スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よっしゃぁ~~

先ほどJ2リーグの試合が終わり、勝てば自動昇格を果たすモンテディオ山形が愛媛FC相手に劇的な逆転勝利を飾り、悲願のJ1昇格を決めました!


山形のコーチングスタッフには僕の先輩がいるんです。

以前同じクラブで指導をしていた方で、色々な面で影響を受けた先輩。


今でも定期的に連絡を取り合っていて、色々な話を聞かせてもらっています。


芯が通っていて男らしい生き方をしている人なので、すごく好きなんですよね。


なのでこの昇格は本当に嬉しいニュースです!!


1月に会うことになっているので、今度お祝いをしなきゃ☆


本当におめでとうございます!


先輩、次は僕の番ですからね~(^^)
スポンサーサイト

今日は虹が!

今日は朝から天候が荒れて、大雨が降ったかと思えば晴れ間が見えたり、強風が吹いたりとかなり大変な一日でした。


そんな中、このS-PitchではU-11交流大会が行われていました。

途中雷が鳴ったりして心配になりましたが、無事に1日目の日程はすべて終了したようです。


悪天候の中、試合をした選手たち、また運営を行った関係者の皆様、子どもの応援に足を運ばれた保護者の皆様、本当にお疲れ様でした。


天気も悪く、外に出るのも億劫になってしまいましたが、そんな中外に出たくなった瞬間がこれ!


CIMG1025.jpg

CIMG1026.jpg

本当に綺麗な虹を見ることができました。


こんなに綺麗な虹を見たのは久しぶりだなぁ。

自分次第で…

性格的に自分が「これだ!」って思うことに対して、徹底的にのめり込むようです。


逆に流行には疎いようで好きな音楽やサッカー選手、好みなど以前からまったく変わらないんですよね。

それがいいことかどうかは別として…


サッカーコーチを職業にしたい。

そう思った瞬間からそのためにしなきゃいけないことを考え、今まで進むべき道を決めてきたつもりです。


また「この人に会いたい!」って思ったらなんとかしてでも会えるように手を尽くす。とにかく会えるって思い込むわけです。


そうやって今まで多くの人に会い、縁を広げてきました。


今思い返してもなんでこの人と出会うことができたのかな、って思えてしまう人がほとんどですが、自分が諦めずに思い続けた結果だと思っています。


もちろん自分の力だけではなく、多くの人の力添えがなければ叶わなかったことだと思います。

そういう意味でもこれも「縁」なのでしょうね。



今、僕はどうしても一緒に仕事をしたいと思っている人がいます。


仕事というよりもその人から色々なことを学びたい。

そう思える人です。


今までがそうだったように、これも必ず願えば叶うと信じています。

根拠は全くありませんが、願う力って人間の持つ力の中でもものすごく大きいものだと思うんです。
だから本当に自分が叶えたいことはとにかく諦めずに願い続ける。

叶うまでずっと…


今日の1本の電話からどのように発展するか分かりませんが、2009年に何かが動き始めるキッカケになるようにしたいですね。

11月27日のS-Kids

今日は普段来てくれる子供たちの休みもあり、少人数での練習となりました。

ただその分ゲームを多めにやったり、子供がやりたいことをやれたりできたので、子供も楽しそうに動いていました☆

今日は唯一の女の子のMちゃんがすごく頑張ってました。何点決められたかなぁ。いつもより積極的にパスをもらおうとして声を出してましたし、ドリブルも自分が疲れるまでボールを離さずチャレンジしてました(●^ー^●)

このような成長を見るとやっぱり楽しくなりますね!

僕も負けないように頑張らなきゃε=┏( ・_・)┛

11月26日のS-Kids

今日は初めて取り入れたプログラムを子どもにやってもらいました。


それは「ティーバッティング」


バッティングティーにボールを乗せてそれを打つのですが、これが結構難しいんです。
バッティングティーに当てずにボールをバットの真芯に当てるのはなかなか難しいものです。

これを今日は子どもに体験してもらいました。


最初はなかなかボールに当たらず空振りしていた子どももいましたが、徐々にバットを上手に振れるようになってきてボールが前に飛ぶようになってきました(^^)


