スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-9 Kids Football Park開催

          U-9 Kids Football Park
          ~主役は子どもたち!~
             開催要項

【趣旨】 

キッズ年代から、サッカー本来の楽しさが詰まった「ゲーム」を数多く体験することは、子どもの成長において非常に重要となる。試合を通してサッカーのことはもちろん、仲間と協力し合うこと、友達をたくさん作る大切さ、自立した行動など数多くのことを学ぶ機会とする。
また、子どものベストサポーターである保護者の啓発活動の場として提供する。


【主催】 

社団法人島根県サッカー協会
社団法人島根県サッカー協会松江支部4種委員会


【日時】 

2010年8月8日(日) 受付(14時30分~)
        ゲーム(15時~17時)
     

【参加資格】 

①島根県4種登録チームに所属する,9歳以下の子どもで構成された5人以上のチーム
②スポーツ安全保険に加入済の子どもであること
③参加する子どもは健康であり、かつ保護者の同意のある子どもであること
④選手登録の有無は問いません
⑤チーム責任者は当該チームを指導掌握し、責任を負うことのできる20歳以上の成人であること


【参加料】 

1チーム1,000円


【競技規則】 

①U-9 Kids Football Park独自のルールで行う。
②ゲームは5対5で行い、全員がフィールドプレーヤーとする(GKなし)
③ピッチサイズは40m×20mとし、ゴールはキッズ用ゴールを使用する。
④試合時間は8分ハーフとし、2分間のハーフタイムを設ける
⑤使用ボールは原則3号球とする
⑥必ず全員が同じ時間プレーすること


【参加申込】 

①必要事項を明記の上、メールまたはFAXにて申し込むこと
 (チーム名、代表者名、連絡先、参加チーム数)
 ●申込先:
  (社)島根県サッカー協会クラブハウス
  TEL : 0852-61-2112   FAX : 0852-61-2116
  E-Mail : s-pitch@tx.miracle.ne.jp
②参加料は当日受付時に支払うこと
③申込締め切りは各回の1週間前とする


【その他】 

①審判は相互審判とする
②子どもが楽しめる空間づくりを大人は積極的に行うこと
スポンサーサイト

7月28日のS-Kids

今日は天気予報では午後から雨。


その予報が的中し、午後から雨が降ってきました…


夕方からの練習は屋外でしたので、今日は中止かなぁって思っていましたが、みんなのサッカー大好き!って気持ちが勝ったのか、ちゃんと雨も止み、問題なく練習することができました。



U-10では最近、いかにしてボールを持っている味方を助けることができるか、ということをテーマに取り組んでいます。


ボールを持っている選手がすべきこととボールを持っていない選手がすべきこと。


そこを子どもたちがいかに発見し、解決することができるか。


僕らの練習の中で、子どもを導いてあげる。


経験のある選手なら問題の解決方法を素早く見つけられますが、まだまだ経験もなく技術もない子どもが、最適な解決策を見つけるのは容易なことではありません。


時間がかかることですが、今我慢強く指導することで子どもの将来が大きく変わります。



そこを忘れずにやっていきたいと思います。

サッカーの楽しさとは?

昨日のストリートサッカーが終わった後にスタッフと話をしました。



子どもにとってのサッカーの楽しさってなんだろう?



そこがテーマでした。



子どもたちが感じる楽しさと僕たち大人が感じる楽しさは違いがあると思う。

そこがスタートでした。



僕らは常にボールに触れることができることや得点がたくさん入ることなどにサッカーの楽しさを感じることがありますが、それがそのまま子どもに適用されるかといったら分からないわけです。



昨日は、最初、8対8で試合を行っていました。


色々な学年の子どもがいますので、たくさん触れる子はたくさん触れますが、そうでない子はただボールの近くを走っているだけ、ということが多く見られました。

それに無駄に広く、ゴールからゴールまで非常に遠く、ゴールチャンスもあまり多くありませんでした。



ストリートサッカーは、大人が積極的に介入しないことを大きな目的として行っています。


ですので、ゲームをどうオーガナイズするかはすべて子ども任せです。



そこで大人数、ゴールがなかなか入らない、ボールにも触れない…そんなのじゃ楽しくないでしょ?と介入し、ゲームのオーガナイズを変えてしまうことは、僕たち大人のサッカーを子どもに押し付けることになってしまいます。


