スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめでとう☆

昨日、天皇杯に島根県代表として出場するチームを決定する県選手権大会決勝が行われました。


カードは浜田コスモス対デッツォーラ島根。


浜田コスモスは以前指導をしていたチームであり、その時一緒にサッカーをした選手たちがまだ現役として頑張っている。


だからこそ、個人的にどうしてもコスモスに優勝してもらいたかった。


社会人ということもあり練習時間の確保や質の確保、選手の確保など非常に困難な状況にあることはよく知っています。

そんな状況下でも、しっかりと様々なアイデアを出しながら頑張ってきたことを僕は知っている。



だから、優勝という結果が残せたこと、これは本当に素晴らしいことだと思うし、快挙だと思っています。


1点リードのまま迎えた残り数分は、今までのことが頭をよぎり、胸がいっぱいになり、涙を抑えるのに精一杯でした。


サッカー見ながらこのような気持ちになったのは、何年振りだろうなぁ。


彼らから、またサッカーの素晴らしさを教えてもらいました。


本当に良かった!


鹿児島での全国デビュー、いい試合ができるよう祈っています。



本当におめでとう!!
スポンサーサイト

JFAフットボールデー開催!

今日は天皇杯島根県予選の決勝が松江市で行われましたが、その前に同会場でJFAフットボールデーのイベントが行われました。


当日までスペシャルゲストを伏せていましたが、今日ゲストとして来県してくださったのは、

元浦和レッズで10番を着けていた

「福永泰」さん☆

今回のイベントへのゲスト参加を快く引き受けてくださり、小学生を対象としたサッカー教室を行ってくださいました。

CIMG1887.jpg


最初は緊張していた子どもたちも、あっという間に福永さんに引き込まれ、最後まで熱中して取り組んでいました。


福永さんもそんな子どもの様子が嬉しかったようで、僕にそのことを嬉しそうに話してくれました(^^)


島根県にはこのようなトップレベルを経験した人に来てもらえる機会が多くありません。


このような機会をもっともっと子どもに、そして指導者のみなさんに提供していくことは協会の大きな仕事の一つだと思います。


今回のこの縁を今後も継続し、またみなさんに次の機会を提供できるよう頑張っていきたいと思います。

CIMG1875.jpg


福永さん、いや、ヤスさん、本当にありがとうございました☆

8月29日のS-Kids

夏休み最後のS-Kids。


今日の練習には素敵なゲストが来てくれました。


コーチから夏休み最後のプレゼント★


ってことで、子どもたちは最初は緊張気味でしたが徐々に慣れてきて、最後はいつものように元気いっぱいの子どもたちでした(^^)



子どものみんなは楽しかったかな?



