スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は講習会

明日は日本サッカー協会キッズプロジェクトメンバーの山出久男氏を招いて講習会を行います。


テーマは、

「子どもが求める大人像」

でお願いをしました。


指導者、保護者、色々な立場があるけれど、まず大人という括りの中で、子どもに対して何ができるのか、そして子どもの求めているものって何なのか。

それをキャッチできる大人になること。


そして、そこからそれぞれの立場で子どもと接するときに必要になってくる要素は何なのか。



何でも一緒でしっかりとした土台の上にしか何も建たないんですよね。



そういう面で、今回山出氏に色々な話をしていただけるので、僕自身非常に楽しみにしています。



明日の15時から18時まで、クラブハウスで講義と実技のセットで行います。


受講料として500円かかりますが、当日参加も受け付けていますのでぜひお越し下さい。


よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

2月24日のS-Kids

今日は天気が良かったおかげもあり、たくさんの子どもが来てくれました。


みんな、普通に短パンでしたね~。


最近もU-6の子どもは相変わらずの宇宙人ぶりを発揮することもありますが、ボール扱いはかなり安定してきており、今まではできなかっただろうな、と思えるようなこともぎこちなさはありますが、徐々にできるようになってきました。

1つの動きを繰り返し行うことで、その動きができるようになるのは間違いありませんが、パターンから外れた動きを求められたときに対応できなくなってしまいます。

大切なのは色々な経験をしてベースを創ること。

どんな状況にも対応できるように応用が利くベースを持つこと。



その期間がキッズ年代ですし、このS-Kidsの活動だと思っていただければと思います。

目標の立て方

ある雑誌に書かれていたものの引用です。


「『生きているうちに、私は…をしたい』。あなたは、こうした言葉を何回くらい口にしたことがありますか?そうした願いはすべてどうなったのでしょうか?どこへいってしまったのでしょう?願いを抱くということは素晴らしいことです。願いというものは心の底から湧き出てくるものなので、ある重要なことについての情報を持っているのです。自分とは何者なのか、自分は何者になれるのかということについてです。願いを抱き続けるということは、幸せを追い求めるために必要な力を私たちに与えてくれることになるのです。それこそが、この『願いのリスト』が何のためにあるのかという問いかけに対する答です。時が過ぎ、あなたはきっと気づくでしょう。幸せとは一体どういうことなのかというあなた自身の考えが変化していることに。本当に大切なものとは何なのかというあなた自身の価値観が変化していることに。そして、あなた自身が人生で何を達成してきたのかということに」



以前、ここでも紹介をしましたが、ある人の言葉に

「人は願いがある限り果てしない」

というものがありました。


願うことで人は前に進むことができる。

願うことで生きる力が湧いてくる。

願うことで夢は叶う。



まずは願いを抱き続けること。


幸せなことに、僕にはずっと抱き続けている願いがあります。


願い続け幸せになれるように…

ヨルグ・ダニエル氏来県決定!

昨年も来県してくださったヨルグ・ダニエル氏が今年も来県してくださることになりました。


これって素敵に予定通り。



昨年来県されたときに、色々な話をさせてもらいました。

ドイツの話はもちろんこれからのサッカーのこと、島根県における現状と課題、今後の取り組むべきことなどなど。

本当に多岐に渡って色々な話をさせてもらいました。


その中で色々なアイデアが出て、それを今回実現できることになったことは、本当に嬉しく思っています。



島根県に皆さんにとっては身近な人かもしれませんが、ダニエルさんは本当にすごい方!


2年続けて島根県に来ていただけることが、僕にとっては夢のような話です。


彼の素晴らしさを伝えることは僕の使命だと思っていますし、こんな素晴らしい指導者が日本の指導者のために尽くそうとしてくれている。

その姿勢を色々なところでお伝えできればと思います。



来県のスケジュール等詳しいことはまたお知らせいたします。


みなさん、楽しみにしていてくださいね♪

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

島根県サッカー協会が行う巡回指導とは?

