スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月31日のS-Kids

今日は天気が心配でしたが、S-Kidsの時間帯はなんとか天気ももってくれて無事にS-Pitchで行うことができました。

今日は最初にボールゲームをやったあとにコーディネーションを。

CIMG1154.jpg

CIMG1160.jpg

色々なステーションをKコーチに作ってもらい、色々な課題を子供にこなしてもらいました。


こういう形式を採用すると、子供は本当に楽しそうに行うんですよね~。


今後も継続して行っていこうと思います。

この形式は立ち上げ当初から続けているプログラムでもありますしね☆


最後はコーチ対子供で試合をしましたが、相変わらず大人相手になると燃えまくる子どもたち!


今日も負けてしまいました(^^;


今度は負けないように頑張るぞ!!
スポンサーサイト

ありがたい

今夜は仕事を終えてからある方と食事をさせていただきました。


以前からお付き合いのある方で、色々とよくしてくださる方。

その方が松江に来られるということで、時間を作っていただきゆっくりお話をさせていただきました。

僕の仕事や今後の進むべき道など、僕たちと同じ目線で話をしてくださったり、次に向かわなければならない道へのアイデアを与えてくださったり…


今日の話の中でも色々と見えたことがありました。


本当にありがたいことであり、幸せなことだと思います。


人間的にもすごく大好きで尊敬できる方と出会えたことも本当に縁ですよね。


縁には本当に恵まれているなって改めて思います。


この縁を今後もつなげられるように、また広く発展できるようにしていきたいと思っています。



今夜は本当にありがとうございました☆

1月29日のS-Kids

今日は天気予報通り夕方から雨が降ってきてしまい、残念ながらU-8コースは途中で会場変更して行いました。


U-6コースの空模様ではもつかなぁって思っていたのですが…


最近の天気予報は当たりますね(^^;


U-6コースでは11人の子どもが来てくれました!

あれだけ子どもが来てくれるとやっぱり賑やかです★


今日は2グループに分けて行いました。

僕が見たグループでは簡単な歩行やランニング、スキップを行いました。

以前に比べてかなりスムーズにできるようになってきたな~。

以前は腕と足の動きが左右対称にならなかった子どもが多かったんですが、今回はほとんど問題なし。

上手に歩いたり走ったりできていました。


普段から外でいっぱい遊んでいるようなので、その成果が表れているんでしょうね。


毎週1回でも色々な遊びや動きを経験することはもちろん大切ですが、日常的に外で遊ぶことはもっと大切です。

最近は天気が悪いので難しいかもしれませんが、日常的な遊びをキーワードに、子どもらしさを存分に発揮できる場所を提供していただけたらありがたいですね(^^)

1月28日のS-Kids

今日と明日はS-Pitchの検査が終日行われるため、S-Pitchが使用できません。

そのため子どもスポーツ広場での練習となりました。


15時からのコースはいつも元気いっぱいのTくんとマンツーマン!

先週はちょっと大きすぎるコートで試合をやったら、すぐ疲れてしまったので今日は先週の半分のサイズで試合を行いました。


1対1になるとドリブルとシュートしかありませんので、自然にドリブルで抜こうとするようになるんですよね。

キッズ年代の試合ではこれはすごく重要な要素です。

元々がボールに集中してしまう子どもたち。

それなのに大人数で試合をしても走るだけでボールに触れない子どもが多くなってしまう。

サッカーの楽しさはボールに触って自分がシュートを打ったり、自分が相手からボールを奪うこと。


その楽しさ、サッカーの本質をキッズ年代ではたくさん感じてもらう必要があります。


そういう面でも今日のTくんはたくさんドリブルをして、たくさん動いて、たくさんの笑顔を見せてくれました(^^)


U-8コースは今日は7人の参加で賑やかでした。

今日の試合はスローインやコーナーキックを導入しましたが、すでにキッズリーグで経験している子どもたちなので上手に行えていました。

色々な経験によって色々なことを学んでいく。


もちろん特別取り入れなければならないプログラムもありますが、基本は子どもたちが遊びの中で多くのことを学んでもらいたい、そのスタンスに変わりはありません。

子どもは短時間で本当に上手になりますからね。


今日はドリブルとフェイントをやりましたが、まだまだぎこちない動きを見せる子どもも。


ただそれはそのような動きを今まで経験してないからであって、経験することによって徐々に自分のからだに覚えこませることができます。

その過程を楽しみながら行えるようにしていきたいですね!