サッカーなのに野球?って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、キッズ年代、ジュニア年代では積極的に色々なスポーツを経験することが大切です。
特定のスポーツしか経験していない子どもは、その運動能力に偏りが見られ、子どものからだにも大きな負担をかけることになります。

また色々なスポーツを経験することで、運動能力が向上するんですよね。

例えば野球のフライをキャッチする。

これはボールの落下点を予測し、ボールの落下スピードに合わせ自分のからだをコントロールし、リズムを取りながらキャッチしなければいけません。

同じような場面がサッカーでもあります。

GKのキャッチであったり、ヘディングであったり、ボールコントロールであったり。

色々な場面で同じような能力が要求されます。


これは簡単な例ですが、このように他のスポーツを経験することで、実はサッカーの能力を短期間で改善することも可能なんですよね。


違ったアプローチもサッカーのトレーニングでは必要になります。


この年代では「トレーニング」というよりも「遊びの一環」として子どもが無意識のうちに様々な能力を身につけることが理想だと思っています。


これからも色々なアプローチで子どもの運動能力が向上できるようにアイデアを出していきたいと思います。

やっぱり締めは…

20081125233300
昨日まで名古屋でジョイントミーティングに参加してました。

初日の夜は懇親会があり、他県の方々と色々とお話することができました。

もっともっと出掛けていって多くの人とお話ができればよかったのですが、こういう場でなかなか積極的になれない欠点があって…

毎回情けないなぁって思っているのですが…

ミーティングの内容については後日書くとして。

懇親会では料理も出たのですが、ちょっと食べ足りないってことで、今回同行していただいた松江支部事務局長にラーメンをご馳走になりました!

名古屋に着く前から、「台湾ラーメンが食べたい!」と言われてたので、台湾担々麺を食べました。

名古屋には色々なところに台湾ラーメンのお店がありましたね。どういったものが台湾ラーメンなんかはいまだによく分かりませんが…

でもご馳走になった台湾担々麺は本当に美味しかったです!

Fさん、ご馳走様でした☆

ジョイントミーティング in 名古屋

昨日から愛知県名古屋市でPHQのM3事業「JFAキッズプログラム」のジョイントミーティングが行われています。


これは毎年色々な都道府県を会場にFAのキッズ担当者や関連種別の方々が一堂に会し、各FAにおける活動状況の報告や情報共有、ネットワークの構築を目的に開催されています。


僕も担当者として今回2回目の参加となりました。


ジョイントミーティング冒頭で、日頃からお世話になっているPHQ部長の真田氏より、

「これは担当者会議ではありません。毎年このミッションに関わって下さる多くの関係者を“ジョイント”することが目的のひとつでもあります」

と仰っていました。

どうしてもこのようなミーティングだと各FAの決まった担当者が出席し、各FAの現状や課題解決のためのアイデアを持ち寄ったりするものになりがちですが、これからキッズ事業に力を入れよう!としている地域の人やまだキッズというものに関わりがない人、関心がない人、消極的な人などに参加してもらい、全国各地のキッズ事業の熱気というものを実際に感じてもらうことで、「次」が見えてくるんだと思います。

そういう意味でも、毎年新しい方に参加してもらうということは、非常に意味のあることだと感じました。


昨日は、大洋薬品オーシャンアリーナで行われたキッズフェスティバルの視察から始まり、ホテルに移動してJFAやJリーグ、愛知県サッカー協会の活動報告が行われました。


キッズフェスティバルでは、U-9年代とU-6年代が同会場に集い、交流戦を行い、同時にキッズリーダー養成講習会も行われていました。

U-9とU-6という年代の違う子供が同じ会場で交流戦を行い、その運営に中学生が入るなど他世代との交流を積極的に行っていました。


またキッズリーダー講習会では、実際に受講者が子供と一緒に実技を行うことで、実際の指導現場に直接触れる機会を設ける工夫をされていました。


このアイデアは今後島根県でも取り入れていきたいですね。


ホテルでのミーティングでは、キッズと4種との連携をテーマに愛知FAが様々な事例を発表され、質疑応答を行いました。

なかなか連携するということは想像以上に困難な問題が起こるようですが、「とりあえずやってみよう!」というポジティブな姿勢を持つことからスタートされ、徐々にキッズの活動が4種にも浸透してきたようです。

