満足で終わらないように…



それだけは心がけてきたつもりです。



もちろんまだまだ足りないところだらけでしょうが。



子どもには多くのものが与えられる自由と権利があります。


自分で選ぶ権利もあります。



それを大人が奪ってしまうことは大人の単なる自己満足でしかないと思っています。



サッカーの指導者に求められる資質として


「選手の判断を奪わない、創造性を引き出すコーチング能力」


が挙げられます。



これはピッチ内だけでしょうか?




今、胸の中にあるこの悔しさは次の活動のエネルギーとなるはずだ。


今までだってそうしてきたじゃないか。


ここで折れるわけにはいかない。


前へ、もっと前へ進んでいかなきゃ。
プロフィール

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。