スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼン

昨日、松江支部4種委員会の総会に参加させていただき、当協会が行っているU-10エリート事業に関してプレゼンをさせていただきました。


昨年度1年間実施したことによって見えてきた課題や活動の意図を改めて説明させていただきました。


多くの方のご理解とご協力を受けながら成り立つ事業です。


僕たちがどのような意図で、理想の下で、熱意で動いているのか。

それを少しでも知っていただければ嬉しく思います。


昨日のプレゼンだけでは不十分な点も多々あったかもしれません。

ただより良いものを子どもに提供するために、みなさんと活発な意見交換ができればと思っています。


僕らの活動は、未来の選手を育てるため。


子どもの将来を少しでも明るくする手助けをするため。


今年度1年間、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

オフ

20090428192332
今日はオフでした。


オフの日は決まってジムに行って汗を流すのですが、今日は昨日から調子が悪いところがあり断念。

自宅でゆっくりくつろぎながら持ち帰った仕事をちょっとずつやり、午後からは仕事等の打ち合わせで面会。


色々なアイデアをもらいながら、新たな活動のイメージがぼんやり見えてきました。




基本的に家にいるのが好きなので、あんまり好んであちこち出かけませんが、やっぱり人に会うのはいいですよね☆



最近はオフでもジムに行ったり、誰かと会うようにして色々な刺激を受けたいなって思っています。


サッカーを離れた時間、出会いでもそれが不思議とまたサッカーにつながってくるんですよね。



これからも時間ができたら、どんどん人に会いにいこうと思いますε=┏( ・_・)┛



写真は宍道湖の綺麗な夕陽。

今日はたくさんの人がカメラ片手に湖畔に群がってたなぁ。



あまりに綺麗な夕陽だったので記念に一枚!


のはずが、夕陽よりも覆面パトカーのランプみたいになっちゃいました(__;)



携帯カメラもシャッター押した瞬間に撮影できたらいいのに…

冬に逆戻り!?

先週末は強風と大雨とひどく荒れた天候でしたが、今日から回復し、今週は良い天気が続くようです。


しかし、夜になるとものすごく冷えてきて、春なのに冬に戻ったんじゃないかって思うぐらい!


寒いのが大の苦手な僕にとってこの寒さはかなり堪えます…


どんだけ厚着をしても耐え凌げないのが寒さで、松江の冬は僕にとって何回経験しても慣れません。

ドイツもかなり寒くて、毎回行くのが億劫になります。


今週は天気が回復するってことなので、気温もなんとかUP!!してほしいですね。


夜になると急激に冷え込むので、みなさんも風邪ひかないようにお気を付けくださいね☆

4月25日のS-Kids

今日はS-Pitchが全山陰陸上大会のため使用できなかったので、子どもスポーツ広場を使って行いました。


今日はたまたま天気も悪かったのでちょうどよかったんですが。


今日は2人組で行うプログラムを数多く取り入れました。

CIMG1361.jpg

仲間と協力しながら課題を解決する、ということもすごく大切なことです。

1人では思いつかないアイデアが飛び出したり、一緒に組んだ相手を思いやる気持ちや行動というものが自然と現れるようになります。


キッズ年代では個にフォーカスした内容が多くなりますが、同時に「仲間」ということを意識する空間を作ることも大切だと思います。

それはプログラムの内容であったり、スクール活動の一環であったり…

自然に友達と協力し合う姿勢が生まれたら、それは素晴らしいことですよね★

色々なやり方を通してそのようなものを創りだしていきたいなと思っています。

CIMG1362.jpg

ゴールを速く通過する、というゲームではそれぞれが色々なアイデアを出して、早く達成できる工夫を凝らしていました。

このような時間、機会をこれからも大切にしていきたいと思います。


テクニックはこれから身に付けていけばいいわけですからね!