2006年度から本格的にスタートした当協会の巡回指導事業ですが、おかげさまで多くの幼稚園・保育所様からお申し込みをいただいております。


サッカー協会という名から、「サッカーを教えに来るんじゃないか」という風に思われ、「庭も遊戯室も狭いし…」「サッカーはあまり関心がないから…」ということでなかなか手を伸ばして参加してみたい、と思えない方々も多いかもしれません。


しかし、我々の活動はサッカー人口を増やすためのものではなく、運動することが大好きな子どもたちがたくさんいる地域を創ること。


そして運動を入り口として、子どもの健康なからだ作りを促進すること。

運動の楽しさを体感してもらうことが何よりも重要で、小学校に入学したときに「体育が大好き!」と言ってくれる子供を増やすこと。


決してサッカー人口を増やすことが目的ではありません。



当協会が巡回指導で掲げるテーマは以下の3つです。

①「出会い」
  子供がスポーツと出会う最初の段階として捉え、その出会いを大切に考えています。
  最初の出会いが楽しければ子供はきっとスポーツ大好きっ子に育ってくれる!


②「子供らしさ」
  子供が本来持つ「動き回りたい欲求」を引き出し、満たします。
  また幼児年代の子供が持つ素晴らしい「創造性」を引き出していきます。


③「からだの成長」
  6歳までに神経系が大人の約9割に達するため、この年代では様々な遊びや刺激が重要となります。
  子供の成長に適した内容のプログラムを提供いたします。



この3つを60分の巡回指導の中で大切なポイントとして捉え、柔軟な形で子供に適した指導を行うよう心がけています。

以下は実際のプログラム例です。


①まずはオニごっこなどで楽しみながら色々な動きを経験します。子供の動きたい欲求を最初に満たしてあげることも大切です。

CIMG2670.jpg

②次に色々な課題を与えながら、非日常的な動作を加え、コーディネーションの向上を図ります。
 個人でやるものもあれば、写真のようにペアになって競いながら行い、子供のモチベーション低下を防ぎます。

CIMG2110.jpg

③競争形式が大好きな子供たちですのえ、リレー競争なども取り入れます。真っ直ぐ走れる子はいるけれど、ボールを持ちながら、や、後ろ向きや色々な課題を与えると非常に不自然な走り方になる子供が多いんですね。

CIMG2505.jpg

④ボールを使った遊びです。手や足だけではなくからだの色々なところを使いながらボールに慣れ親しむことが大切です。ここでは子供の持つ様々な創造性や独創力が発揮される貴重な時間です。

CIMG1621_20100221170401.jpg

⑤そして最後にサッカーの試合を行います。いつも行うわけではありませんが、子供の様子や場所の広さ等考慮して別の遊びを行う場合もあります。

CIMG2688.jpg

以上が大まかな巡回指導の流れです。


このような継続した活動が子供の未来を明るくするものだと信じて、常により良いものを提供できるようスタッフ一同活動しています。


申し込みは随時受け付けております。

問い合わせ等含めお気軽にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

TEL:0852-61-2112
FAX:0852-61-2116

2月20日のS-Kids

昨日までの悪天候がウソのように晴れ間が見える中でのS-Kidsでした。


まだあまり動けない自分には肌寒い天候でしたが…


今日は相手との駆け引きやふたりで協力することを中心に行いました。



パスという要素を加えると、自分がボールをもらうために動くことや相手にボールをあげるためにパスをしなければいけなくなる、といった条件が加わります。


技術的なことだけではなく、戦術的な要素も同時に要求され、よりサッカーに近づいた形での練習となります。


ただ、ここで大切なのは、だからといって大人に要求するような形ではなく、オーガナイズを工夫することで自然とそういう要素が求められる状況を作り出すこと。



戦術的にどうこう、っていうのはもっと経験を積んでから理解すればいいわけですからね。



僕ら指導者が工夫を重ねることで子どもは必ず適切な形で成長していきます。


僕らは常に勉強をしないといけません。


頑張らなきゃ!

橋大輔選手

毎日オリンピックの話題で持ちきりだと思いますが、今日はなんといっても男子スケートの高橋大輔選手!


今日は自宅でライブで観ていましたが、彼の4分30秒の演技中、時間が止まったような感覚で、気付いたら涙を流していました。


感動するってこういうことを言うんでしょうね。


泣かせようと思って泣かせるのではなく、気付いていたら相手の心に届いていて、理由はうまく説明できないけれど涙が止まらない。



フィギュアスケートを無心で観ることなんて今までなくて、こんなに感動するなんて僕自身が一番驚いていますが、本当に素晴らしい演技でした。


橋選手、銅メダル本当におめでとうございます☆


銅って「金と同じ」って書くんだ、って今夜のテレビでも言っていました。


日本人の僕らにとって、橋選手のメダルは「金色のメダル」です。

かわいい(*^_^*)


以前クラブハウスでお手伝いをしてくれていた子が、昨年生まれた女の子を連れて遊びにきてくれました。



生まれてやっと半年の赤ちゃんでしたが、本当にかわいかったぁ(*´∀`*)



