スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表キリンカップで優勝!

第30回という記念大会で優勝という結果を残した日本代表。


週末に控えるワールドカップ予選に弾みがついたのではないでしょうか。


2試合連続で4ゴールを決めたことは、決定力不足という課題を解決する大きなキッカケにもなったのでは?

フィニッシュは精神的なものも大きく作用しますからね。


ワールドカップ予選では独特の雰囲気下での緊張感があるでしょうが、直前のテストマッチで大量点を挙げれたことはかなり大きいはずです。



しかし、いつ聞いても日本のアナウンサーは必要以上に、選手のプレーを評価するというか持ち上げるというか…


これも「サッカー文化」なのでしょうね…
スポンサーサイト

5月30日のS-Kids

雲行きが怪しい天気でしたが、雨も降らず屋外で行うことができました。


今日は、自分で考えながらボールを運ぶプログラムを最初に行いました。

自由に行うのと回数を決めて行うのとでは、求められるものが変わってきます。


そこにはアイデアが必要となります。

もちろんそれを実現するための技術も必要ですが、技術はその後身につければいい。


まずは子どもがどのような発想をして目標を達成しようとするか。

そこを大切にしたいですね。


その後は先週もやった「ボールをどこで止められるか」

練習してきた子もいたようで、先週よりも止められる場所が増えている子どもが多かったですね☆

CIMG1515.jpg

CIMG1516.jpg

CIMG1517.jpg

僕たちが思いつかない方法でボールを止めたりするので、子どもは本当に自由な発想力を持っていますよね。

固定観念がない、ってやっぱり大切ですね。


今日は1対1にもチャレンジをして、新しいフェイントを披露してくれる子もいました。

徐々に自信がつき始めてきたのか、積極的にチャレンジする子どもが増えてきています。


技術的な進歩ももちろんですが、こういった内面的な成長はもっと嬉しくなります。


どんどん内面的な成長を促進できるようにしていきたいですね!

ストリートサッカー大盛況!

昨日、ここでもご案内した「ストリートサッカー」ですが、たくさんの子供たちが来てくれました★


本当に嬉しい悲鳴をスタッフでは上げていました(^^)



子どもたちが帰り際に口ぐちに発してくれた言葉は、

「楽しかった~」

というものだったようです。



子どもたちには自由に楽しむ場所が必要です。


もちろん最低限のルールは必要です。


しかし、最低限のルールさえ与えれば、子どもは自発的に考え、行動します。

僕たち大人がほんのちょっと我慢すれば…。


子どもたちが自由に、たくさんゲームができる時間をこれからも大切にしていきたいと思います。


今日足を運んでくれた子どものみんな、保護者のみなさま、ありがとうございましたm(_ _)m


次回は6月1日(月)17時~19時です。


ぜひ、また足を運んでくださいね(^^)

明日はストリートサッカー!

今月からスタートした新企画、


「ストリートサッカー」


これは集まった子供たちでランダムにチームを作り、とにかくたくさん試合をする、というものです。



ジュニア年代におけるゲームは、トレーニングの中でも最重要ポイントの一つです。


テクニックを身につけるためのトレーニング、コーディネーションを身につけるためのトレーニング、個人戦術を身につけるためのトレーニング…

すべてサッカーのトレーニングには不可欠なものであり、サッカー選手としての能力を向上させるために日々行わなければならないことです。


しかし、ジュニア年代に身につけるべきものは、すべて試合の中で身につけることができる、といっても過言ではないくらいだと思っています。


ゲームの中では、試合の中で最も大切な「判断力」「考える力」が求められます。

またそれこそが最も不足している能力の一つであり、この年代でもっとこだわるべき点だと思っています。


教わることに慣れてしまっている子どもたち。

自らの手で答えを見つけ、解決しようとする力。


それはジュニア年代から育てていかなければいけません。


その手助けになれば、と思い、この企画を立ち上げました。


とにかくたくさんゲームを経験すること。


そのゲームの中で色々な技術を覚え、色々な動きを覚え、相手との駆け引きを覚え、サッカーで一番大切な「シュートを打つこと」と「ボールを奪うこと」を覚え…


他の子の真似をしたり、チャレンジしながらサッカーを楽しんでもらいたい。


そう思っています。



5月29日17時~19時までですので、4種クラブに所属の子どもたち、S-Kidsの子どもたちはどんどん参加してくださいね☆

巡回指導@みのり保育所

今日は毎月お世話になっているみのり保育所に行ってきました!