色々想像するよりも「とりあえず一度やってみようよ!」という姿勢は常に持ち合わせないといけない大きな要素だと思います。

実際それで好転しているのも事実でしたし。


島根県でも、固定観念に囚われることなく、「とりあえずやってみよう!」精神を大切にしていきたいですね。


今日はこれからグループディスカッション等が行われる予定です。

またこのブログで報告したいと思います。

行ってきます

     20081123060214


これから名古屋に行ってきます。
日本サッカー協会のジョイントミーティングに参加するためです。今回はPHQのM3と言われる「キッズ年代の普及と育成」に関する各都道府県協会の取り組みや今後の方向性について情報を共有したり、ディスカッションが行われる予定となっています。

島根県の取り組みを紹介するのと同時に各都道府県のアイデアを持ち帰れるようにしたいと思っています☆

久々の快晴!

今日のS-Kidsは久々に暖かい中で行うことができました。

ここ数日はかなり冷え込み、ちょっとでも動いていないと耐えられない寒さでしたが、今日は本当に暖かく運動するにはもってこいの天候でした。


今日も木曜日に引き続きベネッセさんの協力の下でプログラムを実施いたしました。


子どもも講師の方々の顔を覚えていたようで、最初の「壁」がない状態からスタートできました。


今までのプログラムと違って、英語というポイントは外さないように、且つ「からだを動かしたい!」という子どもの欲求を満たせるようなプログラムを行いました。

もちろん最初は単語の意味もわかりませんので理解する時間が必要ですが、子どもの理解力は本当に早いですので、子どもの得意な「模倣能力」を存分に発揮してくれ、ある程度狙い通りのプログラムを行うことができました。


今度はもっとダイナミックに子どもが動けるようなプログラムを考えていきたいですね。


今回のプログラムの模様は準備が出来次第このブログ上に動画でアップしたいと思います。

初挑戦!

かなり流行から遅れましたが、今日ようやく初挑戦しました。


それは、

「ビリーズ・ブートキャンプ」

前々からやりたくて仕方がなかったんですが、なかなかやる機会がなくそのままだったのですが、ようやくDVDが手に入ったので、早速レディース・フットサルスクールの参加者のみなさんと一緒に行いました(^^)


チューブがなかったので、チューブを使わない初日のプログラムだけでしたが、約20分間休憩することなく動き続け、もう終わった時にはヘロヘロでした…(^^;

特に大腿部の内側がピクピクして力が入らないんですよね~。


体力ないなぁって実感したのと同時に普段から決まった筋肉しか使ってない事実とあまりに硬すぎるからだにショックを受けました。


確かにこれを1週間続けたら肉体改造は達成されるだろうな、とは思いますが、デモをやっている人たちの体に近づけるとは思えません…

あの人たちの肉体はちょっと異常ですしね。


もうちょっとダメ男君がデモをやってくれたらこっちもワクワクしながらやれるんですけどね。


ビリーのような肉体を手に入れようとは思いませんが、今のダメ男君のからだからは脱却したいので頑張って続けたいと思います!

11月20日のS-Kids

今日は昨日に比べてまだ暖かい一日でしたが、手袋やネックウォーマーなしではピッチに立つことが辛いことに変わりないです…


もうこの時期に真冬の格好をしなきゃいけないことに違和感を感じますが…


今日は久々にベネッセさんとのコラボ・プログラムを行いました。

以前のブログにも書きましたが、前回の課題や反省点を踏まえて何度か話し合いを重ねた結果、一つの方向性を見つけることができたと思っています。

もちろんそれがすべて正しいとは思っていませんし、常により良いものを提供できるように毎回分析をしなければいけません。

また参加者の方々のニーズに応える必要性もあるかと思います。


ただ、僕はすべてにおいて参加者のニーズに応えることは無理だと思っていますし、こちらから方向性を示し、そこにおもしろさを感じていただこうとする姿勢も大切だと思っています。