4月23日のS-Kids

昨日のキッズでは、いつも来てくれる子供たちの他に体験の子供も来てくれました(*^□^*)



新年度が始まり、徐々に新しい子供が来てくれています。


色々なところから僕たちの活動を知っていただき、触れていただけるようになってきています。

僕たちの活動を知ってもらいながら、来ていただいたときにはもっと興味を持っていただけるように、そして想像していたものよりもその上をいくようにこれからも活動を行っていきたいと思います。


今年度は僕たちの活動を広く伝えていけるようにしたいと思っています。

そこに関して、今色々と動いているところです。


決まり次第ここで報告したいと思っています☆

4月22日のS-Kids

今日はU-8コースに、10人の子供が来てくれました。


体験の子や久しぶりに会った新入生の子も来てくれ、賑やかなスクールとなりました。


久々に子ども同士での試合もできたので、子どもたちは楽しかったんじゃないでしょうか(^^)

1_20090423183333.jpg


今日のプログラムの中で聞かれた言葉で多かったのが、やる前から

「できな~い」

って言葉。


この年代の子どもは他人に依存してしまう傾向があり、友達が言ったことを反射的に真似てしまうことがよくあります。

自分がまだしたことがないことでも、友達が「できない」と言ってるのを聞くと、やる前からできないもんだと思ってしまうんですよね。


これはこれで結構厄介ですが、裏を返せば友達が「簡単じゃん」と言えば、自分も簡単にできると思い込んでしまいます。


まずは子どもに対して

「そんなの簡単じゃん!」って言わせるものをやらせること。

それから徐々に難易度を上げていく。


やりもせずに

「できない」

って言葉は聞きたくないですからね。

2_20090423183406.jpg

つながり

先日、久々にある教え子と話をしました。


彼とは8年ぐらい前、彼が高校生の時に出会い、半年間一緒にサッカーをした間柄です。

たった半年間でしたが、その時間は非常に濃い時間でした。


高校総体出場を目指し、毎日部活の中で衝突も繰り返しながら、僕たちの中だけの、言葉に表せないモノを得られた気がします。


結局準決勝で敗れてしまい、全国大会出場は叶いませんでしたが、僕の中では今までのコーチ人生の中でも最高の時間を過ごせたと思っています。



その時高校生だった彼も、もう立派な社会人。

教師として日々活躍しています。



そんな彼が、サッカー部の顧問になったということで連絡をくれました。


僕らが共有した時間からもう8年もの月日が流れていますが、話せばその当時の関係に戻ることができる。

もちろん会話の端々に「社会人になった自負」が感じられ、深く伝えなくても分かり合える部分があります。


本当に幸せな関係ですね。



彼がサッカー部の顧問になったことで、当時の僕の行動や言動も理解できる部分も生まれ、またより近い関係になれそうです。


しかし、いつまで経ってもこのように連絡をくれるのはすごく幸せな気持ちになりますね☆


今後、彼とはまた色々なことを共有しながら付き合っていけそうです。


なんだか、幸せな気持ちになった一時でした。

イメージの強さと怖さ

物事を判断する上で大きな材料となるのがこの「イメージ」


多くの人は中まで足を踏み入れないから、外から見た上辺のイメージだけで物事を判断してしまいます。


そこには先入観や今までの印象や経験や色々なものが混じり合うから、誰かがコントロールしようと思ってできるものではないと思っています。


僕たちの仕事は多くの人の目に触れてもらえるものであり、また1人でも多くの人たちに足を踏み入れて欲しい仕事をしている自負があります。


ただ「協会」と名が付くだけで色々なイメージを浮かべる人がいるのも事実です。

そして同様に「僕個人」の印象で僕たちの活動を決めつけてしまう人がいるのも事実だと思います。


正しいことをしていてもそのイメージで反対に受け止められてしまうことだってある。

イメージや印象ってそれだけ怖いもの。

僕たちの活動は果たしてどれぐらい思い通りに伝わっているんだろうか。


そんな思いが過ぎりました。


イメージや印象って結局は色々なものの積み重ねであり、無意識のうちに決めてしまうものだから仕方ないや、って思う自分と、やっぱりそんな誤解された中じゃやってられないぞって思う自分もいます。