年中さんは今日が2回目のサッカーの時間☆


最初から元気いっぱいで、2回目なのにすでに慣れてくれたようでした。


今日はOコーチに指導を担当してもらいました。


みんな、楽しかったかな?


ボールを与えると嬉しそうに、好きなように遊びまわる姿を見ると、子どもに対する指導の土台はこういうところにあるんだな、って思わされます。


子どもから教えてもらうことって本当にたくさんありますよね!


巡回指導が終わった後もまだまだ力が有り余っていたようで、庭の中を三輪車で走り回ったり、一輪車で遊んだり、本当に元気いっぱいの子どもたちでした。

DSC00092.jpg
DSC00093.jpg


また6月も一緒に遊ぼうね(^^)

水曜日は無料開放DAY!

今年度は今まで以上にたくさんの人たちにS-Pitchを利用してもらいたい、と考えています。


今まで足繁く足を運んでくださった方々にもこれまで以上の利用数を提供していきたいと思っていますが、今コアターゲットにしているのは、「今まで足を向けるキッカケがなかった人たち」。


すでに4年目を迎えたS-Pitchですが、いまだにその存在すら知らない人たちが多いのも事実です。


サッカー場、ということで競技者以外の人たちに広く浸透しきっていないのが現状だと思います。


どうしたらサッカーに興味を持っていない人たちにでも足を運んでもらえるようになるのか…


色々なアイデアがあるかと思いますが、今月から始めたのが

「毎週水曜日はS-Pitch無料開放DAY!」

と称し、幼児や幼児連れの親子に対して無料に開放し、自由に利用してもらおうという企画です。


とにかく毎週水曜日、9時~13時は無料で開放していますので、どんどん遊びに来てもらえたらと思います。

足を運んでくださった皆さんの要望にはできる限り応えたいと思います。


こんな遊び道具があるといいな

せっかくだからみんなで「公園遊び」をしたいな…

なんでも結構ですので、お気軽に職員にお伝えくださいね☆

日本=ワールドスタンダード!?

さっき、知人のプロコーチと話をしました。


定期的に色々な話をしながらコミュニケーションを取っているのですが、今日話した内容は特に深いものでした。


今夜話した内容は大まかに言って

「日本人のメンタリティ」


国民性、文化、教育等様々な要因があるのでしょうが、日本人は自分の気持ち、感情を抑えようとする国民だと思います。

目上を尊重する、他人への気遣いができる、自己犠牲心…

日常的にそれらは「美徳」として捉えられ、日本人が持つ素晴らしい精神だと言われます。


実際に一人では生きていけない世の中で必要なことですし、魅力ある人間を形成するために不可欠な要素だと思います。


ただ、ここで問題となるのは、

自分の意見をしっかりと持ち判断した結果かどうか

ということです。


複数人で何かを行う場合、すべてにおいて意見が合致することはあり得ない。

どこかで妥協点を見つけながら進んでいくことがほとんどです。


ここで問題なのは、自分の意見を言い、他の意見と戦わせた結果、どこかに着地点を見つけたのなら、生まれて結果に対し迷いなく進むことができるはず。

しかしそこでは何も言わずに、決まってから「やっぱりうまくいくわけがないんだよ」「ほら、言った通りじゃないか」といった不満を並べ、生まれた結果に対し全力で取り組まない、といった結末を迎えてしまうこと。


自分の意見を言うこと。

たとえ相手の意見が自分と正反対なものだとしても、それは相手を否定することではなく、相手の意見を否定するだけのこと。


しかし、そこが日本人には苦手なところで、どうしても相手自身を否定してしまうことにつながってしまう。



ってな話を延々としていました。


まぁ、こういう公のブログでは取り上げにくいテーマではありますが…


ちょうど今の僕の内面と重なったテーマだったので、今夜話せたことはすごく大きかったですね。

やっぱり真剣勝負じゃなきゃ

現在、国体の成年男子と一緒にトレーニングを行っています。


毎週1回のトレーニングを通して、チームとして組織化することと同時に選手として必要な能力を向上できるようプログラムを組んでいます。


現在の目標は島根県代表として国体に出場すること。


そのためには来月に行われる県予選に勝たなければいけません。



現在の僕が抱えている仕事の中に、このような即座の結果が求められるような緊張感あるものはありません。


もちろんその分大きなプレッシャーはありますが、それよりも久々に体験できるこの緊張感を楽しんでいます。


やっぱり真剣勝負じゃなきゃね!