より良いものにしていくためには一切の妥協はするつもりもありません。

と同時に僕たちが考えていること、活動のベースとしてイメージしているものを変えない頑固さも持ち合わせなきゃいけないと思っています。


色々な意見があり、色々な考えをお持ちの方がいらっしゃるのは理解しています。

それを否定するつもりは毛頭ありません。


ただ僕たちも信念を持って活動しています。
それは参加者のニーズに合わせて柔軟に対応できるものと、絶対に譲れないラインと両方を持ち合わせているつもりです。

信念がなくなった時点で、その活動は止めるべきだと僕は考えていますし、信念は簡単に変えるべきものではないと思っています。


今回のこのベネッセさんとのコラボではサッカー協会とベネッセさんとの積み重ねたミーティングの結果であり、「より良いものを提供するために」導き出したひとつの答えです。

もちろん今回実施したことで見えてきた課題もありますので、そこは今後修正していかなければいけません。


僕たちの行う活動に対してご理解いただければ、と思います。

もちろん常にこちらからの一方通行にならないように気をつけたいと思っています。
何か感じられた点等ありましたら、今後もご意見を頂けたらと思います。

よろしくお願いいたします。

初雪&積雪!

昨日から急激に冷え込み、今日はなんと初雪!


去年の今頃をパッと思い出せないところに年齢を感じてしまいますが、こんな時期には降らなかったんじゃないかな~。


現在S-Pitchではシニアの人たちが楽しそうにサッカーをされていますが、もうピッチ上は白くなっています。

CIMG1023.jpg

今の時期から積雪なんて、12月以降はどうなっちゃうんだろうかと心配になってしまいます…


明日もかなり冷え込むようなので防寒対策は十分して風邪ひかないようにお気を付けくださいね。

今日のS-Kidsも見ている保護者の方がかなり寒そうでしたので、子どもと一緒に来られる際は必ず暖かい格好をしてきてくださいね。

もちろんこちらでもちょっとでも寒くならないようにアイテムは準備いたしますが、それだけでは足りないと思いますので…


協会内でも風邪が流行らないように注意しないと!

こんなのすぐうつってしまいますからね。

残念…

今日は袖師保育所の巡回指導の予定でしたが、あいにくの雨模様で中止となってしまいました。

今日は親子参加型のプログラムの予定でしたので尚更残念で仕方ありません。

日曜日のイベントといいこの時期は仕方のないことかもしれませんが、それでもやっぱり悔しいなぁ。天気には勝てないって分かっててもなんとかならないかなって思ってしまいます。

もちろんそのために子どもスポーツ広場が完成したわけですので、今後は幅広く周知し、積極的に活用いただけるようにしていきたいと思います。

しかし、雷様はやっぱりいないのかなぁ。

僕は子どもの頃に見たインパクトが強すぎて、本当にいるような気がしてるんですが…

悪天候のため中止…

昨日に予定されていたキッズサッカー大会ですが、悪天候のため中止となってしまいました。

6月に一度開催予定だったキッズサッカー大会が雨のため中止となり、多くの参加申込の子どもたちのためにもう一度行うことができないか、という思いから計画した今回のキッズサッカー大会でした。


悪天候のため中止になったことで楽しみにしていた子どもたち、またそのご家族の方々には申し訳ない気持ちでいっぱいですし、残念な思いをされたことと思います。


その気持ちは僕らも変わりません。

前回開催できなかった分、今回のイベントを思いっきり楽しんでもらおう!ということで準備を重ねてきました。

その途中では色々とトラブルもありましたが、当日に喜んでくれる参加者の顔を楽しみに本当に多くの時間、ボランティアスタッフの方々が動いてくださいました。

イベントを開催するためには、本当に多くの方の力が必要です。

決して表に出ることがない人たちの協力なくして様々なイベントが日の目を見ることはありません。


今回も惜しむことなく多くの方々が協力してくれました。


この日を楽しみに待っていてくれた子供たちやご家族の方々、そしてこのスタッフのためにもなんとか開催したかったのですが…


天候には敵いませんよね…


しかし1年のうちのたった2日間だというのに、その両日が雨でやられるってことあるんですね。


今年度はこれから時期的にも寒くなり、気候的に開催が難しいため開催の予定はありません。

せめてものこちらの気持ち、ということで参加される予定だった子供たちには参加賞をお渡しいたします。

数日中には届くかと思いますので、楽しみにお待ちください。


このイベントのためにご協力いただいた関係者の皆様、本当にありがとうございました。

キッズサッカー大会雨天中止のお知らせ

雨天中止のお知らせ

本日のキッズサッカー大会ですが、昨夜からの雨によりピッチコンディションも悪く、天候の回復も見込めず気温も低いため参加者の皆さんの健康面を考慮し中止といたしました。

大変申し訳ありません。

この度はたくさんのお申し込みをいただきありがとうございました。

念力は通じるか?