いつでも同じ気持ちで

今日は仕事の話も兼ねて中学校時代の恩師に会って色々と話をしました。


この先生とは機会があれば会うようにして、いつも色々と情報交換をしながらいろいろな話を聞かせてもらっています。


以前も書きましたが、僕にはどうやっても追いつけそうにない一生の恩師、人生の先輩がふたりいます。


ひとりが小学校時代の担任の先生。

そしてもうひとりが今日お会いした中学校時代の担任の先生。


このふたりの先生との出会いがなければ、僕の人生は全く違ったものになっていたはずです。

サッカーが好きだ、って気持ちはどこにいたって、どんな人生を送っていたとしても変わらなかったでしょうが、自分の人生の中心に常にある存在になれたのはこのふたりの先生に出会えたからです。


当時も今もいっぱい迷惑ばかりかけていますが、お会いすればいつも当時の関係に戻れる。

緊張はしますが、それでも当時を知っている人がいるってすごく心強いんですよね。


無理に背伸びしなくてもいい。

自分を作らなくてもいい。

色々な立場や状況を考える必要もない。


ただただ甘えさせてもらってるだけでしょうけど(^^;


これからもこの関係を保ちながら、少しでも追いつけるように頑張りたいと思います!


青山先生、西村先生、これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

やっと届きました

昨年受講したドイツサッカー連盟A級ライセンスですが、今日やっとライセンス証が届きました。


本来なら合格後1ヵ月程度で届くはずなのですが、今回は外国への発送が諸事情によって遅れるという連絡をもらって本日到着となりました。


CIMG1136.jpg


ドイツのライセンス証はクレジットカードタイプになっています。

ドイツサッカー連盟のマークが3つ入っていますが、これが4つになるとFussball-Lehrerライセンスとなります(ドイツの最高位ライセンス)

Fussball-Lehrerは毎年25名しか受講できず、また世界各国から受講希望が後を絶たない超難関コースです。

しかも受講資格がかなり厳しいもので、門戸は開かれていますが、実際に受講できる人はほんの一握りの選ばれた人たちのみです。

そしてこのライセンスを保有していないとブンデスリーガなどで監督を務めることはできません。


11か月に及ぶ講習会に参加しなければいけませんので、色々な部分での負担が大きくなりますが、それでも受講希望が後を絶たないのは、この資格がUEFAのプロライセンスとして認められることや、ドイツの指導者ライセンスの権威の高さが世界中に認められているからでしょう。


僕も頑張ってこのDFBマークが4つになるようにしたいと思います!

とりあえずそれが今の大きな目標です。


とにかく無事にA級取得できて一安心です。


これからも頑張らなければ!

名言

昨日行われたC級講習会の指導実践の中で、FAチーフインストラクターが言われた言葉に深く感銘を受けました。


「やってはいけないこと、やらなきゃいけないこと、その中に楽しさ、自由がある」


トレーニングの中で選手に与えられた自由、楽しさはどこにあるのか。

また指導者は選手に対して、何を求め、何に対して厳しく接し、何に対して働きがけを行うのか。


指導者としてコーチングする上で、すべてを表してると言えるような言葉だと思います。


もちろんこれはサッカーだけでなく、人生においても言える言葉で、これは僕にとって座右の銘になりそうです(^^)


素晴らしい言葉を教えてくださったチーフ、本当にありがとうございます☆


近くにいて本当に学ぶことができるお方ですので、どんどん色々な物を盗んでいきたいと思います!