指導者として成長させてもらえるこの時間を大切にしながら、いつものようにこだわりを持ち続けて仕事をしていきたいと思います。

5月23日のS-Kids

今日は日本サッカー協会の田中事務局長が来県され、僕達の活動を見ていただきました。


少しだけお話もさせていただきましたが、僕たちの活動の原点に目を向けていただき、今後の活動にエールをいただきました。


非常に温かい言葉をいただき、本当に嬉しかったですし励みになりました☆



子供たちは相変わらずのエネルギーで、元気いっぱい!今日はいっぱい走っていっぱい勝負しました。


みんな楽しかったかなぁ?



次回までにちゃんと宿題をやってきてね!

ピッチ内だけ…

今までも数多くの選手と一緒にサッカーをやってきました。


指導者という立場、選手としての立場、サポーターとしての立場…


本当に多くの人との出会いがありました。



中でも自分が指導者として出会う選手たちには特別な感情があります。


そこでいつも心がけているのは、「ピッチ内だけの関係で終わらせないようにしよう」ということ。


僕は指導者である前に人間であり、また選手も選手以前に人間です。


そこには常に冷たい手触りではなく、温かいものが流れている。


だからこそ人としてのつながりを大切にしたいと常々考えています。


指導者と選手の関係は長くても数年で終わります。


しかし人間同士の付き合いは永年に渡って続けていくことができるはずです。


今の職場にいると、以前指導していた子が大人になり、大人の選手としてサッカーに取り組んでいる子もいます。


しかしそこで交流があるかといえばないのが現実です…



自分が常々掲げてきたことが、結局言葉だけが先行してしまい、理想論になってしまい、実行できていなかったんだと思います。


情けないなぁ、本当に


指導者である前に、一人の人間として自分自身しっかりと見つめ直さないといけませんね。

巡回指導@末次保育所

毎年声をかけてくださる末次保育所での、今年度最初の巡回指導に行ってきました。

新年度1回目の巡回指導は、いつも新しい子供たちとの出会いの瞬間でもあります。

末次の子どもたちは年中さんの時にも、親子遠足等で一緒に遊んだりしていましたが、子どもだけの巡回指導では今日が初めてでした★


ただ子どもたちは、僕たちのことをちゃんと覚えていてくれていて、保育所に入って見つけてくれた瞬間に、名前をいっぱい呼んでくれました(^^)


嬉しかったなぁ(*^^*)


今日は、天気が心配でしたが、テルテル坊主のおかげか、晴れ男伝説のおかげか、なんとか最後までもってくれました。

CIMG1484.jpg
CIMG1479.jpg

鬼ごっこでは初めて「手つなぎ鬼」をやったみたいで、戸惑いを見せながらも楽しそうに手をつなぎながら鬼さんになって追っかけていました。

CIMG1481.jpg

最近、色々なところで毎回行っているリレー競走も行いました。

CIMG1486.jpg

リレー競走では、子どもは自然に仲間を応援すようになり、走る子どもも他の子に負けないよう一生懸命走っていました。

仲間で一緒になって何かを成し遂げようとすることって、子ども時代からたくさん経験すべきだと思います。


1人でやるよりも仲間と一緒に何かをする楽しさを感じてもらえたら、嬉しいなぁっていつも思っています。



また秋頃に巡回指導でお邪魔することになっています。


今度もいっぱい遊ぼうね!