明日に迫ったキッズサッカー大会ですが、どうやら天気予報では厳しいようで…


当初午後からの雨が、午前中に前倒しになってしまったようです…


なんとか午後までもってくれたらいいのですが…



晴れ男、晴れ女を30人ぐらいクラブハウスに集結させれば雨はやむのかなぁ

なんとかもちますように…

6月に雨のため中止になってしまったキッズサッカーフェスティバルですが、今度の日曜日に再び開催されます。

ただ現時点での天気予報では、午後から雨の予報で降水確率が80%…

また今度も雨で中止になってしまうのか…と悪夢が頭の中をよぎりますが、なんとか天気がもってくれたらと祈っています。


ピンポイントでこの日だけ雨が降るってのはいくらなんでも出来過ぎた話なんで…


そんなことにならないように、とにかく

念力!

快晴になるように皆さまもお祈りくださいm(_ _)m

11月13日のS-Kids

今日は15時からのコースに誰も来なかったため、16時からのコース1回の開催となりました。


今日も天気が良くて子供たちが元気よくサッカーするには最適の天候でした。


最近はピッチに降りると子供たちが自らボールを持ち出し、ボールを蹴って遊んでいます。

こういった光景っていいですよね。
自然と子どもがボールを蹴りたくなる環境。
子どもが動きたくなる環境。


僕たちの活動の導入部分は、子どもをそのような状態に導いてあげることだと思います。

練習に来てもなかなか動こうとしない子供やお母さんから離れようとしない子どもも中にはいます。

無理やり手を引っ張ってピッチに連れてくるのではなく、子どもが自分からピッチに向かってくる。


そのような子どもに育てていきたいですね。

なんといってもそれが運動大好きな子どもを育てる第一歩ですから☆

11月12日のS-Kids

最近は急激に寒くなってきましたのでかなり暖かい格好をしてグランドに立っていますが、子供は相変わらずの半袖短パン!


元気であることの証でしょうが、本当に最近は寒くなってきています。

運動ができればOKですので、無理せずに暖かい格好をさせても構いません。

運動中は半袖短パンでも問題ないかもしれませんが、その前後はからだが温まってなかったり、からだが冷えてしまったりします。

ですので、運動前後は暖かい格好をするようにお願いしたいと思います。


今日はジグザグドリブルを行いましたが、徐々にからだがボールについていけるようになってきた感じがします。

サッカーをすることで技術は身に付きますが、技術を身につけるためには土台が必要です。


その土台はとにかく色々な運動をすることで作られます。


今後もあらゆるアプローチを通してサッカーの技術を高めていきたいですね。

親子コミュニケーションスクール

昨日、運動公園内のこどもスポーツ広場にて、親子コミュニケーションスクールが開催されました。

こどもスポーツ広場とは、このブログでも何度も紹介している屋根付フットサルコートの名称です。


普段体験できない人工芝上での運動を体験してもらおうと、先月と今月の2回は通常の体育館ではなくてこちらで開催いたしました。

参加者の皆さん、感触はどうでしたか?

体育館と違って柔らかく、また汚れる心配もないので気持ちよくからだを動かしていただけたのなら嬉しいですね(^^)



いつも思っているのは、このような親子スクールを通して、親子間のコミュニケーションが円滑になったり、親子で一緒に遊ぶキッカケ作りになれば幸せだな、ってことです。

どのように話したらいいか、遊んだらいいのかが分からない、という話をよく耳にします。

なかなか普段話せないことでも一緒にからだを動かすことで話せるようになるって経験は誰にでもあるんじゃないでしょうか。

同じ時間を共有したり、同じ事に夢中になったりすると一体感が生まれ、心がより近くなると思うんですね。


この「心が近くなる」瞬間を味わってもらいたい一心でプログラムを作成し、当日進行をさせてもらっています。

参加された皆さんが、この瞬間を体験してもらえたのなら僕は本当に幸せです。



次回は通常通り海洋センターで行いますので、お間違えのないようにお気を付けくださいね。

時間の管理

最近読んだ本に次のように書いてありました。


「時間というものは得難く、失いやすいものです。誰にでも公平に与えられているようでありながら、用い方でこれほど価値の変動するものはない。」


時間というものを的確に表した言葉だと思いませんか?