だからこそ子どもと対話し、子どもが感じるサッカーの楽しさって何なのか、そこを知らなくてはいけません。


子どもを見てると、ボールに触れなくても、ボールの近くを走りまわっているだけですごく楽しそうな子どももいますし、大人数でサッカーをすることが楽しい!って思う子どももいます。


サッカーの楽しさも千差万別。


そこを押し付けないようにしながら、サッカーの楽しさを色々な角度から伝えていきましょう、って話をスタッフともして確認しました。



子どもと大人は違う。
当たり前のことですが、その当たり前を忘れてしまいがちです。

昨日も子どもから学ぶことができました。

第5回U-10キッズエリート in 松江

8月8日(日)、S-Pitchで今年度5回目のU-10キッズエリートが開催されます。


12時30分:受付開始
13時~14時30分:トレーニング


となります。


S-Kidsの3・4年生で参加を希望される方はクラブハウスまでお申し込みください。


よろしくお願いいたします。

7月24日のS-Kids

今日も新しい友達が参加してくれました。


最近は横のつながりが増えてきているのか、新規体験者や入会者が増えてきてくれています。


ものすごくありがたいことであるのと同時に、僕らにも大きな責任があることを痛感させられることですので、気を引き締めてしっかりやっていかないと!



U-8は久々にカゲコーチだったけど、楽しかったかな?

ビデオを見ると子どもたちの色々な表情や行動が確認できます。

トレーニング中には見えなかったことが俯瞰してみることができる。

そこでコーチは、何が適切な声掛け、デモンストレーション、プログラムだったかを確認することができます。


今日も終わってからスタッフミーティングを行い、そこの方向性や意図の共通理解を図りました。



子供の起こす行動は、僕たち指導者を映す鏡でもあります。

集中力のない子どもは、集中できるプログラムを提供できていないから。

話を聞けない子どもがいたら、子供が興味をひくような話し方が出来ていないから。

子どもが一度の説明で理解できなければ、指導者の説明が間違っているから。



そう考えれば、すべてを子どもの責任として押し付けることはできませんし、我々指導者は自らの行動、言動等すべてを振り返ることができます。



子どもにはまだまだ経験が足りません。

すべてを大人のようにこなすのは不可能です。



僕たちが子どもの進むべき道を指し示してあげる存在にならなくてはいけません。



時間をかけて我慢強く…

7月22日のS-Kids

連日猛暑が続いていますが、みなさん大丈夫でしょうか?


エアコンの効いた部屋に詰めているとそれだけで体力が低下し、外で活動している人に比べてすぐ参ってしまいますが…

昨日も体育館でレク活動があったのですが、やはりかなり蒸し暑くて大変でした(^^;



普段からエアコンが効いている部屋にいるのではなく、窓を全開にして気持ちのいい風が部屋に入ってくれるといいんですけどね。



今日は昨日よりも風が吹いて涼しく、まだ子どもが活動するには活動しやすい天候でした。


どうしてもサッカーに集中してしまうと、無意識的に大きな負担がかかってしまいます。

子ども自身はいつも通りやっているつもりでも、発汗量はまったく違いますし、からだにかかる負担も大きく違います。


そこを見誤ってしまうと、子どもに大きなダメージを与えてしまいます。


僕らは常にアンテナを張って子どもの様子を観察していきたいと思います。



ただ、こんな天候でも、子どもがあそこまで楽しそうに動き回るのは、サッカーが大好きだから!


その気持ちをずっと持ち続けてもらえるように、サッカーの楽しさをこれからも伝えていきたいと思います。

暑さで…

気が滅入ってしまいますね。


この炎天下の中からだを動かせば持久力もつくんでしょうが、外に出るのも億劫になってしまいますね。



キッズ年代に関わらずこの炎天下の下で活動する際に特に中止しなければならないのが、熱中症です。



今月の予定表にも書きましたが、熱中症は意識すれば未然に防げるものです。


毎年多くの人が熱中症で倒れ、救急車で運ばれます。


下手をすれば命を落とす危険性もありますので、もっと身近な問題として捉えていく必要があります。



体調が悪い時や食欲がない時などは、無理に練習に参加させないようにしてください。


よろしくお願いいたします。

梅雨明け!