自分たちの活動に触れてもらえば分かってもらえる自負はあります。

じゃ振り向いてもらうためにはどうしたらいいのか。


いいモノを根気強くやり続けるしかないってところに行き着いてしまう。


周りの声を気にしない図太さと周りの声にもしっかりと耳を傾ける余裕と…


ふたつのバランスを保てる人間でいたいなと思います。


ま、それがなかなかできないんですけどね。

小さい男だと…

ひとりでは何もできない

何かを始めようとするとき、物事を進めようとするときによく聞く言葉です。

1人の力なんてたかが知れていて、複数の力が重なり合ったときに大きな力として、物事の扉を開ける。

それは紛れもない事実でしょう。



ただ、だからといっていつも誰かが助けてくれることを期待することや、協力を乞う姿勢は正しいと言えるのか。


ひとりでできないことを前提として考えるのではなく、ひとりですることを前提に考えるべきで、そこから次が見えるのではないか。

次に見えるものは、誰かの助けやパワーや新たなアイデアや…


結局はまずは自分の行動力であり、やる気であり、エネルギーが人を寄せ付けるようになるんだと思います。


人一人の力だってとてつもなく大きな可能性を持っている。

扉をこじ開けるには必ずしも複数の力が必要なわけではない。


人の力って自分でも気付かないぐらいすごいと思うんですね。

そこにもっと気付いて、自分の力に自信を持って、ただ過信にならないよう、そこの中間にいられるようにすれば、なんだってできる気がしています。


そんなことを思った今日この頃です。

4月18日のS-Kids

今日は2009年度のS-Kids活動内容等について保護者説明会を行いました。

1_20090418222042.jpg

前半は事務局長よりS-Kids cubの基本的な活動理念について話をしてもらいました。

色々なプログラムを実施する上でベースとなっている考え方は何なのか、なぜそのような活動を行うのか、ということをしっかりとした理論的背景を話してもらいました。

「なんとなく」ではなく「明確な理由」が存在しているということをご理解していただけたかと思います。


その後は僕の方から実際のプログラムについて話をさせていただきました。

時間配分に失敗してしまい、駆け足での説明になってしまいこちらの伝えたいことが十分に伝わらなかったかもしれません。


ただ常に考えているのは、しっかりとみなさんとコミュニケーションを図りながら、子どものためにより良いものを提供していきたいということです。


今後も何かありましたら、遠慮なくご意見をいただきたいと思います。


保護者のみなさんに対して説明をしている間は、子どもたちは元気いっぱいゲームを楽しんでいました。

2_20090418222701.jpg

今日は体験の子も来てくれて賑やかに、楽しそうに行っていました☆

今後も楽しい時間、子どもにとって大切な時間を提供できるよう頑張っていきたいと思います。

巡回指導@みのり保育所

今年度の「スポーツお届け隊事業」が今日からスタートしました!


新年度最初の訪問先は「みのり保育所」


毎年定期的にお世話になっている保育所で、1年間通して子どもと接することができるので子どもの成長がハッキリと分かるんですよね(^^)


今日から新たな年中さんが仲間に加わり、33名という大所帯で行うことになります★


今日初めて顔を合わせて一緒にからだを動かしましたが、小さいころからたくさん外で遊んでるんだろうな~って思うぐらい活発な子どもたちで、動き作りの土台がしっかりと出来ていました。


今年度も楽しみだな~(^^)


今年1年間、楽しくいっぱい遊ぼうね!

山陰中央新報記事

今日の山陰中央新報に、先日来県されたヨルグ・ダニエルさんの取材記事が掲載されています。


非常に大きなスペースを割いてくださり、ダニエルさんの想いもみなさんに伝わった気がしています。



詳しい内容は記事を読んでいただきたいと思いますが、いくつかその他の話も…。


当日はいくつかの質問にダニエルさんが答えるという形でしたが、その中でも今迄の経験を踏まえたアドバイスをいただきました。


たとえば日本人選手が海外でプレーすることの大切さ。

海外に行けばいい、ということではなく、日本人のベストプレーヤーがどんどん積極的に海外に出ることに意味があるということ。

Jリーグでもレベルの高い試合があり、その中で学ぶことも多い。

しかし残念ながら、日本ではまだそのようなレベルの高い試合は何試合の中で1試合しかない。

海外では常に安定したレベルの高い試合が繰り広げられる。


この安定さが大切だと。

レベルの高い試合を経験するのではなく、レベルの高い試合を毎試合経験することが大切であると。



また、地域ではなく環境が大切だという話。

記事にも載っていましたが、大切なのは環境を整備することであり、そしてその環境の中で指導する質の高い指導者が必要であると。


僕たちはつい人口の少なさや地域性で物事を判断してしまいます。

でも世界に目を向ければ、人口が少なくたって世界のトップで戦っている国もあります。

素晴らしい選手は人口の多い中からしか生まれていないわけではありません。


タレントが育つ環境の中で育成されているからです。


その環境を整えることがとにかく重要だと、何度も言っておられました。


ダニエルさんの話はまた機会があればここで紹介したいと思います。


みなさん、ぜひ記事を読んでみてくださいね!