5月20日のS-Kids

今日も平日にもかかわらず13人の子供が来てくれました。


時間帯を変更した影響なのか、徐々に参加してくれる子どもが増えてきてくれているのはものすごく嬉しいことですし、活動していてもやっぱり励みになりますよね★


たくさんの子供が来てくれるように、色々な工夫を凝らしながら、本質を見失わないようにしていかなきゃいけないですね。


今日はプログラムをコーチに任せて外から見させてもらいました。

簡単にできるかな、って思えるようなコーディネーションができなかったり、ちょっと難しいかな、って思えることを簡単にやったり…

外から見て改めて発見できることって多いですし、こういう時間も貴重ですよね。


今日見て感じたのは、コーディネーションの重要性です。


やっぱり運動の土台をなすものはコーディネーション能力であり、サッカー特有の技術はそのあとに身につけていけるものだと。


ありがたいことに僕たちの活動には時間があります。

何かの大会で結果を残さなきゃいけない、ってこともないですし、何かと比べて焦る必要もない。


ゆとりを持った活動ができるクラブだからこそ、こだわりを持ってこれからも活動していきたいですね。

女性のフットサル

S-Pitchで毎週月曜日と金曜日に行っているのが

「女性のフットサル」


フットサルをやってみたいなぁって人やフットサルをやっている人、運動不足で何か始めたいと思っている人などなど。

色々な人がS-Pitchに集まって、みんなで楽しくからだを動かしながらボールを蹴っています★


なかなかキッカケがないとこういうものには参加することがないかと思います。

またイメージとして

「上手じゃなきゃだめ!」

「動けないから…」

って思いこんでしまって参加されない人も多いみたいです。


でもそんなことはないですよ~!


初心者だろうが、慢性的な運動不足だろうが関係なく、楽しく参加してもらえるような工夫を凝らしていますので(^^)


また参加者が多い時はたくさんゲームをしようと思っています。


ぜひぜひ、ご参加ください。


毎週月曜日、金曜日19時30分~21時までです。


詳しいことはクラブハウスまでご連絡くださいね(^^)

第2回親子コミュニケーションスクール

今日は子どもスポーツ広場で毎月恒例の「親子コミュニケーションスクール」が開催されました。


外はかなり強い雨が降っていましたが、屋根下のフットサルコートですので影響されることなく、最後まで実施することができました。


この事業で一番伝えたいのは、どうやって子どもと遊ぶべきか、というようなプログラムではありません。


なぜ親と遊ぶと子供は笑顔になるのか。

どういった瞬間に子供は笑顔になるのか。


子どもの笑顔を見れば、自然に大人も笑顔になる。


そんな笑顔がいっぱいの時間を親子で共有してもらいたい。


そんな気持ちが根底にあり、遊び方は重要ではありません。


親の皆さんには、僕には分からない大変さがたくさんあると思います。

誰もが分かりきっていることでも、それを当り前のようにこなすことは難しいもの。


でも、子どもは大人のように経験もなければ感情起伏を抑えたり、大人の苦労も知りません。

子どもは子どもの宇宙を持っています。


大人が持つ宇宙に子供を連れてくることも必要ですが、大人から子供の宇宙に入り込むことも時には必要ではないでしょうか。


そんなキッカケ作りとして、毎月開催していきますので、多くの親子の皆さんに参加していただきたいと思います★

5月16日のS-Kids

練習開始直前に雨が降ってきたため、急遽子どもスポーツ広場に場所を変更して行いました。


今日は1対1をたくさんやったので、子どものみんなは結構走ったかなぁ。

CIMG1473.jpg
CIMG1474.jpg

相手を抜くために色々なアイデアが子どもの中にあり、各自が面白いアイデアを出してくれました。

ゆっくり走る子やとにかく早く走る子、方向を急激に変化する子など。


このようなアイデアが、今後のプレーの土台となるものであり、今後技術を身に付けていく過程で様々な可能性を秘める子どもになるはずです。


楽しみにながら色々なものを身につけられるプログラムを今後も提供していきたいと思います。

結局いつも…

昨夜は仕事が終わった後に、久々に教え子たちとご飯を食べに行きました。


仕事が終わるのが遅いので、なかなかそのような機会も作れないのですが、昨夜はこちらの時間に合わせてもらって行くことができました。


何年も前から知っている関係なので、お互い気兼ねすることなく色々な話をすることができ、昨夜も楽しい時間を過ごすことができました。


といっても結局は「サッカー」の話題に落ち着くんですけどね(^^;


彼らに色々と聞かれ、それに答えることで僕の頭の中にあるアイデアやイメージがもう一度整理され、鮮明になる。

そんなことを繰り返しながら、昨夜も結構深い話をすることができました。


サッカーをツールとして築いていく関係をこれからも大切にしていきたいと思います★

5月14日のS-Kids

快晴に恵まれ、暖かい一日となりました。


過ごしやすい毎日になり、外で思いっきり運動を楽しめる季節になってきた感じがします。

子どもたちも完全に半袖短パンモードに突入しています(^^)


今日はU-6コースはMちゃんひとり。

なので、マンツーマンでしっかりと練習を行いました☆

初めて来た時は3歳だったMちゃんも、もう5歳。

気づけばシザースをやって相手を向くような「サッカー選手」になっています(^^)


加齢による成長もありますが、継続的な運動経験が及ぼした影響はかなり大きいと思いますし、色々な動きを経験することによって動きの幅が広くなっているのも事実です。


これからが楽しみですね~。


U-8コースはいつもの子たち!