普段なかなかこのような機会はありませんので、子どもにとっても保護者のみなさんにとっても貴重な体験となったのではないでしょうか。



また「必ず」来てくれると約束してくれましたので、近いうちの再会を楽しみにしていてくださいね☆

イベント間近

先ほどまで日曜日に行われる「JFAフットボールデー」のイベントゲストと一緒に夕食に行ってきました。


今回の来県は、ドタバタしている中でスケジュールの調整をしていただき実現したものです。



ゲストの方とは先日受講したA級講習会で同グループになり、人間的にもすごく惹かれ今回ゲストで来ていただけるようお願いをいたしました。



毎日色々なイベントや仕事で忙しい時間を送っている中、快く引き受けてくださったことに感謝しています。


個人的には「コーチ仲間」と一緒に仕事ができること自体がすごく嬉しいですね☆



イベント自体への参加はすでに締め切っていますが、当日のスタンドからの観戦はもちろん自由です。


ゲストの方のお名前は…

当日までのお楽しみ、ということで…

レフェリーとの協調

昨日は、支部のレフェリーの方の講習会があり、そこで現代サッカーの戦術的トレンドについて話をさせていただきました。


前回は攻撃についてでしたので、今回は守備について。


スタンダードとなっている「ボールを中心とした守備」についてやCBのポジショニング等写真や映像を観ながら説明させていただきました。


僕も改めて話をさせていただくことで、もう一度確認することができ、非常にいい機会となりました。


しかし、こういう機会って本当にいいですよね。


レフェリーの方々が試合をスムーズにコントロールするために、次の展開を予測するために現在のサッカーの方向性を確認する。


どこでどのようなファールが起こり得るか、次にどのような展開が予測されるので正確なポジショニングをどこで取るべきか…


レフェリーサイドはより正確なジャッジができるように様々な試みをしている。

レフェリーはレフェリーで当然のように努力をしているわけで、大切なのはより良い試合をするためにレフェリーと指導者、選手が協調すること。


今回、僕も様々なディスカッションを通してレフェリーサイドの考え方も分かりましたし、指導者サイドでの考え方を伝えることができました。


ひとつのプレーを取り上げても様々な捉え方があります。


細かい部分ですが、色々なプレーについてレフェリーとディスカッションできる場が今後増えていけば、指導者の選手育成の面でも大きく変化が生まれるはずです。


中路さん、このような機会を与えていただきありがとうございましたm(_ _)m

8月26日のS-Kids

夏休み最後の1週間に突入しましたが、子どもたちは宿題に追われた毎日を過ごしてないですか?(^^)


僕が子どもの頃は、宿題なんか忘れて思いっきり遊んでばかりいたので、最後の数日間は本当に地獄のような時間だったなぁ…



まぁ、そうでないことを祈りますが…



今日は、たくさんの子どもが来てくれました☆


賑やかな時間になり、楽しく練習を行うことができました。


今日はフェイントをやりましたが、子どもたちには難しかったのかな?

今まで慣れている動きはできるのですが、そうでない動きになるとからだが動かなくなります。

経験の差でもありますので、慣れない動きをどんどん経験することが大切です。


ただ、どのように経験させるか、その順序を僕たち指導者は考えないとなかなかうまくその動きを獲得できません。


今日はその順序を間違えてしまったかなぁ。



次回はもっとスムーズにできるよう工夫したいと思います。

国体終了

先日の金曜日から日曜日までミニ国体が行われました。


ここでも何度か報告させていただきましたが、僕は成年男子の監督として3日間参加してきました。


全日程を終了して結果は2分2敗。


目標としていた本国体出場を逃し、勝つこともできませんでした。


選手は本当に全力を尽くして戦ってくれました。

猛暑の中、選手が色々な原因で欠けている中、朝一番の試合でコンディション調整が難しい中、言い訳をせず最後までしっかりと戦ってくれました。


トレーニングの中で選手に伝えてきた、守備のコンセプトをしっかりと実践してきました。


ただ、僕は監督です。


このチームに足りないこと、選手に足りないところ、それを客観的に判断し、選手に伝え、厳しいことも言わなければいけません。


そうしなければ、選手は今後成長していきませんし、それは僕の大切な仕事の一つです。


そして、もちろん監督としての自分の采配やマネジメント、トレーニングに対しても客観的に評価しなければ。

ロスタイムで守り切れなかった点、立ちあがりの失点を防げなかった点、流れを変えるための采配ができなかった点、予測できる場面での指示を徹底しきれなかった点…

挙げればキリがありませんが、選手の頑張りに報いてあげれなかったのは監督である僕の責任です。


本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。


そして、スタッフのみなさん。

僕が気持よく、迷いなくやれるように、裏方に徹して本当に献身的に動いてくださいました。

僕がチームの指導に専念できたのは、このスタッフの存在なくしては不可能でした。

本当にありがとうございました。


また、出雲まで足を運んでくださった応援のみなさん、たくさんのパワーをいただきました。



最後に、一緒に戦ってくれた、

ムッシー、福田、森田、優、ゆってぃ、友馬、タカ、羽鳥、学、弘樹、山下、片寄、森ちゃん、尾島、オカちゃん、ニシ、昌子

西尾さん、荒子さん、内田さん、カツさん、ヒロさん、広瀬さん、マコさん

本当にありがとうございました☆

夏休みのストリートサッカー

夏休みもストリートサッカーを企画しています。


今日も行いましたが、少人数の中でも子どもたちは楽しそうにゲームを行ってました。


なかなか参加者数は増えませんが、このような活動をやり続けることに意味があり、子どもに定期的な試合機会を提供することが僕たちの役目だと思っています。



これからも企画し続けていきますので、たくさんの子どもに自由な試合を体験してもらい、サッカーの楽しさを改めて感じてもらいたいと思います。

国体2日目終了

今日は国体2日目。


猛暑の中、2試合という過酷な条件下で選手は最後まで戦い切りました。


結果は1分1敗。


前日から続いている課題の克服は今日もできず、悔しい形での2試合となりました。


経験というにはあまりにも大きすぎる代償ですが、意識改革は追い込まれた経験をして初めて可能となるものでもあると思っています。


この3試合で失ってしまったポイントの大きさは選手がよく感じているはず。


これを糧に明日の最後の試合を戦ってくれると信じています。


明日は9時30分から出雲ドームで試合です。


応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m

国体1日目が終了

今日からミニ国体がスタートしました。


僕は今年も成年男子の監督をさせていただいています。


今年はしっかりと準備期間をいただき、チームも共通のイメージを持ちながら試合に臨める状況を作っていただきました。


なので今年こそいい試合を!