4月15日のS-Kids

今日は雨が心配でしたが、天気も回復し、暖かい中で行うことができました。

CIMG1347.jpg

写真ではイマイチどころかさっぱり天気がいいのかどうか分からないかもしれませんが…(^^;


今日はU-8コースに新1年生の2人が来てくれました。

いつもと違うメンバーとやるサッカーはまた新鮮で、子どもの中でも新たな駆け引きや気遣い、楽しさがあるようでした。

CIMG1346.jpg

異年齢の中で何かを行うことは、子どもが多くのことを学ぶ機会だと言えます。

年上なら年下の子やできない子を思い遣る気持ちや教えようとする姿勢、また年下の子に負けない気持ち。

年下なら年上の子の真似をしよう!って気持ちや甘えてしまう部分など、多くのことを経験し学ぶことができるはずです。


異年齢や異文化の中で、子どもが多くのことを経験できるような存在として活動していきたいですね。

実行計画書完成!

2009年度のエリート事業における実行計画書および実行予算書がなんとか形となりました。


今回は手をつけたのが早かったので、僕の中ではそんなにバタバタすることなく作れたかな~って思っています。


と言いつつ、今朝、事務局長が仕事をしているのを邪魔して完成させたんですが・・・(^^;


とにかく締め切りに間に合って一安心!



ただこれはあくまで紙ベースの計画書であって、これをいかにして実行するのかってことが大切になります。


コーチングでも同じですね、理論と実践を結びつけること。


今朝も事務局長にこのことを言われ、実行計画書に書かれてあることが空論ではなく、しっかりと実施しなければ意味がない、と当たり前のようで、でもこうできたらいいなという願望だったり、理想ばかり並べてしまいがちになる紙ベースの計画にならないようにする重要性を言われました。


今回提出した計画書を基に、今年度は活動していきます。


活動の内容については、誤解のないように言葉と行動の両面からしっかりと伝えていきたいと思います。

2009年度保護者説明会

2009年度のS-Kidsの活動はすでにスタートしましたが、保護者の皆様向けに今年度の活動について説明をさせていただきたいと思います。



僕たちの活動に参加していただけることは非常にありがたいことであり、数多くある活動場所の中からS-Kidsを選んでくださったこと、本当に幸せに思います。


ただ僕らの活動について、理解していただき、支援していただいた上で参加していただきたいと思っています。


今年度実施予定のプログラムや活動理念、意図等しっかりとこちらから示すつもりです。


その中で、感じる点をどんどんディスカッションができればと思っています。


4月18日の17時からS-Pitchで行いますので、今年度参加される保護者の皆様は、お忙しいとは思いますがぜひご参加いただきますようお願いいたします。

男女MIXフットサルリーグ

S-Pitchでは様々なプロダクトを提供しています。


S-Kidsの活動もそうですし、レディースのフットサルスクール、レディースのフットサルリーグなど定期的にS-Pitchを活用して多くの方に足を運んでもらっています。


今年度はさらに多くの事業を展開したいと考えており、その一つとして男女MIXのフットサルを今夜行いました。


日頃S-Pitchを活用して下さっているチームの方に声をかけて、ローテーションをしながら試合を行いました。

CIMG1340.jpg

CIMG1341.jpg

やっぱり試合は楽しいですよね(^^)

女性を尊重しつつも男性も楽しんでプレーしていたようですし、どのチームも男女の仲が非常に良くていい空間が創れていたように思います。


次回は5月3日に男女MIXの試合を行いたいと思っています。


参加を希望されるチームは気軽に連絡を頂けたらと思います。

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

4月11日のS-Kids

暖かい日が続いていて子どもが外で遊ぶにはもってこいの毎日です。


今日の練習も半袖・短パンの元気な子どもがたくさん来てくれました。


練習が始まる前に、自然に子どもたちが集まってゲームをしていました。


この姿を見て本当に嬉しく思いました。


これが僕の理想なんですよね。

S-Kidsを始めて3年目になりますが、やっとここまで来たなって感慨深いものがありました。


多くの子どもが同じ場所に集まったとしても、それぞれがボールを蹴ったりする光景はよく見かけます。

何人か集まっても1人はリフティングをしたり、1人はシュートしたり、また1人はドリブルしたり…

もちろんこれも悪いことではありませんが、せっかく友達が集まったのだからチームを作って試合をしてもらいたいですし、それが自然な姿だと思っています。


今までS-Kidsの子どもたちもそれぞれがバラバラなことをやっていましたが、今日は自然とみんなが集まってゲームをするようになっていて…

本当に嬉しかったですね、自分が望んでいた光景がようやく見れましたから。


子どもが活動する上で、今後も子どもらしさにこだわって活動していきたいですね。

4月9日のS-Kids

今日も昨日に引き続き快晴!