今日は1対1にチャレンジ!

CIMG1471.jpg
CIMG1472.jpg

なかなか相手を抜けず、「参りました!」状態が続きましたが、回数を重ねるごとに色々な工夫を見せてくれるようになり、相手と駆け引きをしながら突破できるようになってきました。


子どもの短時間での成長力には本当に脱帽ですね!

5月13日のS-Kids

今日は新年度になってから初めて練習に来てくれた子どもがいました。


昨年度、友達と一緒に元気いっぱい動き回る子たちで、いつもフルパワーで接していかないと負けてしまう、そんな子たちでした。


今日は、年長さんになってから初めて来てくれ、自分たちが「年長さん」になったことを懸命にアピールする姿がとても可愛く、また頼もしく思えました(^^)


久々に一緒に動き回りましたが、さらにパワーアップ!?していて、こちらも楽しい時間を過ごすことができました☆


最近は、新たに僕たちの活動を見つけて足を運んでくれる子どもも増えてきています。


僕たちはいつ振り向いてもらってもいいように、いつも「いい活動やってるよね」って言われる活動をしていかなくてはいけないと思っています。

気づいてもらったときに、間違ってなかったなって思ってもらえる活動をこれからも行っていきたいと思います。

疲れを取りに…

20090511010358
近くの足湯に行ってきました。


疲労が溜まると足湯がいいですよ~


ジワーッと足底から暖まってきて疲れが取れてきますから。



隣に座った岡山から来たおばあちゃんと世間話もしたし(*^□^*)



松江には何ヶ所か足湯がありますので、疲れたときはぜひ足を運んでみてくださいね☆

5月9日のS-Kids

今日は16人の子どもが練習に来てくれました(^^)


人工芝グランドを使用できるメリットを最大限生かせることを考えています。


ハードグランドではなかなかできない動きを経験できること。

それは、キッズ年代において最大限のメリットであり、不可欠な要素だと思っています。


寝転ぶこと、転がること、滑ること、転ぶこと…


それらの動きを単発ではなく、連動して行うことが大切だと思います。


S-Kids clubでは、普段なかなか経験できない動きの体験を数多くしてもらえる環境下で練習を行うことができます。


それを最大限生かせるように、今後もプログラムを考えていきたいと思います★

5月7日のS-Kids

今月から開始時間を変更したため、U-8コースに子供が集まるようになってきています。


数人の子供でやる楽しさとはまた違った楽しさがあり、参加してくれる子供は大人数の練習やゲームを楽しんでくれていると思っています。


大人数になれば、集団の中での行動や態度が求められます。

それは自然に子どもたちが感じるものでもあり、また同時に大人の僕らが求めていくものでもあると思っています。


大人数の中では通じないワガママがあり、また大人数だからこそできることもあります。


そこに敏感になりながら、子どもたちの人間力、個性を伸ばしていきたいと思います。


たくさんの責任が僕たち指導者にはあります。


しかし同時に多くのことを学べているのも僕たち指導者です。


子どもたちから学んだことを、子どもたちに還元していく。


当たり前のようでなかなかできないことに、僕たちはこだわりながら活動していく必要があります。


頑張らないといけませんね!

5月6日のS-Kids

今日はGW最終日!