1月24日のS-Kids

今日のS-Kidsは吹雪の中行いました。


S-Pitchは昨日の夕方からまたしてもクローズとなってしまったため、今日も子どもスポーツ広場で行いましたが、あいにくの天気だったので保護者の方にとってはかなり堪えたのではないでしょうか(^^;


今日は午後からC級コーチ養成講習会の指導実践が行われていたため、昼からずっと外にいましたが、今日は本当に寒かったですね~。

受講者のみなさんが風邪を引いてなければいいのですが…。



今日のS-Kidsはとにかく寒かったので、ずっと動き回れるようなプログラムに変更して行いました。

色々なゲームを通して様々な動きを経験、習得してもらいたいと思いますが、やはりそうなると自分の得意な動きしかしないんですね。


そうなるとうまくいかなくて途中で諦めたり、チャレンジしなくなる子どもが出てきてしまいます。


しかしそれでは子どもは成長しませんよね。


そこで先日も書いたように、こちらから課題を与えて色々な動きにトライしてもらう。


この年代はまだベースができていません。

「自由にやらせる」だけでは不十分だと思います。


「自由の中にある程度強制されたもの」

が必要だと思います。


もちろん「強制」の意味を間違えないようにしないといけませんが…


そこのバランスをうまく取れれば、子どもにとって素晴らしいトレーニングになるはずです。

山陰の元気人に掲載

個人的な紹介ということになるので少し気が引けますが…


せっかくの機会ということで紹介をさせていただきたいと思います。


昨年、異業種交流会に参加したことはこのブログでも紹介させていただいた通りです。

そこでは、今まで出会うことがなかった多くの人たちと知り合うことができ、また新たな交流も生まれました。

同世代ということもあり、色々な話から今後につながるおもしろい話に発展したり…


あのとき知り合えた縁はこれからも大切にしていきたいと思っています。



そして、今日のテーマですが…


その交流会で知り合いになった方が僕たちの取組みに関心を持ってくださり、年末にクラブハウスで取材を受けました。


僕が今までどのような形でサッカーに関わってきたか、また現在どのような活動を行っているのか。

このような形で自分の人生を紹介するのは恥ずかしい気持ちもありますが、色々な出会いがあり、キッカケがあり、今こうしてここでサッカーをしていること。


本当に幸せだと思いますし、本当にありがたく思っています。


写真はなんだか眠そうな顔をしていますが、普段はもうちょっとだけシャキッとしていますので!

興味のある方は読んでみてください。


このような機会を与えてくださったティーエム21の吉岡様、本当にありがとうございました。

ぜひ近いうちに上腕筋を鍛えに行きましょう!

『山陰の元気人』

1月22日のS-Kids

今日は久々にS-Pitchで練習を行いました。


明日からまた雪の予報なので、また当分S-Pitchを利用できなくなりそうですが…


最近は子供たちに精神面での成長がみられるようになってきました。


たとえば他の子どもと「対話」ができるようになったり、自分の言いたいことを最後まで言えるようになったり。

また少しずつ集中力が続くようになったり。


からだの成長とともに内面的な成長もしっかりとしています。

子どもの成長スピードは信じられないくらい早いものですからね☆


CIMG1119.jpg

今日は自分の意思に反して動きを変える、ということにチャレンジをしました。

どうしてもまだ細かいステップワークができませんので、なかなか急激に方向転換はできませんが、それでも継続した運動を行っている子どもは、ある程度自分のからだが言うこときくようになっています。

色々な動きを遊びの中で経験し、また足りない部分はプログラムの中で補っていく。


運動能力を高めるにはこのような方法を取るしかないと思います。


遊びだけでは自分の得意な動きしかしませんからね。

CIMG1120.jpg

今後も遊びと補助的なプログラムを並行して行っていきたいと思います。

巡回指導@マリン保育所

今日は2009年最初の巡回指導をマリン保育所で行ってきました。


先週末までの雪と今週末からの雪、ということでちょうど中間にうまく実施することができました。


子どもたちの普段からの日頃の行いがいいんだろうな~(^^)


今日は3歳児のペンギン組さんも一緒に行ったので、総勢38人!

久々に大きな声を出したからか、風邪気味だったからすぐに喉がやられ、声が出なくなってしまったのは非常にショックでした…


みんな、ごめんね、大きな声でお話しできなくて(><)


でも、そんな僕を子どもたちがフォローしてくれて、お話しするときはちゃんと小さく集まってくれて、小さい声でも聞こえるようにしてくれました★


本当にありがとう!