以前にも書いたと思いますが、時間は物事を生み出すために不可欠なアイテムです。

時間という枠の中に縛られないものは、決していいモノは生まれないと僕は思っています。

締め切りがあるから極限まで自分を追い込み、なんとかより良いものを生み出そうとする。


しかし分かっていても時間を浪費してしまっている自分がいます。

時間がない、時間がない、と言いながら、それだけ時間を失ってしまっている。


この本には、時間を有効活用するために「テープ入れ」という習慣を用いて、常に色々な情報、アイデア、仕事等をその都度記録を取ることを奨めています。

テープ入れには色々な効果があるらしく、例えば翌日にしなければならないことを頭の中で忘れないように眠りについても「忘れるのではないか」と不安になってしまい、ストレスになってしまう。

それをテープに入れておくと、忘れてしまう不安やストレスから解放され、夜もぐっすり眠れるようになる。


また瞬間のアイデアは二度と浮かばないことが多いですから、これをテープに入れて残しておくことでどこかでそのアイデアが日の目を見るときがあるかもしれません。


このような時間の活用方法で、無駄な時間が減り、今まで得ることがなかった時間を得て、他のことに時間を使えるようになるかもしれません。


時間は1日24時間しかないわけで、それは誰もに共通していること。

違うのはその時間の使い方だけですよね。


時間を失わず得ることができれば、必ずそれは自分に返ってくることになる。

「忙しい」

なんて使い古された言い訳を使わないようになるはずです。


みなさんも何か時間の活用法でアイデアをお持ちですか?

もしあれば色々と教えてくださいm(_ _)m

11月8日のS-Kids

今日の練習は天候が回復しなかったため屋根付フットサルコートに変更して行いました。


急激に寒くなってきたので保護者のみなさんもかなり寒かったことと思います。

体調崩していませんか?


これからも寒くなる一方ですので、防寒対策はしっかりしてきてくださいm(_ _)m


それに反して子どもたちは相変わらず元気で、こんなに寒いのに短パンの子もいますからね~。

子どもは風の子!といいますが、ホントその通りですね。
昔は僕らもこうだったんでしょうが…

CIMG1011.jpg

今日はすべてのプログラムをKコーチが指揮し、みんなで同じプログラムを行いました。

何度も行っているプログラムでも、うまくいかないときもあります。
コーチはそこを見逃しちゃいけないと思うんですね。

上手に出来た時はいっぱい褒めてあげる。

でもできなかった時はもっと声をかけてあげる。


そして本当はできるけど、慣れてしまって適当にやってしまう子や、時々失敗してしまう子。

その子たちに対してもアプローチは必要だと思います。

失敗したことを咎めるのではなく、その子に合った形で刺激を与えてあげる。

10回やったら10回成功するように、失敗の数が一つでも減るように。

常に見てるんだよ、ってことを子どもに伝えることが大切だと思います。

CIMG1014.jpg

今日は最後にコーチ対子どもで試合をしました。

さすがに3人のコーチでは子どもに歯が立ちませんでした…

子どもも考えるんですね、2人同時にシュートを打とうとしたりして。

そういう成長が非常に頼もしく思えました☆

次回にはどんな成長がみられるのか、それが楽しみですね(^^)

キッズフェスティバル

来週16日に松江市補助競技場で行われるキッズフェスティバルの参加申し込みが今日で締め切られました。

残念ながら6月に行う予定だったフェスティバルが雨のため中止となり、そのまま中止で終わらせるのは申し訳ない!ということで、今回同じようなフェスティバルを企画させていただきました。


本当にありがたいことにたくさんのご応募をいただきました。


今回は6月の際にこちらの不手際で多くの方にご迷惑をおかけしましたので、それを踏まえた形で行ったつもりでしたが、もしかしたら前回同様ご迷惑をおかけしたかもしれません。


