スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外へ渡る勇気

先日知り合いにDVDを貸してもらいました。


それは弱冠10歳にしてスペインの名門アトレティコ・マドリードに入団した少年のドキュメンタリー映像です。


ニュースでは知っていましたが、詳しいことはほとんど知らなかったので今回初めて彼のことを知ることができました。


彼は山梨のクラブからアトレティコの入団テストを受けて、「実力で」そして「戦力として」入団することが出来ました。

彼の母親も一緒にスペインに行き、彼の海外生活をサポートされています。


スペインでの生活や彼を取り巻く環境、日本では経験できない競争や世界をこのドキュメンタリーでは紹介されていました。


たとえ母親と一緒に生活できるとはいえ10歳で海外に渡り、名門クラブで競争しながらトレーニングに励むことは簡単なことではありません。


海外留学の難しさは実際に経験した人にしか分からない辛さがあります。


まったく文化が違う国に飛び込むこと。

まったく言葉が通じず、自分の言いたいことも言えず、相手の言いたいこともまったく理解できないこと。

簡単に逃げられる場所がないこと。

そのような環境下で、他の選手との競争に勝たなければいけないこと。


言葉に表せばそんなに大変なことに聞こえないかもしれませんが、簡単に乗り越えられるものではない問題。


たくさんの夢や希望、勇気、根性・・・

思い浮かぶありったけのポジティブ精神を持ち込んだとしても、そんなものがまったく役に立たない瞬間が絶え間なく襲ってくる。


海外で生活することは、そんな簡単なことではないんです。


彼の映像を見ていたら、自分が16歳の時に過ごしたドイツでの生活を思い出しました。

僕はまだ16歳だったから、彼よりは恵まれた状況だったかもしれませんが、彼が抱えた悩み、問題を自分も潜り抜けてきたなって懐かしく思えました。


彼は本当に素晴らしい体験をしていると思います。

誰にだって出来るわけではないこの経験は、彼の人生を必ず大きく変える。

それもプラスの方向に。


10才ながら、彼はしっかりと自分の未来を見つめていました。


彼のような人間をS-Kidsでも育てたい。
そう思える素晴らしい少年でした。


今後の活躍を期待しています!


彼の映像を見て自分の留学時代を思い出しましたので、またその時のエピソードを紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

S-Kids

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。