DSC00849.jpg

今日も子どもの発想力をうまく引き出せるようなプログラムを行いながら、子どもの運動能力を高められるように注意しました。

なかなか同時に両方向へ刺激を与えるのは難しいのですが、今後もそこには拘りながら行っていきたいと思います。


DSC00851.jpg


最後はみんなで試合!

今日は変則的に子ども対コーチで行いました。

DSC00858.jpg

子どもはボール目がけてまっすぐ向かってくるので、それを避ける僕らも練習になりますし、子どもも点取られないためにどうしたらいいか、点を取るためにはどうしたらいいか、をうまく考えながら行っていました。

終わった後に、

「もう一回やりた~~い!」

って言ってくれることが一番うれしいですね☆


くじら組さんは、4月から小学校に入学するのでもうマリン保育所で一緒に遊ぶことはありませんが、みんなと一緒に楽しく遊べたことは、ずっと思い出にしまっておくからね!

リフレッシュ!

みなさんはモヤモヤしたり、イライラしたり、心やからだが疲れたり…


そんなときはどうやってリフレッシュしますか?


またもう一回頑張ろう!


ってそう思えるようになるように、どうやって自分の内側を入れ替えしますか?



僕はサッカー以外ほとんど趣味なんてないので、何かをやればリフレッシュできるってのがないんですが、唯一挙げるとすれば音楽を聴くこと。


僕はカラオケは全然ダメですが、音楽を聴くのはすごく好きで何をするにしても音楽を聴きながら、ってことが大半です。


「よく集中できるね」って言われますが、音楽を聴きながらの方がパソコンに向かったり、何かをやろうって気になるんですよね。


もちろん今もこのブログを書きながら音楽を聴いています♪


今流れているのは、来月発売されるASKAさんの新曲、

『あなたが泣くことはない』


メロディと詞がすごく合っていてオススメです。

発売されたらぜひ聴いてみてください☆


ASKAさんの音楽を聴きながら、心が穏やかになるそんな時間が、僕にとってはリラックスできて、リフレッシュできる時間です。


みなさんは、どうやってリフレッシュしていますか?


何かいい方法があったらぜひ教えてくださいね。

痛みを力に

何か痛みを感じた時に、それを力に変えられる人間になりたい。


このやろう!って思った時の力を、次に踏み出す一歩の時のエネルギーに変えたい。


もうダメかなって思った時に、もう一度這い上がろうとする力を持てる人間になりたい。



自分が思い描く人間にはまだまだ近づけていないけれど、自分がなりたい自分にいつも近づきたい。

それを失くしてしまったらいけないと思っています。


そう思っていた時に出会った言葉がありました。


「信じるものがあれば 痛みは耐えられる」

終了!

20090118161742
金曜日から行われたフットボールカンファレンスですが、先程全日程を終了いたしました。

最終日の今日は、フランスからジェラール・ウリエさんが来日され講演をしてくださいました。

僕は選手に会うよりも監督に会う方が緊張するヤツで、今日もあのウリエさんが目の前で話をしてる姿を見てて、ミーハーですが興奮しちゃいました^ロ^;

様々な経験をされてきた方だから話せること、伝えられることがあります。今やネット書籍で得ることができる情報も多いですが、やはりこうして実際に話を聞くことが一番ですね。

もちろん引き込まれる話し方ってあります。素晴らしい内容だとしても話し方などで印象が変わることも多々あります。

今日のウリエさん、そしてアンディさん、シュトゥーバーさんは聞いてる僕らを話の中にどんどん引き込んでいく。まるで僕らがその話を実際に体験してるかのように。

素晴らしいパーソナリティーから生まれた、素晴らしいプレゼンばかりでした。

人前で話すことがある立場ですので、すごく勉強になりました。

帰り際にはシュトゥーバーさんともゆっくり話ができ、これからのことについても色々と相談に乗っていただきました。かなり怪しいドイツ語でしたが…

これから数ヶ月がちょっと楽しみになってきました!

電車は先程敦賀を通過しました。辺り一面銀世界!