ということで、今日は広島と戦ってきました。


狙い通りの場面もいくつか出ましたが、サッカーは生き物ですのでその瞬間に起こった現実に対して対処できなくてはいけない。


そういう意味では課題もありましたが、70分間選手はしっかりと戦ってくれたと思います。


試合の方は先制をしたものの最後に追いつかれ引き分け。


残り時間の使い方を徹底できず悔しいドロー。


でも、これも経験!


同じ失敗を繰り返さなければこの経験が、大きな力となってチームの支えとなるはずです。


明日は10時から出雲ドーム横のグランドで鳥取と、15時30分から平田スポーツ公園で岡山と戦います。


地元開催ですので、時間がある方は応援をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

巡回指導に行ってきました

今日は、先日からお世話になっている御津公民館の方からご連絡をいただき、鹿島東小学校の子どもたちと一緒にサッカーをしてきました。


この子どもたちは、平日の放課後に学校の教室を利用して様々な活動を行っている子どもたちで、その活動の一環として今日はサッカー協会に声をかけていただきました。



先日は御津公民館の児童クラブの子どもたちと一緒にサッカーをしましたが、その子どもたちも何人かいて、最初から楽しい雰囲気で行うことができました(^^)



こういう活動では、とにかくからだを動かすことを楽しんでもらうことが第一で、色々な遊びを通してそれを感じてもらうことを考えています。

最後はサッカーゲームをしましたが、そこにたどり着くまでにサッカーをしたくなるような精神状態を作り出せるように、そこがとても難しいですね。


子どもたちはすごく素直ですので、そのときの精神状態がそのまま顔や行動に出ます。


子どもの様子を観ながら常に子どもが欲しているものを提供できるようにしていきたいですね☆



鹿島の子どもたち、また一緒に遊ぼうね!

8月19日のS-Kids

ここ数日は大人にとっても暑い毎日が続いており、今日もかなり暑くすぐバテてしまうような天候でした。


なのでかなりの発汗量があり、またすぐ喉が渇いてしまうため飲み物を一気に飲んでしまいがちです。


スポーツ飲料の中には糖分濃度がかなり高いものがあり、運動中の水分補給としては適さないものもあり、また一気に大量摂取をするとよくないという報告もあります。


それを防ぐためにも、ペットボトルから直接摂取するのではなく、ストロー付の水筒などの工夫をしていただき、子どもが一気に多量の水分摂取をしないようにするのも一つの方法です。


また参考にしてみてください。



今日はU-8は1対1を中心に行いました。

相手との駆け引きは、実際に真剣勝負をする中で身に付いていくものです。相手を抜かなきゃいけない状況を作りだし、積極的にチャレンジする姿勢を育てていきたいと思います。

試合を観ることの重要性

ここ最近は、毎日2試合ペースでサッカーの試合をテレビで観ています。

僕は昔からサッカーをテレビで観ているとどうしても眠くなってしまって、ちょうど試合が終わる瞬間、に不思議と決まって目が覚めるんですね。


だから丸々1試合テレビで観るなんてことは、アーセナル戦以外滅多にありませんでした(^^;


しかし、せっかく契約したスカパーのサッカーセット!


知り合いが増えたということもあり、なるべく多くのJリーグを観よう、ってキッカケでしたが、今は海外リーグもスタートし、様々な試合を録画からライブまで観るようになりました。