去年よりも早く今年は梅雨が明けたようです。


今日はとにかくムシ暑かった~。


部屋の中でエアコンをつけてると、からだがおかしくなりますね。
室内と室外の温度差が大きすぎるので(^^;



今日は、夕方から国体のトレーニングを行いました。

といっても諸事情があり、国体のメンバーは3人しかいませんでしたが…



チームは違えどサッカーに求められるベースはどこも同じです。

そのベースを引き上げることが応用力を身につける唯一の方法だと思います。


非常に求めるものが大きかったので、選手は大変だったと思いますが、最後までしっかりと高い意識でトレーニングを遂行してくれました。



トレーニングはできないことをできるようにするために行うものです。

できることならわざわざトレーニングする必要はありません。


だからできないことを嘆く必要はない。

問題はできないことを認識し、目をそらさないこと。

そして改善するために努力すること。


トレーニングではこういった姿勢が大切であり、これを求めていくのが指導者だと思います。


指導者としてもっとレベルアップをして、選手が常に高いモチベーションでトレーニングに臨めるようにしていきたいと思います。

7月17日のS-Kids

今日は24名の子どもが参加してくれました。


今日はスタッフの関係上、久々にU-8のカテゴリーを見ることになりました。

土曜日に関しては他のスタッフに任せることが多かったので、ここ最近は実際に指導する機会がありませんでしたし、今日初めて一緒に行う子どももいました。


そういう意味でも、今日U-8を見ることができて良かったですね。


現時点でどういったことができているのかを確認することができましたし、とにかく子どもと一緒にからだを動かすことでコミュニケーションを取ることができた。


僕自身、有意義な時間を過ごすことができました。



今日は練習をすべてビデオ撮影していましたので、練習終了後はそれを見ながら今日の指導内容についての振り返りを行いました。


以前にも書いたように、僕は曖昧にせずに徹底的にやるので、スタッフは大変かもしれませんが、僕らは共通の理解のもとで子どもを育成していかなくてはいけません。

そのためにもまずは僕らの指導者としての能力を最大限に高めようと努力すること。


そこに妥協はありません。



常に完璧なトレーニングを、と望んだとしても完璧なんてないのがサッカーであり、人生でもある。


でも、そこに近づける努力をし続けることが大切であり、そこは僕らの意識の問題だと思っています。


そういう面でも、高い意識を持って参加してくれている指導者仲間に感謝です。

Jリーグ再開!

ワールドカップも閉幕し、毎日テレビでサッカーを取り上げられるような、ある種の“ブーム”は過ぎ去ったような気がしますが、水曜日からJリーグも再開され、また毎週サッカーが行われる時期に突入しました。



パラグアイ戦後に長谷部選手が言っていましたが、

「ほとんどの選手がJリーグでプレーしているので、そちらにも足を運んでください」


ワールドカップでサッカーに興味を持ってくれた人、再びサッカーに振り向いてくれた人、サッカーの魅力にもっともっととり憑かれた人…



日本の多くの人たちが、サッカーに触れるキッカケとなった代表の快進撃が、今度はJリーグに引き継がれ、スタジアムに足を運んでくれる人が増えていくこと。


地域レベルでは、サッカーを生活圏内で気軽に楽しめる環境を創っていくこと。



サッカーがより定着するためにも、Jリーグの試合が面白いと思ってもらえるようにならなくてはいけない。

「ちょっとスタジアムに行ってみようか」

と思ってくれた人を逃さないためにも、面白い試合をすることがプロ選手に課せられた大きな責任です。



日常的な会話の中でサッカーが語られるようになった今が大きなチャンスです。



僕らも活躍するフィールドは違いますが、地域にサッカーが根付くための努力を続けていきたいと思います。



島根は広島も近いですし、神戸、大阪も近くちょっと足を伸ばせばスタジアムで試合観戦ができます。

恵まれた地域と言えるかもしれませんね。


夏休みには試合観戦に行く計画を立てなきゃ!

7月15日のS-Kids

今日は天気も良く、外で行うことができました。

朝の豪雨で今日もダメかと諦めていましたが…



U-6コースでは、最近は来てくれる子どもが決まっており、その子同士がすごく仲が良くなり、色々な場面でふたりで遊びを考えて遊ぶようになってきています。


これは、僕個人的にも非常に好ましい情景で、子ども自身が自ら色々な遊びをしてからだを動かすことができるように仕向けられれば、僕らのやるべきことのひとつは達成されたと思っています。

まずは、そういうふうに遊ぼう!って思うことが大切ですからね。


そこからまた興味を持続できるように、色々な遊びや運動を一緒に行っていくことが必要です。



やっぱり、僕たちコーチは子どもから色々なことを教えてもらえますね。


本当にありがたいことです。



U-8/U-10では、最近行っているシュートを行いました。


指導で難しいと感じるのは、なぜそういうことを行う必要があるのか。

まだ理論的に理解できない年齢の子どもたちに、理解できるように説明することができるか。


それは視覚的に訴えることなのか、言葉で説明すべきなのか。


今日もそこがすごく難しかったですね。


これもまた勉強!