明日から小学1年生になる子どもたちが来てくれました★


昨年度から継続する子どもたちですが、1年生になる!ってことが子どもなりの精一杯の背伸びになるようで、子どもたちの中でお兄さんになる自覚みたいなのを感じました(^^)


子ども自身が自覚するってことが大切ですね、やっぱり。



今日はコーディネーションとドリブルをメインに行いました。

CIMG1325.jpg

ドリブルではコーチに取られないようにしながら、しっかりと四角の中でボールをキープするというふうに複数のことを同時に行うようにしました。

テクニックももちろん大切ですが、ぶつからないようにする工夫やアイデアも大切にしたいと思います。

もちろんそのアイデアを実現するためにテクニックは不可欠ですが、テクニックは遊びの中で身につける年代であり、また同時に色々なアイデアが生まれるべき年代だと思っています。


どちらが先、ということではなく、どちらも同時に刺激できるようにしたいきたいですね。

CIMG1326.jpg

遊びの中で、マラドーナやメッシ、ロナウドが育っていったはずですから。

4月8日のS-Kids

今日も天気は快晴!


今日から学校も始り、継続してくれる子供たちも1学年お兄さんになって練習に来てくれました。


今日のU-6コースでは、普段より多い子供たちで賑やかでした(^^)

CIMG1291.jpg


初対面の子ども同士も、一緒にボールを蹴っていればすぐ仲間になれる。


ボールは子供たちにとって最高のコミュニケーションツールですね☆



U-8コースはいつもの3人でしたが、今日はちょっとだけ難しいことにもチャレンジ!

CIMG1310.jpg


最初はやり方が分からず戸惑っていましたが、慣れてきたらすぐできるようになるのがこの年齢の子供たち。


あっという間にコツを掴んで上手にできるようになっていました。


この成長スピードも見ていて嬉しくなりますね(^^)



子どもの成長スピードに負けないように、僕たちももっと成長していかなきゃいけませんね。


頑張らなきゃ!

気持ちはいつも…

ブレないこと。


迷いが生まれてもとにかくブレないこと。


正解なんてのを結局決めるのは、その時の結果だったり、それを目にした人の感覚であったりするのだったら、自分の意思を大切にすべきだろう。


今失敗だと思えることでも、時間が経てばやっぱり必要なことで正しかったと思える時が来るかもしれない。



だったらやっぱり、自分の気持ちに真っ直ぐに、筋を通して、ブレずにやることが「今の正解」ではないだろうか。


わかったか、自分!



色々な思いが交錯してる今、もう一度自分に言い聞かせようかなと思いまして…


力は走るものの中に存在する、わけですからね。

キッズイベント in 出雲ドーム

3月26日に出雲ドームでキッズイベントを行いました。


当日は出雲支部のU-10年代の子どもが総勢92名も参加してくれました。


チームごとに分かれコーディネーションプログラム、テクニックトレーニング、ゲームを行いました。


いくつか行ったテクニックトレーニングでは、子どもたちの能力の高さにダニエルさんがビックリ!

ダニエルさんが「どうやったらこんな子どもに育つんだ?」と興味深くコーチの方に質問されていました。


多くの子どもが参加してくれたので、すべての子どもと触れ合うことができず残念でしたが、子どもにとって楽しい時間であったことを願っています。

DSC00047.jpg


当日は指導のサポートをしてくださった各クラブのコーチの皆様、ありがとうございました。


また当日までの準備等でお世話になった出雲支部の原様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

4月4日のS-Kids

2009年度のS-Kids土曜日コースがスタートしました。


春休みということもあり参加者は少なかったですが、みんなで楽しくからだを動かすことができました(^^)


今日はコーディネーションを最初に行いながら、ボールフィーリングのプログラムを行いました。

CIMG1289.jpg

毎回取り組んでいるということもあり、みんな本当に上手にボールを扱えるようになってきました。

ここでは全般的な動きづくりやボールフィーリングの習得を目指しますが、大切なのは子どもが「楽しく行えること!」

無意識のうちに色々なものを習得できるのがベストだと思っています。


その後は2人組で色々なプログラムを行いました。

コーディネーション能力や知覚、テクニックを自分で色々な課題を解決しながら身につけることをテーマに行いました。

みんなそれぞれが自由に工夫し、上手に解決していました★

CIMG1290.jpg

大切なのはステレオタイプの子どもを育てないってこと。


自分から進んで行おうとする子どもを育てることが大切ですからね!