観ることによって色々なことが見えてくるんですよね。

多くの試合を観ることで様々なプレーのイメージが湧いてくるようになります。


こういう場面ではこのようなプレーが効果的だったな、あー、ここで縦に急いでも奪われちゃうな、やっぱりサイドを効果的に使うと大きなチャンスになるな…


色々な発見があり、色々な確認ができる。

良いプレーを数多く見ることで子どもの能力は必ず伸びるのと同じで、指導者も多くの試合を観ることで「ゲームを観る目」が養われます。

選手を育成すること、チームを組織すること、チーム戦術を考えること、そのすべてにおいて学ぶことができる最高の教材が試合観戦であり、分析だと思います。


最近は途中で寝ることなく試合を観ることができるようになってきましたので、今後も多くの試合を毎日観て、今後の糧にしていきたいですね☆

U-10キッズリーダー養成講習会

8月9日に松江総合運動公園にてU-10キッズリーダー養成講習会を開催いたしました。

CIMG1832.jpg


昨年度末にも行っているせいか申込者が少なかったのですが、当協会のインストラクターも参加し、中身の濃い講習会になったと思います。


島根県では、一方通行の講習会にはしたくない思いから、実技では参加者の方に実際に指導者になっていただき、普段行っているプログラムを紹介していただきます。

もちろんこれから指導者になる、という方も参加されますが、事前の講義とグループ内でのディスカッションを通して、色々なアイデアをお互いに出し合うことが大切だと考えています。


受講者のアイデアをさらに発展させるにはどうしたらいいのか、より良い形での実践はないのか等、お互いがしっかりとディスカッションすることで、より生きた知識となって吸収されるはずです。

CIMG1836.jpg

この日も、受講者の皆さんの素晴らしいデモンストレーションがあり、現場で即使えるアイデアがたくさんありました。


受講者の皆さん、突然のことで結構ドキドキしたかと思いますが、多くのディスカッションを通して得られたものは大きかったはずです。


今後はキッズリーダーとして、様々なところでご活躍していただきたいと思います。


受講者の皆さん、お疲れ様でした。

プレミア開幕!

いよいよ今夜からイングランド・プレミアリーグが開幕します。

先ほどチェルシー戦が終わり、今はマンチェスター・シティ戦が放送されています。



そして2時前からはアーセナル戦が始まります。



プレミアリーグは僕が一番好きなリーグであり、アーセナルは僕の大好きなサッカーを展開するチームです。


しばらくタイトルから遠ざかっているアーセナルですが、今季は若手の成長もあり期待できそうです。



って感じであまりマニアックなことを書いてもつまらないと思いますので…



仕事が終わって、その後にライブで3試合連続で観戦できるなんて、僕にとって幸せな日々が始まりました☆



でも睡眠不足には注意しないと…

8月13日のS-Kids

今日はあいにくの雨で子どもスポーツ広場に場所を変更して行いました。

子どもスポーツ広場はネットで囲まれているため、キッズ年代にとって最適なトレーニング環境といえます。


キッズ年代は技術が不安定な分、どうしてもプレーエリアが大きくなってしまいます。

個々に与えられるべきスペースは大人のそれよりも必然的に大きくなります。


そのため、広すぎるピッチは、子どもがボールを拾いに行く時間がかなりかかってしまい、プレーに関わる時間がどうしても減少してしまいます。


しかしネットに囲まれたピッチだと、ボールが遠くに行く心配はなく、ボールを拾いに行く時間がなくなり、その分試合に関わり続けることができます。


タッチラインを越えてスローインやキックインで再開する試合と、アウトオブプレーを極力なくした試合とでは、子どもの運動量が全く違います。


子どもの運動量を確保するためにも、色々な工夫を凝らしてみてください。

8月12日のS-Kids

今日は久々に夏を感じる暑さでした。


いつもは元気な子供たちも、少し動いただけでヘトヘトになるほどで外にいるだけで汗をかくほどでした。


それでもゲームになれば、時間を過ぎてもやめようとせず、結局同点のまま試合は終わりました。

子供は楽しいものには熱中し、集中力はすさまじいものがあります。


そこをうまく活用しながら、子供のやる気を引き出していきたいですね。


ただ、子供の体力の限界を越えないようにコントロールしながら、ってことを忘れないように。

ムファサ!

先日東京に行った時に宿泊したホテルのすぐ傍にあったのが、劇団四季の専用劇場。


その劇場に描かれていたのがこの絵。

200907210813001.jpg


ライオンキングは僕の大好きなアニメで、特にこのムファサは一番大好きなキャラクターなんです。


なので見た瞬間は結構鳥肌立ちましたね(o‘∀‘o)



つって、あの絵がシンバだったらギャグですけどね(;^_^A

親子サッカー大会

S-Pitchで親子サッカー大会のイベントが行われました。

CIMG1799.jpg


今回は参加者数はあまり多くありませんでしたが、子どもは勿論保護者のみなさんも楽しくサッカーをしていました(^^)