分かりやすい指導ができるようにしっかりと準備をしていきたいと思います。

7月14日のS-Kids

今日は大雨が降ったため子どもスポーツ広場で練習を行いました。


U-6の子どもは最近サッカーに対するモチベーションが高く、そのせいもあり色々な面で成長が見られます。

子どもが成長するために、メンタル面での充実はやっぱり大きなカギとなります。自らが望んでやることに対しては常に前向きで積極的にトライできますからね。


この精神状態を保てるようにしていきたいですね。



U-8/U-10では最近テクニックを重点的に行っています。


ただそのテクニックをドリル的に繰り返すだけではなく、常に考えながら、判断しながら行える状況を創りだすように注意しています。

何も考えずに盲目的にテクニックを発揮する選手になってほしくないですからね。


もちろんそこのサジ加減が難しいのですが…



キッズリーグや普段のトレーニングから出てきた問題点をしっかりと意識しながら、トータル的にバランスのとれた選手育成を行っていきたいと思います。

観ることの大切さ

昨日は天皇杯島根県予選の試合を観戦しました。


高校生対社会人という天皇杯ならではの対戦カードで、非常に大きな学習機会となりました。


高校生の持っている強さと社会人の持っている強さ。


そこの対比を楽しみながら、多くのことを観ることができました。



サッカーで起こる一瞬の出来事の積み重ねは偶然ではありません。


二度と起きないといわれる局面は必然的に起こるものです、


そこではやはりいい準備をしていた選手、チームが優位に立てる。


よく言われるのが練習でできないことは試合ではできないということ。

そして、常に試合の状況を想定してトレーニングすることが重要であるということ。



昨日の試合の中でもそう思わされる局面がたくさんありました。



試合は最高の学習機会です。


プレーする側も観る側も。



今回のワールドカップはたくさんの子どもがテレビで観戦したはずです。


そこで選手が見せた数々の素晴らしいプレーを子どもはきっと真似ようとするはず。


そこからまた素晴らしいプレーが生まれる。


観て学ぶことって本当に多い。



だから、機会があればスタジアムで試合を観戦することをオススメします。


S-Kidsも夏には何か企画しようと思っていますので、もう少しお待ちください。

キッズリーグ第1節

昨日、東出雲の錦浜グラウンドで今年度のU-10キッズリーグ第1節が行われました。


キッズリーグに参加するのももう3年目になります。


毎年上級生と試合をする中で、サッカーのルールを覚えたり、試合で使えるテクニックや作戦を覚えたり、子どもの成長を毎回感じ取ることができる機会でした。


そして、純粋にボールを追いかけ、結果だけではなく、何点取られても諦めることなく点を取りに行き、シュートを決めた瞬間の言葉に表しきれない本当に嬉しそうな笑顔…


僕は、彼らにサッカーの持つ素晴らしさを再度教えてもらいました。

サッカーってこういうものなんだよな、ってことを子どもたちが見せてくれたんですよね。


キッズリーグは僕たちにとって、ものすごく貴重な時間となっています。


今年度は3年生が中心となり、同学年の子どもと試合を行うことができます。


子どもたちの成長度合いや今やるべきことの再確認、そして子どものサッカーに対する最大限のモチベーションを獲得することができる機会と捉えています。


子どもが思いっ切りプレーをするためには?

個々の子どもを成長させるために今何をすべきなのか?

子どもは楽しそうにサッカーをしてるのか?