松江はどうかなぁ。

素敵な音色

20090117203601
今日は朝からカンファレンスが行われ、先程地域別に分かれたサテライトカンファレンスで本日のプログラムが終了いたしました。

今日のスタートはパイプオルガンの演奏からスタートいたしました。

会場となっている石川県立音楽堂には非常に立派なパイプオルガンがあり、それを使って素敵な演奏を披露していただきました。

恥ずかしながらパイプオルガンの演奏を生で聞いたのは初めてで、その音色といい迫力といいただただ圧倒されました。

すごく綺麗な音色で心が穏やかになりました。

カンファレンスは僕の尊敬する恩師でもあるシュトゥーバーさんが講演をされました。相変わらずエネルギッシュで、短い言葉の中でも的確に心に響くんですよね。

合間にも色々と話ができて、本当に楽しかったです。直接お話ができる機会は滅多にありませんので貴重な時間となりました。

明日、カンファレンス終了後にゆっくり話ができそうなのでそれもまた楽しみだな☆

カンファレンスの内容はまたまとめて報告いたします。

今日も金沢の夜は寒いです。

一日目!

フットボールカンファレンスの一日目が終了しました。

今日は午後からのスタートで、いくつかの講演を聞き、懇親会が行われました。

島根県からの参加者は残念ながらいないようですが、久々にお会いした方々がたくさんいて楽しい時間を過ごすことができました☆

ドイツでお世話になった方もおられて久々にドイツ語も使いながら話ができました。

かなり怪しいドイツ語でしたが^ロ^;

でもなかなか聞けない情報もたくさんあり、また色々と今後に繋がるアイデアも生まれました。

実現できたら楽しいだろうなぁ。

明日は僕の恩師が講演をされます。しっかりと聞いて、夜には色々と話を聞きたいと思っています。

その話はまた後日ここで書きたいと思います。

明日からカンファレンス

今石川県に向かうサンダーバードに乗っています。

明日から始まるフットボールカンファレンスに参加するためです。

2年に一回開催されるカンファレンスは、世界におけるサッカーの方向性や今後の日本の課題、進むべき道を示し、情報を共有するために様々な方々が来日され、講演をされます。

今回は僕の恩師でもあるシュトゥバーさんがドイツから来日され、講演されます。

久々の再会となりますので今から楽しみです☆

また山形におられる先輩とはホテルの部屋が一緒なので、色々とJリーグの話など含めてゆっくり話ができそうです。

他にもたくさんの人たちとの再会や新たな出会いもあると思います。それが一番楽しみだな。

もちろん色々な情報収集もしてきますので、また近いうちに皆さんに報告したいと思います。

コーチングには…

最近コーチングに関する本も多数出版されていて、色々な情報をあらゆる角度から得ることができます。


これはトレーニングプログラムに関しても同様で、世界各国から自分の必要としている情報をリアルタイムに得ることができる時代になりました。


もちろん便利な世の中になったことに間違いはありませんが、それだけ物事を選ぶ「目」や「基準」が求められるようになり、情報が氾濫した世の中で生きていくためには、自分の中で確固たるものを道合わせなければいけない時代になっているのもの事実です。



これらの話はまた別の機会にするとして…



選手に対するコーチングでは二通りがあると思っています。


まず一つが、具体的な指示を通して選手に能力を獲得させるもの。


正確な技術トレーニングやコーディネーション、決められたグループ戦術、チーム戦術を徹底させるためのプログラムなどがこれに当てはまります。


そしてもう一つが、オーガナイズによって無意識的に能力を獲得させるもの。


プレーインテリジェンスを獲得させるプログラムはこれに当てはまりますね。



ある状況を設定したプログラムを行う場合、いくつかの選択肢が選手には与えられるはずです。パスで状況を打開することもできればドリブルで打開できるかもしれない。または他の選手が何かしらのアクションを起こすことで解決できるかもしれない。


大切なのは選手が考え、判断し、状況に応じたプレーを選択すること。


コーチはそのような能力を選手に獲得させることが最も重要な仕事であり、無意識のうちに選手が考えなければいけないようなプログラムを考え出すことが大切だと思っています。