CIMG1803.jpg


親子間のコミュニケーションツールとしてサッカーが存在する、というのはサッカーに関わっている人すべてにとって幸せなことだと思います。

親子で一緒になってボールを蹴る。

当たり前のように思えるかもしれませんが、改めて時間を作ろうと思ったらなかなか難しいことですよね。

CIMG1814.jpg


僕なんか、小さいころから父親とボールを蹴った記憶もないですし、僕がサッカーをしている姿を観てもらったこともありません。


もちろん父親が仕事で忙しかったのは重々承知していましたが…



でも、もし自分の親と一緒にチームになってボールを蹴ることができたら、それは子どもにとって本当に大きな思い出となって残ると思うんですね。

大人になったとしても、「あの時は…」なんて話がきっとできる。



すごいい企画だと思いますし、今後も継続して行うべき企画だと思います。


天気が心配でしたが、なんとかもってくれてこれも安心☆

CIMG1826.jpg


また近いうちに企画したいと思いますので、ぜひまたご参加ください。

8月8日のS-Kids

今日は、いつもより子どもたちに疲れの色が見えていました。


遊び疲れかな?


夏休みだから思いっきり遊んでほしいですね、やっぱり!


保護者の皆さんにお願いですが、もし昼間、子どもたちがたくさん遊んで疲れているときは、練習を休ませるようにしてください。

子どもは「無理をしないように」と言ったところで、自分の好きなものはやめようとしません。

どうしても大人がコントロールしてやる必要があります。


無理を重ねることで、子どものからだはいつの間にか悲鳴を上げてしまいます。


そうならないためにも、子どもの様子をしっかりと観察していただき、少しでも様子がおかしい場合は休ませるようにしてください。

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

U-10キッズリーダー養成講習会

U-10キッズ年代を指導している指導者、この年代の子どもをお持ちの保護者を対象とした講習会を開催いたします。

受講者は、日本サッカー協会公認のキッズリーダーとして認定されます。

現在、松江支部では、キッズリーグが行われており、この年代の子どもたちに対する適切な指導、接し方が求められます。


ぜひ、ご参加下さい。



U-10キッズリーダー養成講習会 開催要項

【目的】  サッカー競技の普及・発展を図るため,キッズ(U-10)を対象にしたサッカーを含む
      身体を動かすことの指導にあたる指導者の養成を目的に実施する。

【主催】  (財)日本サッカー協会

【主管】  (社)島根県サッカー協会

【受講資格】  満16歳以上である者
   ★ 未成年の場合は,本講習会受講に関する親権者の同意書を提出してください。

【内容】  講義1.5時間,実技1.5時間 計3時間

【開催日】  平成21年8月9日(日)15時00分~18時30分 
       (受付:14時30分~)

【開催場所】 松江市営補助競技場およびクラブハウス 
       (松江市上乃木10-4-1)

【講師】  (社)島根県サッカー協会
      JFA公認キッズインストラクター 小川秀樹

【受講料】 1500円(テキスト代,傷害保険料を含む)
      テキストが不要な方は、500円となります。

【その他】 運動のできる服装およびシューズを持参ください。
       保険には入りますが、万が一事故発生の場合は簡易処置を行ないますが、
       責任は負えませんので各自責任にて対応頂くこととなります。

【申込先】 (社)島根県サッカー協会
       下記要領にて、ハガキ、FAX、メールにてお申込ください。
       社団法人島根県サッカー協会 キッズリーダー養成講習会事務局 宛
       〒690-0876 松江市黒田町454-9
       TEL 0852-32-4673 FAX 0852-32-4683
       E-Mail: coach@s-pitch.com
       (ご記入内容)受講者氏名,性別,年齢(生年月日)、自宅住所,
               〒,電話番号(連絡の取れる番号)
  ☆ 個人情報については,事務局にて管理します。
     なお,本情報は本講習会の出欠確認及びキッズ関係事業への案内のみに使用します。
  ☆ 日本サッカー協会技術部へ講習会受講者名簿を提出します。

【定員】   15名(少人数でも実施します。)
     定員になり次第締め切らせていただきます。
     なお、受付が完了しましたら、折り返しご連絡をいたします。

【申込期限】   平成21年8月5日(水)

【お問合せ先】   (社)島根県サッカー協会 キッズリーダー養成講習会事務局(小川)
         TEL 0852-61-2112 FAX 0852-61-2116

8月6日のS-Kids

今日も夏休みということもあり、市外から遊びに来ていた友達が練習に参加してくれました。


夏休みですから、このような形で市外から練習に来てくれるというのは本当にありがたいことですし、どんどん受け入れていきたいですね☆


キッズ年代の普及活動の一環として、サッカーができる環境を提供するということは、僕たちに課せられた大きな責任です。

帰省した子供、友達を訪ねて遊びに来ている市外の子ども、それらをどんどん受け入れられる場所にしたいですね。


最初は顔も名前も知らなくても、一緒にボールを蹴ればすぐ仲良くなれますから(*^^*)