金山友紀選手

3月29日の市民スポーツフェスタには多くのゲストの方が来られましたが、僕はその中でも金山友紀選手の対応をしていました。


以前にもこのブログにも書きましたが、彼とは同級生なんですね。

学校は違いましたが、小学生の頃から知っていて、中学生の時には同じクラブチームでサッカーをしていました。


まぁ彼は当時野球に熱中していましたので、そんなに練習に来ませんでしたが…


昔はアイツがトップで僕が中盤で、僕が偉そうにパスを出していたんですがね(^^;


今回は初めて、「仕事」として時間を共にすることになりました。


仕事ということで結構違和感がある中での行動でしたが、僕らはいつまで経っても結局は同級生。


その感覚は常に持ち合わせていたいなと。

CIMG1286.jpg


久々にゆっくり話ができたので、その中で生まれた今後のアイデアを形にすべく頑張りたいと思います。


また今回の金山選手のクリニック開催に当たり、所属チームであるペスカドーラ町田のみなさま、協賛として記念品を提供して下さった(株)ムーンスターのみなさま。

本当にありがとうございました。


そして色々なアイデアや相談に乗って下さった浜田支部の齋藤さん、本当にお世話になりましたm(_ _)m

結局は人

年度末のイベントや今までの各事業を計画し実施していく中で、最も大切だと感じたのは、やっぱり「人の力」でした。


素晴らしい企画も周到な準備ももちろん必要であり、何かが欠けてしまえば素晴らしいものにはならないことに間違いはないと思います。



ただ企画も運営も準備もすべて行うのは「人」であり、何かを動かすのも「人」だと思います。



じゃ人はどうやったら動くんだろうか。



結局いつもそこに話が帰るわけですが、僕は人を動かすにはやっぱり人しかない、と思っています。



人と人とが触れ合うのがひとつの企画です。

そこに温かいものが流れていけば自然と大きな力が生まれていく。


逆に人の力、感情を無視したものであれば、そこは必ず停滞する。


無茶だと分かっていてもやろうとするのは、リーダーとなる人に魅力を感じたり、この人の言うことなら…って思えるから。

何の計算もなく人が動くのは、純粋な人間関係しかないと僕は思っています。



今年度は新たな事業を計画しているところです。


多くの人に理解と協力をいただけるように、「人」として真っ直ぐ進んでいきたいと思います。

4月2日のS-Kids

今日は昨日とうってかわって快晴に恵まれました。


風も冷たくなく暖かい中で練習を行うことができました。



今日もU-6コースは昨日も来てくれた兄弟のふたり☆


本当にサッカーが大好きで、そして兄弟の仲が良いふたりで、今日もみっちりマンツーマンで、練習を行いました。



普段なかなか行うことがないコーディネーションをしっかり行いながら、動きの幅を広げられるようこれからも継続していきたいですね。



そしてU-8コースにいつも来てくれているMくんが今日でお別れとなりました。



Mくんは、周りがみんな年下の中、お兄さんらしい優しさで受け止め、決して自分を最優先しない姿勢で練習に参加してくれました。



練習を楽しく、雰囲気よく行えたのはMくんの力に依るところが大きかったと思います。



一緒に練習に参加していた子どもみんなが大好きだったMくん。



また一緒にサッカーやろうな!

2009年度がスタート!

今日から2009年度のプロダクトがスタートいたしました。


初日ぐらい快晴で迎えたかったですが、とんでもない大雨に降られました。

途中霰も降り、4月とは思えない寒さでした…



今日からS-Pitchで展開する2009年度プロダクトがスタートしました。

今年度は昨年度から継続した活動はもちろんですが、新たにスタートすべき活動もあります。


活動に関しては今後色々な形でアナウンスをしていきたいと思います。


そして当然、このブログの主役であるS-Kids club。


2009年度は4年目を迎えます。

新たに始めなければならないこと、今まで通り継続すべきこと、色々なものを並行して偏見なく見渡しながらより良いものを提供していきたいと思います。


今年度もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
プロフィール

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。