天気予報では雨だったようですが、暖かい気候でサッカーがしやすい天候でした(^^)


今日は最後の休日ということもあり、人数も少ないかなぁって思っていたのですが、たくさんの子どもがサッカーをしに来てくれました★

CIMG1436.jpg

最近は毎回の練習の中で柔軟体操を取り入れています。

以前にも書いたように、ものすごく柔らかかったはずの子どものからだが、いつの間にか硬い体になってしまっている…

ただこれは日常的な可動域が狭まっているからであり、そこにしっかりと刺激を与えれば必ず数か月経つと改善されます。

しっかりと家に帰っても柔軟体操はしてほしいですね。

CIMG1439.jpg

その後はコーディネーション。

リズムが変わると自分のからだをうまくコントロールできなくなる子どもがやっぱり多いですね。

自分のリズムで走れているときは、ある程度しっかりと走れるようになってきましたが、急に変化が訪れるとなかなか対応できなくなります。

これも継続的に取り組むべき課題の一つですね。

CIMG1443.jpg
CIMG1447.jpg
CIMG1448.jpg

今日はボールを使いながらコーディネーション能力を改善するプログラムも取り入れ、子どもも楽しみながらボールと一緒に遊んでいました(^^)


やっぱり楽しみながら!ってのが一番大切ですね。


子どもが楽しめるプログラムを今後も考えていきたいと思います。

満喫!

20090506101556
今日は素敵な夜でした☆

素敵な出会いがあり、素敵な曲をたくさん聴けました。



これでまた頑張れるぞ!

出会いの中で

今日は多くの仲間との久々の再会がありました。


話す時間はほんの数分でしたが、話した時間は僕にとってもものすごく楽しい時間でした。

最近はなかなか会う機会がありませんが、いつでも時間の経過を忘れさせてくれる仲間たちに出会えたことは、僕の中での大きな宝物ですし、これからも大切にしていきたいと思います★


また夕方からは新たな仲間とフットサルを楽しむことができました。


多くの新たな仲間が、S-Pitchに足を運んでくれ、一緒にボールを蹴る機会が作れたことは、今後のプロダクト提供を考える上で大きな参考となりました。

今回は男女MIXのフットサルでしたが、今後もフットサルのリーグやイベント等企画していきたいと思います。


今夜参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました。


これからは同じ「サル仲間」として一緒にボールを蹴っていきましょうね!

5月2日のS-Kids

GWに突入した土曜日、天気も良い中で練習を行うことができました。


今日はまず、初めてのラグビーにチャレンジ!

CIMG1406.jpg

ラグビーといってもちゃんとしたルールじゃなく、子どもたちが分かる範囲内で行いました。

でも実際にやってみると、コーディネーション能力を身につけることができ、子どもも楽しく行っていました。

人工芝だからできるプログラムですし、滑ったり転んだりすることがまったく抵抗なくやれるので、今後も継続してやっていきたいと思います。


その後は久しぶりにリレー競走。

CIMG1407.jpg

今日はバーを使って行いましたが、バー間を細かく素早くステップできるようになってきました。
もちろん規則的なステップではありましたが、数多くの経験によってできるようになったはずです。

これも今後も継続していきたいですね。

そしてシュートゲーム。

CIMG1408.jpg

CIMG1410.jpg

CIMG1409.jpg

今回は3枚とも完璧なタイミングで写真が撮れました(^^)


やっぱりシュートゲームは子どもは燃えますね。
しかもコーチが相手だったからなおさらだったのかも。

次回は僕もGKをやろうと思います(^^v


5月6日もGWですが、通常通り練習を行います。
時間がある人は練習に来てね☆

GW突入!

今日からはや5月。

2009年もすでに4カ月が過ぎました。

新年度が始まって1カ月が過ぎ…


新たな事業計画を早く立てなきゃいけない毎日が続いております。


相変わらずバタバタしている毎日が続いているため、GWって感じが全くしません(^^;

まぁ5連休とかもらってもどうせすることないので、仕事できる方が幸せですが…



S-KidsのみんなはどういうGWを過ごす予定かな?

明日広島で行われるサンフレッチェ対エスパルスを観に行く人もいるだろうし、宿泊を伴って県外に旅行をする人、親子でドライブに行ってどこかで遊ぶ人…


色々な予定をワクワクしながら、計画を立てたのではないでしょうか。


前から言っていますが、こういう時間こそ家族の時間を大切にしてほしいと思います。

子どもは本当に楽しみにしています。

ゆっくり親子で遊べる時間って普段なかなかないですから、子どもって飢えてると思うんです。


親子で休みが何日も続いて合うって機会はなかなかないですので、保護者の皆様には仕事の疲れもあるかと思いますが、少しでもいいですので子どもと思いっきり遊ぶ時間を作ってあげてください。


よろしくお願いいたしますm(_ _)m
プロフィール

S-Kids

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。