友達と出会う場所、としてもこのS-Pitch、S-Kidsをフル活用していきたいですね。

8月5日のS-Kids

今日は、初めての子どもが練習に参加してくれました。


まだ3歳と小さく、どうしてもお母さんに甘えてしまう場面もありますが、自分から色々と話ができる子で、楽しく行うことができました。


人見知りもあまりない子で、聞いたことと全く違うことを答える子だったので、話をしてても面白かったなぁ(^^)


久々にこんなに小さいことサッカーをしましたので、僕も色々と勉強になりました。

次回は、子どもが飽きないようなプログラムを実践できるように準備をしないとだ!



U-8の練習では、僕の感じる「ゲームの楽しさ」と子どもが感じるものが違い、子どもに嫌な思いをさせてしまったようです…


もちろん僕の感じるゲームの楽しさを押し付けるつもりは毛頭ありません。

ただ、僕はゲームの中での喜怒哀楽は大切にしたいと考えています。


特にキッズ年代では。


うまくいかなかったときの悔しい気持ち、うまくできたときの喜び、勝った時の幸福感、負けた時の悲しい気持ち…


サッカーにはそういったものがすべて含まれている。


だから大事にしたい。



そこを子どもには感じてもらいたくて、いつもゲームをしています。


そこかのタイミングで気づいてもらえると嬉しいな… 

癒されました

今日はオフでしたので、ゆっくりしながら買い物に出かけました。


そこで出会ったのが、

ものすごくかわいい「ロングコートチワワ」

001106042.jpg

とにかくかわいかった~~~。


かなり癒されました(^^)


実際に僕が見たのはこのチワワではありませんでしたが、まだ生まれたばかりで他の犬とじゃれ合う姿が何とも言えないかわいさで、今すぐにでも犬を飼いたい気持ちになりました。


しかし犬は高いですね~



誰か譲って下さる方がいらしたら、ぜひよろしくお願いいたしますm(_ _)m

8月のストリートサッカー

夏休みに突入した8月もストリートサッカーを実施いたします。


異年齢や他クラブの子どもと一緒にサッカーをすることは、様々な面で大きな影響を子どもに及ぼします。


ぜひご参加ください。


8月7日 17時~19時

8月17日 17時~19時

8月24日 17時~19時

U-10キッズエリート

今日は午後からU-10キッズエリートプログラムを行いました。


今日は水郷祭や色々な行事が重なっている中、60名を超す子どもたちが参加してくれました。


本当に嬉しいことです☆


だからこそ子どもたちに対して適切なトレーニングを提供したい、その一心でスタッフ一同努力をしています。


今日も担当となっているスタッフの方と事前シュミレーションを行い、起こりうる問題や現象、改善点等共有し、実際のトレーニングに入っていきました。


このエリートプログラムで大切にしたいことは、「チャレンジする気持ち」です。

様々な要因があり、今すぐに色々なことが実践できる子どもばかりではありません。


しかしやろうとしているかどうか。

これは今からでも即実践できることだと思っています。


その気持ちを持っている子どもに対しては、高く評価したいと思いますし、次なるステップを提供したいと考えています。


サッカー経験が長い方が上手く見えるのはある意味当然のことです。


しかし、そこは大きなポイントではありません。


先ほど挙げた気持ち。


そこを大切にして今後も行っていきたいと思います。



本日、サポートしていただいた、法吉、嫁島、八束、東出雲、安来のコーチの皆様、ありがとうございました。

8月1日のS-Kids

今日は松江市の水郷祭と重なったため、ほとんどの子どもが恐らく水郷祭に行くだろうなと思っていましたが、その中でも5人の子どもが来てくれました。


コーチが4人いましたのでマンツーマン状態ですね(^^)



今日はパスゲームをやりましたが、最初はあまり意味の分からない様子だった子どもたちが、徐々に理解し始め、パスをもらえる位置に移動するようになっていました。



子どもたちは自分で解決する力を持っている。


これは先日の講習会でインストラクターから何度も発せられた言葉です。



それを子どもたちが目の前で見せてくれました。



子どもたちは解決しようとし、実際解決する力を持っています。


我慢することが指導者の大きな仕事ですね!
プロフィール

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。