巡回指導に行って一番最初に目が行くのは赤ちゃんがいる部屋なんですよね。



あのかわいさがたまらなくて、ずっとその場にいたくなるんですよね、全然飽きないですから☆



これがまた自分の赤ちゃんだったらもっとかわいいんだろうなぁ。



昨日はキッズのコーチに第一子が生まれました。



早く顔を見たいなぁって思っています☆

2月17日のS-Kids

今日は肌寒い風が吹いていましたが、空は晴れ間も見えていました。


ただ練習中はやっぱり寒かったみたいで…



今日は練習中、子ども同士で色々と話し合ったようです。


子どもの問題に大人の答えを持ち込むのはあまり好ましく思っていません。


子どもの思考の中で子ども同士が話し合い、子ども同士で納得した形で解決に持っていく。


大人はアドバイスをしたとしてもそれが結論にならないようにしなければいけない。



今回も子ども同士で何かしらの解決方法を見つけたようです。



仲間集団で活動できるスポーツにはこのような問題が起きることもしばしばあります。

しかし問題を仲間で解決できるメリットもある。


仲間の大切さを伝えることも、このS-Kidsでは大切にしていきたいと思います。

巡回指導@大田保育園

今日は大田市の大田保育園に行ってきました。


今回はキッズキットの贈呈式と巡回指導を兼ねたもので、最初に島根県サッカー協会佐藤副会長から園の方にボールとゴール、ビブスの贈呈が行われました。

CIMG2714.jpg


プレゼントされた子どもはその後、ゴールに向かってシュート!

CIMG2716.jpg


見事ボールはゴールの中に☆


その後は僕が受け持ち、そのボールやゴール、ビブスを着用していくつかの運動を行いました。


30分強しか時間がなかったため、十分遊べませんでしたが、終わったときの子どもの笑顔は本当に嬉しそうで、僕たちの活動の意味を教えてくれたような笑顔でした。

CIMG2721.jpg
CIMG2726.jpg


これからたくさん、このボールやゴールを使ってたくさんの友達と一緒に遊んでほしいと思います。



大田保育園の皆さま、本当にありがとうございました。

CIMG2729.jpg

一歩ずつ…

一部の皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけいたしましたが、ようやく松葉杖がとれて人並みの生活が送れるようになりました。



サッカーをやっていると怪我とは常に隣り合わせなので、こういうことは起こり得ることですが、そうならないためのからだ作りとそうなったときの対処を自分でやらないと駄目だと今回痛感いたしました。



今日からリハビリが始まりますが、僕の筋肉は元々柔らかいようで、ずっと固いものだと思い込んでた自分にとって大きなモチベーションになったのは言うまでもありません。



からだは硬すぎるらしいですが、この期間を利用してしっかりとストレッチを行い、からだを柔らかくして怪我の防止に努めたいと思います。



ですので、全力で動けるようになるにはもうしばらくかかりますが、その期間がなるべく短くなるように頑張りますので、もうちょっとだけ暖かく見守っていてくださいm(_ _)m