もちろんいくつかの選択肢を持つためにはベースが必要であり、それは個々の技術であり、コーディネーション能力だと言えます。

そこにはしっかりとしたイメージを与え、正しいデモンストレーションを見せる必要があります。


しかし状況を解決する能力は、コーチがその都度指示を出して解決させるのではなく、選手が色々なアイデアを出し合うことで身につけるべきではないかと思っています。

コーチはそれをどんどん引き出してやれる存在になれればいい。



特にキッズ年代においてはコーチがオーガナイズをし、必要以上に関わらないことが大切だと子案が得ていますので、S-Kidsの活動でもそのような姿勢で行っています。

傍から見ればなぜもっと子供に指示しないの?って「思われる方もいるかもしれませんが、それをしないのは以上のような理由からです。


もちろん唯一無二の方法論なんてありませんから、色々なご指摘があればそちらを聞きながら、ひとつのコーチングを確立していきたいと思います。

豪雪

ここ数日雪がドカッと降り続き、大変なことになっています。

S-Pichも完全にクローズとなっており、利用者の皆様には大変ご迷惑をおかけしております。

残念ながら今週いっぱい雪が降り続くようなので、今週いっぱいは利用ができそうにありません。まさしく豪雪地帯となってますね~。去年はこんなに降らなかったのになぁ。

去年もブログに書いた気がしますが、豪雪地帯ではどのようにしてサッカーを行っているのか調べてみなきゃいけませんね。何かしらの対策を行ってプロダクトを実施しているはずですからね。

インプットとアウトプット

昨日からC級コーチ講習会がスタートいたしました。今回は8名の指導者のみなさんが受講され、講義と実技を通して指導者としての知識やコーチングのレベル向上を図っておられます。

今日は同時にリフレッシュ研修会も行われ、新たな知識の獲得や整理と同時に情報交換を図り、常に指導者は学ぶことの必要性を体感されました。

僕はインストラクターのみなさんのサポートをさせていただいていますが、常に思うことは自分が獲得した知識や経験をいかにしてアウトプットするか、ということです。

様々な場所に出掛けて色々なものをインプットしたとしても、それをアウトプットしない限りは本当の意味でインプットされたことにはならないと思うんです。

人に何かを伝えるのはなり難しいことです。自分が得た知識をいかにして濾過して、自分の言葉で伝えるか。そのためにはしっかりと整理しなければいけませんし、自分の意見として発しなければ相手の中に深く入り込む言葉にはならない。

言霊って部分になるのかもしれませんが。

言葉に命が宿るのは、自分の中から生まれた言葉だからだと思います。

このような研修会でいつも色々なことを学ばせていただいています。

それをまたアウトプットしていくことが必要ですね。そうすることで、それが自分の中での確固たる芯を形成することにつながるはずですからね。

1月10日のS-Kids

昨日からの雪で、今日はS-Pitchがクローズ!


積雪も10cmぐらいになっていました。


子供の頃はこれだけ真っ白になると外に出るのが楽しくて楽しくて仕方なかったですが、今はまず「寒さ」が頭に浮かんで、外に出るのが億劫になってしまいます(^^;

といってもちゃんと雪合戦だけはやりましたが(^^)



今日は積雪のため子どもスポーツ広場で行いました。

吹雪と寒さで子どもは来るかなぁって心配していましたが、12人の子どもが来てくれました☆


こんな悪天候の中でも来てくれるなんて本当にありがたいことですよね。



今日は寒さもありますので、とにかく動き続けるプログラムを行いました。


今日は複合的な動作を結構行いましたが、まだまだぎこちなさがあります。

単発的な動作に関しては、スムーズに行えるようになってきましたが、いくつかの動作を連続で行うと途端にバタバタしてしまう傾向があります。


以前から言い続けていることですが、そこにアプローチをしていきながら、運動能力の向上をバランスよく促進していきたいと思います。

冷えてきた…

今日は霙が降ってきて、かなり冷え込んできました。関東では初雪が観測されたようで、全国各地で真冬の天候になったようですね。


松江も明日から雪が降るようで、気温も低くなるようです。


明日から指導者養成講習会もスタートしますし、U-10エリートも行われます。

天気に負けずに明日も頑張りたいと思います!