そこにコーチが関わらなくてはいけないことと関わらなくていいこと、関わってはいけないこと。


そこを間違えないようにしなくてはいけません。



あくまでも主役は子どもであり、子どもの思うようにプレーさせることが大切です。


そこに大人がコントロールしようと関わってしまうと…


今回も子どもの色々な面を見ることができて良かったです♪


お世話になった東出雲、大庭、八束の皆さん、ありがとうございました。

100710_1108~01

本当に…

今日はいよいよワールドカップ3位決定戦。


残念ながら準決勝で敗れたウルグアイとドイツが対戦します。




あのドイツのタコは「ドイツの勝利」を予想したみたいですが…



的中率100%だから恐らく今回も当たるだろうと。




有終の美を飾ってほしいなぁ。



3位で終わるのと4位で終わるのとでは全然違いますからね。

安らかに…

僕がドイツのA級ライセンスを受講した時に、試験官として僕の指導実践を採点していただいたのがKlaus Röllgenさん。



初対面で、なおかつ拙いドイツ語で話しかけた僕に色々とお話をしてくださいました。



日本人は本当に勤勉である、ということ。


なんで日本人はそんなに一生懸命勉強するんだ、とも。



試験の前だったので僕も色々なストレスがありましたので、あんまり多くの話ができませんでしたが、僕の記憶ではB級の試験時にも来られていたと思います。


試験があるたびに、時間の許す限り試験官として立ち会っているんだって言われていたのを思い出します。



そのKlaus Röllgenさんが、7月6日に他界されました。

77歳でした。



彼は、ドイツサッカー界には知らない人がいないほど素晴らしい功績を残した方です。


また一人、サッカー界の宝を失ってしまった。



多くの接点があったわけではありませんが、異国の地で出会った縁だからこそ、その分悲しみも大きい。



心よりご冥福をお祈りいたします。

タコに負けるなんて…

僕の中での優勝候補筆頭、ドイツが敗れてしまいました…


クッソー、ここで負けるかぁ。。。



この結果を予想していた「タコ」は、ドイツ国内でサラダかパエリアにしてしまえという恐ろしい話になっているようですが(^^;



若手育成をスムーズに行い、世代交代を確実に進めたドイツ。


今大会に限らず今後数年間、世界のトップとしてサッカー界に君臨する可能性を秘めていることを、素晴らしいプレーで証明してくれたと思います。


特にアルゼンチン戦は、内容としてもほぼパーフェクトでした。


宇城では、みんなアルゼンチンを応援していましたが…



ドイツが進めた世代交代。


若手を育成するために必要なことを徹底的に、合理的に行ってきたドイツ。


その責任者が島根に来てくれたヨルグ・ダニエルさん。



本当にスゴイ人が来てくれたんだなぁって改めて実感しております。



島根県は、本当に恵まれているんだなって思いません?

長らく…

ここ数日、ほとんど更新ができず申し訳ありませんでした。


先々週末はキッズリーダーチーフインストラクター研修会で静岡に行き、先週からA級U-12講習会受講のために熊本に行っていました。


移動やら講習会やらでバタバタしていまして、そして新しい携帯がメールを打ちにくいものなのでなかなか更新することができませんでした。



熊本で行われたA級U-12講習会は、本当に刺激をたくさん受けたものでした。


世界のサッカーを分析したうえで、今U-12年代で何をすべきなのか。

今後のサッカーの進むべき道と今のトレンドをしっかりと分析し、日本人の特徴をうまく生かしながら世界で活躍できる選手を育成するためにすべきこと。


そういった選手を育成するために、僕たち指導者がやらなくてはいけないこと。


ここを口酸っぱく言われ、要求されました。



日常的にこの年代に関わっていない分、非常に参考になり刺激を受けました。



僕が子どもの頃にこういった指導を受けることができていたらなぁ。


何度も思ったことでした。



頭で理解し、口で言うだけではなく、実際にピッチで指導し、しっかりとコーチングできる指導者になるためには、知識だけではなく情熱や忍耐、継続性、努力など多くのものが必要だということも分かりました。



自分のからだの準備も含めて、前期はあまり良くなかったので、後期に向けてしっかりと準備を行いたいと思います。

再会


先日久しぶりに教え子に会いました。


忙しかったり、タイミングが悪かったりでなかなか会えませんでしたが、今回はゆっくり会って話をすることができました。



彼のサッカー観は似ているところが多く、共感できることもありながら、プロとしてピッチで戦っている選手として感じてる部分など、非常にたくさんのことを学びながら刺激を受けました。



何度も書いていますが、僕らの関係はいつ会っても変わらないってのがやっぱり嬉しいですね(^O^)/

今年は松江に来ると約束しましたので、また子供たちとサッカーができる時間を作りたいと思います。



剛史、苦しいときほど頑張れる選手になってほしい。

まだまだこれからだ。
プロフィール

S-Kids

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。