たくさんの出会い

毎日のブログ更新を目標に頑張っていますが、ここ数日更新できませんでしたm(_ _)m


昨日、今日と松江を離れ、益田市と飯南町にお邪魔して小学生を対象にした指導と、指導者を対象にしたセミナーを行ってきました。


初めて出会う人との事業は緊張しますが、それ以上に色々な人との出会いがあり、多くの刺激を受ける機会になります。


そのような機会を与えていただけるということ自体、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。



今回は両方の事業で、参加者の積極的な姿勢に助けられました。


思うような実技やデモができず本当にたくさんの方にご迷惑をおかけいたしましたが、参加者の皆さんの積極的な参加意欲がそんな僕を助けてくれました。


本当にありがとうございました☆



また色々な場所でお会いすることもあるかと思います。

そのときにまた色々な話ができるように、僕も一生懸命指導者として、また人間として成長できるように頑張りたいと思います。

インプットの機会

今日はかなりの悪天候の中、指導者講習会の指導実践が行われました。


指導者の方々もそうですが、一番大変だったのは選手役を務めてくれた子どもたち。

子どもが一生懸命こちらの思いに応えてくれようとしてる姿を見ると、指導者が持つ責任の大きさを痛感します。



実践では、悪天候ということもあり、自分のイメージ通りできなかった部分もあったかと思います。

ただ、実際にやってうまくいかないときに学ぶことが多い。

実際に体験したことは忘れませんからね。

これは、実際のトレーニングも同じで、いくら言葉で伝えても実際に体験させることにはかなわない。


子どもはより良い選手になるためにトレーニングを積み、指導者もより良い指導者になるためにトレーニングを積む。



僕も今日、たくさんの指導者の実践を見て多くのことを学ぶことができました。

オーガナイズやコーチング、モチベーターとしての言葉や行動。。。


このような機会に恵まれている自分は役得ですね。



こういう機会を今度は自分の実践能力の向上につなげていきたいですね。



みなさま、本当にごくろうさまでした。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

巡回指導@美保関西保育所

先月に引き続き美保関西保育所に行ってきました☆


今日は3名のスタッフで行ったので子供たちもあっち行ったりこっち行ったりで大変だったかなぁ。



CIMG2692.jpg

いつもながら熱烈に歓迎してくれて嬉しいような照れ臭いような(^^)

最初の挨拶やコミュニケーションで僕らのモチベーションは一気に上がります。


今日はあいにくの天気だったので室内で行いました。

室内にはマットもあり、マットを使った運動にもチャレンジ!


また普段あまり使わないような部位を使ったりもしました。

CIMG2693.jpg

普段から色々な遊びをしているんでしょうね、みんな上手にできていました♪


今日は最後にゲームもしました。


ゲーム中、休んでる子供たちはしっかりと応援!

CIMG2697.jpg

ゲームになるといきなりテンションが高くなる子供もいたようで、子供の変化にスタッフも驚いていました。

ついつい子供が積極的でない場合、その子供の姿勢を咎めたりしてしまう場合があります。


ただ、それは子供の興味がそこに向いていなかったからであり、子供の持つ特徴のひとつでもあります。

大人みたいに何でも上手にやる力も経験も子供には備わっていません。

子供が興味を示した時、気づいてあげられる、褒めてあげられる大人になりたいと思います。


最後にみんなで記念撮影!

CIMG2702.jpg

また3月にみんなに会えるので今からすごく楽しみにしています(^^)

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

巡回指導@恵曇保育所

約1年ぶりに恵曇保育所に行ってきました!


昨年一緒に遊んだことを憶えてくれている子供もたくさんいて感激☆


楽しい時間を過ごすことができました(^^)


最初はだるまさんが転んだ、のいくつかのバージョンを行い、次はペアを作ってシッポとり。

CIMG2671.jpg

シッポを取られない工夫とシッポを取る工夫が色々あり、見ていておもしろかったですね。

ぐるぐる回る子やその場で最小限だけ動いて守ろうとする子、取られないことよりも取ることに一生懸命になる子。

子どもによって行動が違うってことが大切なんですよね。


次はビブスキャッチ。

CIMG2673.jpg

手でキャッチするのはすぐにできるようになったので頭でキャッチすることにチャレンジ!

CIMG2676.jpg

こんなふうに上手にキャッチする子がたくさんいました☆

CIMG2684.jpg


ボールを使って色々な遊びをしたあとはみんなで試合をしました。


とにかくみんな元気いっぱいで、与えた課題も最後まで諦めることなく楽しくチャレンジする子どもたちでした。

諦めないこととチャレンジ精神はこの年代ではすごく大切なことで、ここで苦手意識を持ってしまうと、次の段階で失敗を恐れてしまう子供に育ってしまう恐れがあります。

子どもには成功経験が大切です。

そして失敗することも同じだけ大切。

その失敗を成功体験で終われるようにすることが大人の役割。


そういう面でも、常にそうやって子どもに接しておられる保育所なんだな、と思いました(^^)


また一緒に遊ぼうね!

CIMG2690.jpg

調子がいい時に限って…

楽しみ半分、不安半分



先日書いたことが嫌な方向に的中してしまいました。



いやぁ、シュートもすべて入ってゴールがはっきり見えたんですけどね。


調子がいいと、シュートコースがはっきり見えて、そこへのボールの軌道がしっかりイメージができるものなんですね。



その瞬間の出来事でした。



調子が良かった分残念です。


けどショックが大きくて、笑ってごまかすぐらいしかできないですね…




せっかくの講習会だったのに、多くの方にご迷惑をおかけいたしました。


また、これからの仕事の面で、多くの方にご迷惑をおかけすることになるかもしれません。



できる限りそうならないように、しっかりリハビリをしますので。



本当に申し訳ありませんm(_ _)m


これから仙豆を探す旅に出たいと思います。。。

岡山にいます

今日と明日、岡山県で47FA Instructor養成講習会に参加しています。


今回は岡山県の新規インストラクターの方とA・B級コーチのリフレッシュ研修会を兼ねて行われています。



講師は先日の富山県でもご一緒した眞藤先生。


講義だけではありませんが、講師のキャラクターによって講習会は大きく変わってきます。

今日も眞藤先生の素晴らしいパーソナリティで非常に充実した講義の時間でした。


様々な場所で多くの人の前で話をする機会がある自分にとって、話の内容ももちろんですが、いかに聴講者を自分の世界に引き込み、自然にモチベーションが上がるようにするか。