1月8日のS-Kids

木曜日コースの子どもとは、今日が2009年最初の顔合わせとなりました。


こうして水曜日と木曜日にS-Kidsの練習を行うと、いつもの平日を迎えた感じがして気持ちが引き締まりますね。


今日も昨日同様細かいステップワークを行いました。

単純なジグザグ走でも、間隔を変えたり別の課題を取り入れることで色々な刺激を与えることができます。

もちろんバックステップやサイドステップなどにすれば、途端にできなくなる子どもも出てきます。


非日常的な動作ですので、不慣れな子どもも多い、というのは大きな原因のひとつです。

またコーディネーション能力が欠如しているというのも大きな原因でもあります。


6歳までの神経系が大人の約9割に達する

これは常に意識しなければならない点ですし、最優先に取り組まなければならない事項です。


色々な動きを経験し、できるようになれば運動の幅は間違いなく広がります。

発想力も大きく変化します。


まずは土台作りをしっかりと行っていきたいですね!

活動再開!

今日から2009年のS-Kidsの活動がスタートいたしました。

初日ぐらい晴れてほしかったんですが…


今日は最近取り組んでる上半身のからだの使い方を中心に、細かいステップやボールフィーリングを行いました。

なかなか日常的に腕を使わない子供たちは、腕を使って自分のからだを支えたりすることが苦手なんですよね。手の平に力が入らない。

運動は全身を使う必要があります。普段使わない部位ほど意識的に取り組みたいですね。

久しぶりの再会☆

昨日から実家に帰省中で、久々に何もしない時間を過ごしています。

その分母親に迷惑を掛けてしまっちゃうのですが…


まぁそれすら喜んでくれているはずだ、と勝手に解釈をして。


昨日は甥っ子とサッカーをしました。

気づいたら大きくなっていて、「お兄ちゃん、サッカーしよっ!」って言ってくるようになっていたのでビックリしました。


今までのやんちゃだけど運動神経があまりいいとはいえない甥っ子の姿はそこには無く、上手にボールを蹴る甥っ子の姿がありました。

やっぱり家族とするサッカーはまた違った感覚になりますね☆

楽しくて気持ちのいい汗をかくことが出来ました!



そして今日は、僕が幼稚園の時にお世話になった恩師に会いに行ってきました。

実際に会うのは幼稚園卒園以来なので、もう25年ぶりぐらいかなぁ。

会っても覚えてもらえてるか心配でしたが、子供の頃からそんな変わっていないらしくすぐ分かってもらえました。


自分が幼稚園に通っている時は、とにかく外でいっぱい遊んだり、散歩で色々なところに連れて行ってもらった記憶しかなく、とにかく楽しい2年間でした。

その時の担任の先生が今日お会いした方で、僕が今のようにサッカーしたり外で遊んだりするのが大好きな人間に育ったのは、この先生のお陰といっても過言ではありません。


本当に大好きな先生だったな~


今日お会いしても全然お変わりなく、元気そうで安心しました☆

色々と昔話もできて、わずかな時間でしたが楽しい時間でした。

久々に帰省してよかったなぁ。


明日から今年の仕事がスタートしますが、その前に大きなパワーをもらえました。

明日から頑張らなきゃ!!

海外へ渡る勇気

先日知り合いにDVDを貸してもらいました。


それは弱冠10歳にしてスペインの名門アトレティコ・マドリードに入団した少年のドキュメンタリー映像です。


ニュースでは知っていましたが、詳しいことはほとんど知らなかったので今回初めて彼のことを知ることができました。


彼は山梨のクラブからアトレティコの入団テストを受けて、「実力で」そして「戦力として」入団することが出来ました。

彼の母親も一緒にスペインに行き、彼の海外生活をサポートされています。


スペインでの生活や彼を取り巻く環境、日本では経験できない競争や世界をこのドキュメンタリーでは紹介されていました。


たとえ母親と一緒に生活できるとはいえ10歳で海外に渡り、名門クラブで競争しながらトレーニングに励むことは簡単なことではありません。


海外留学の難しさは実際に経験した人にしか分からない辛さがあります。


まったく文化が違う国に飛び込むこと。

まったく言葉が通じず、自分の言いたいことも言えず、相手の言いたいこともまったく理解できないこと。

簡単に逃げられる場所がないこと。

そのような環境下で、他の選手との競争に勝たなければいけないこと。


言葉に表せばそんなに大変なことに聞こえないかもしれませんが、簡単に乗り越えられるものではない問題。


たくさんの夢や希望、勇気、根性・・・

思い浮かぶありったけのポジティブ精神を持ち込んだとしても、そんなものがまったく役に立たない瞬間が絶え間なく襲ってくる。


海外で生活することは、そんな簡単なことではないんです。


彼の映像を見ていたら、自分が16歳の時に過ごしたドイツでの生活を思い出しました。

僕はまだ16歳だったから、彼よりは恵まれた状況だったかもしれませんが、彼が抱えた悩み、問題を自分も潜り抜けてきたなって懐かしく思えました。


彼は本当に素晴らしい体験をしていると思います。

誰にだって出来るわけではないこの経験は、彼の人生を必ず大きく変える。

それもプラスの方向に。


10才ながら、彼はしっかりと自分の未来を見つめていました。


彼のような人間をS-Kidsでも育てたい。
そう思える素晴らしい少年でした。


今後の活躍を期待しています!


彼の映像を見て自分の留学時代を思い出しましたので、またその時のエピソードを紹介していきたいと思います。

正月は…

多くの社会人の方が明日から仕事始めではないでしょうか。

松江支部では今日から小学生のフットサル大会が行われ、本格的な蹴り初めとなったようです。


僕は昨日簡単に蹴り初めをして軽く体を動かしました。

やっぱりボールを蹴りながら汗をかくって気持ちがいいものですね(^^)

今年はほとんどからだを動かさなかった去年とは打って変わって、思いっきりからだを動かす時間を作りながら肉体改造をしていきたいと思います。


といっても正月なのでかなりグータラした生活を送っています。

このダラダラした生活から抜け出すことからスタートしなきゃいけませんね(^^;


「まぁ正月だからいいか!」

って思っていると、気付いたら体型が変わってしまってる、なんてことになりそうですからね。

参拝

今日は休みを利用して、一畑薬師に参拝しに行ってきました。

以前にも一畑薬師に行ったことがあるみたいなんですが、もう記憶にないぐらい昔なので初めてみたいなものですね。

夕方に行ったのですが、その時間でも観光客の方が結構おられました。

一畑薬師は目が悪い人が多く参拝に来られるようで、目が悪い僕もしっかりとお祈りをしてきました☆

そしておみくじも忘れずにしてきましたよ。

願い事は「他人の助けにより早く成功するでしょう」と書いてありました。

そっかぁ、本当に叶うえばいいなぁ。まぁ結構単純な人間なので、それを信じて頑張らなきゃ!

一年の計は元旦にあり

子供の頃からそのように聞かされ、また学校でも同じ言葉を聞かされ、いつの間にか今年一年やりたい事ややらなきゃいけないことを、元旦に決めなきゃいけないって思い込んでしまっている自分がいまして…。


今年は年越しを自分の公私共々お世話になっている方の自宅で過ごさせていただき、温かい空間で新年を迎えさせていただきました。

本当にお世話になりました!!


そして迎えた元旦ですが、今年は結構のんびり過ごさせてもらって色々と考えることができました。


昨日のブログにも書きましたが、今年のテーマは

「不変と変化」


変わらないものの良さもあると思います。
同じように変わっちゃいけないものも。

自分の信念や筋を曲げないことや夢や目標や…


でも同じように変化すべきこともあり、また変化することが当然のこともある。

固定観念に捉われ身動きができなくなってしまう事や、変化を受け入れられないこと。

一番怖いのはそこにしがみつき、取り残されてしまうことだと思います。


今まで辿ってきた道が今の自分を創っているのは紛れもない事実であっても、もうそれはすべて終わったこと。

経験を積むことは確かに大事であっても、そこで柔軟性を身につけていなければその強さも半減してしまう。

そんな気がしています。


今年は色々な面で「不変と変化」をテーマに、相変わらずのこだわりを持ちながら仕事をしていきたいと思っています。


もちろんこれは個人的な目標でありますので、当協会事業については改めて報告させていただきますね。

2009年!

今日から2009年!


今年は「不変と変化」をテーマに進んでいきたいと思っています。


今年もみなさまにとって素敵な、素晴らしい一年になりますように。
プロフィール

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。