経験もそうですが、常に勉強され、パーソナリティを高める努力をし続けたからこそ出せるものだと思います。



知識ももちろんですが、このパーソナリティもインストラクターには不可欠な要素ですよね。



明日は朝から実技です。


久々に5号球を蹴りながらサッカーをするので、楽しみ半分不安半分です(^^;

異業種交流会

昨日、友人に誘われ2回目の異業種交流会に参加してきました。


サッカーではなく、様々な企業で働いている方々と出会える貴重な機会。

同世代の人がほとんどなので色々な意味で多くの刺激を受けることができる場所。



普段はどうしてもサッカー関係者に囲まれることが多くなってしまうので、こういう機会は本当に滅多にない機会です。


会場には様々な業種の方々が来られていて、面識のある人いればまったく初対面の人もたくさんいました。


残念ながらお話ができなかった人が何人かいましたが、お話をさせていただいた人とは色々な話を聞かせてもらいました。


本当に多岐に渡って色々なネタで盛り上がり、特にラジオ体操ネタではかなり盛り上がりました(^^)

ラジオ体操って奥が深いんですよ~、知らないトリビアがいっぱいありました。

どっかで使えるネタをいただいたので、小出しで紹介したいと思います☆



多くの人にサッカーを知ってもらうためにはどうしたらいいか。

そのようなアイデアもたくさんいただきました。


今回出会った人に、僕らの取り組みをもっと聞いてもらえるように、僕の中でしっかりと「未来」を整理していきたいと思います。



このような機会を与えてくれた友人のオカちゃん、どうもありがとうm(_ _)m

2月4日のS-Kids

ここ数日はかなり寒い日が続いていますが、いつも書いてるように子供はいつも元気!


今日はバタバタしてなかなか一緒にからだを動かすことができませんでしたが、いつも元気なKちゃんと1対1をやり、様々なアイデアやテクニックを披露してもらいました。


そのアイデアをいかにして引き出すか。


それは常に考えないといけないですね。


僕らの接し方によって子どもはどういう風にでも変われるわけですから。



いつも書いているように、僕らはたくさんの引き出しを持つ必要があります。


サッカーに限らず様々なものに目を向けて吸収していこうと思います。

「親子deフットサル」イベント開催!

S-Pitchには現在様々な方々が来場され、利用していただいています。

非常にありがたいことに週末は、メインの人工芝グランドと子供スポーツ広場の稼働率が非常に高く、多くの方に認知していただけ施設になりつつあります。


利用者の方々には、各チームや個人で利用していただくだけではなく、同じ目的で集まる機会を作り、交流が図れる施設にしていきたいという思いも僕らは常に持っています。


そこで、2月末からいくつかのフットサルイベントを開催いたします。


まずは、2月28日(日)に親子参加型イベント「親子deフットサル」を開催いたします。


ファミリーフットサルに参加されたことがある方、参加資格はほぼ一緒です。

成人男女2名、15歳以下の子供が3名の5名以上のチームであれば参加可能です。


もちろん親子でなくてもOK!


近所やチームで活動いている家族でチームを構成していただき、参加していただければと思います。


参加料は1チーム1,500円となります。


参加された方々には豪華賞品をゲットすることができるかも…

しれないです…


図1

たくさんのご参加、お待ちしております!

落胆…

先日書いたアーセナルですが、いいところなく負けてしまいました…


午前1時からライブで観ていたんですが、盛り上がったのは最初の20分間ぐらいで、あとはどんどん悲しくなってしまいまして…



勝っていれば、即日ブログに書き込みだったのですが、負けてしまったのでそれどころではなく落ち込んでいました。



週末はチェルシー戦。



これに負けたら今季の優勝はほぼなくなってしまうので、なんとしてでも勝ってもらいたい!


機嫌良くブログに書き込みがあれば勝ったということで…
プロフィール

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。