完璧な運営を目指しながらも実際にすべての人が満足することってできるんだろうか、ってジレンマがあるのも事実です。

僕たちがやりきった!って思えたとしても、それは結局僕らの自己満足でしかすぎない場合もあるかもしれません。


ただ、常に良いものは引き継ぎながらも毎回より良いものになるように関係者一同動いていますし、今回も参加者の皆様に楽しい時間を過ごしてもらえるように、最大限の努力を今後1週間も行っていくつもりです。


来週の初めには参加者の皆様には郵送で案内が届きますので、そちろをご覧になっていただき、何かご不明な点がありましたら事務局までご連絡ください。


今回は晴れますように…

巡回指導@末次保育所

今日は先月末の親子遠足に引き続き、末次保育所の子どもと一緒にからだを動かしました!


3歳児からの総勢60名!!


所庭が広く、ほとんどの子どもが庭で遊んでも十分スペースがあるぐらいですので、子どもも外に出て遊ぶことが日常的になっているようです。

これって本当に大事ですよね~。

子どもが外で遊ぶことが当たり前だって思えることは、運動好きになるかならないかの大きな分岐点だと思っています。


なので、3歳の子どもでも消極的ではなく、積極的に動き回っていました★


今日は人数も多く、また元気いっぱいの子どもたちでしたので、普段とは違うプログラムを行いました。

ひとりでは上手に走ることができても、友達と手をつなぐと途端にうまく走れなくなったり、自分の意志とは違ったスピードや方向で走らなければいけなくなる場合もあります。

そこでもうまく自分のからだをコントロールできるようになれば、もっともっと可能性が広がるんじゃないかと思っています。

DSC00772.jpg


今日は初めていろいろとチャレンジしましたが、結構上手にできていました(^^)

これも毎日いっぱい外遊びをしているからかな★

DSC00774.jpg

DSC00777.jpg


末次保育所さんには、今年度も3回お世話になりました。

今日の巡回指導で今年度は最後となりました。
年長さんは今度会うときはもう小学生です!

本当に元気がよくて、素直な子どもたちでした。

小学校に行ってもいっぱい外で遊んでほしいなぁ~。


またどこかで一緒に遊ぼうね♪

松江サティにて

先日買い物で松江サティに行ったのですが、その時にS-Kidsの子供たちが写っている写真を発見!

200811041624000.jpg

慌てて携帯のカメラで写したため画像が鮮明ではありませんが…


9月23日に屋根付フットサルコートのオープニングイベントが行われ、S-Kidsの子供たちも参加をして、このイベントに花を咲かせました。

松浦松江市長や日本サッカー協会PHQ部長の真田氏も来られ、賑やかなイベントになったようです。


僕は当日ドイツにいたため残念ながらこのイベントには参加できませんでしたが…


松浦市長とボールを蹴っている子供たちの姿が写っています。

松浦市長もものすごく楽しそうに子供と一緒にボールを蹴っていますよ★


まだ松江サティに掲示されていると思いますので、お近くの方はぜひ足を運んでみてください。

キッズイベント in はまだ②

先日視察した浜田市でのイベントについて書きましたが、同時に行われていたイベントについて書き忘れをしていたので…


同時に行われていたイベントとは、浜田市出身のフットサル日本代表選手、金山友紀の活動写真展。


浜田市では以前から金山友紀選手の応援をしており、様々な形で金山選手のサポートを行っています。


彼の存在、活躍を多くの方に知ってもらおうと今回もパネルやメダルの展示等を行い、同時に訪れた人に金山選手に応援メッセージを書いてもらい、それを金山選手に贈る、ということも行っていました。

この活動写真展も色々な場所で行っているので、すでに目にされた方も多いかと思います。


金山選手は本当に幸せだと思います。

彼の周りで汗をかいて、彼の活躍を一人でも多くの人に知ってもらいたい、と思って行動して下さっている人がいる。

フットサルというスポーツが今のようにメジャーじゃなく、誰もが気軽に触れられる存在ではないときから、浜田支部の方は金山選手の応援をされていました。


今、フットサル界で金山選手といえばスター選手ですが、このような地位に昇りつめることが出来たのも、彼の才能、努力はもちろんですが、このように表に出ずに裏方で汗をかいた人の存在なくしてあり得なかったと思います。


ワールドカップでは残念な結果に終わりましたが、彼のことですので、また前向きに彼らしく戦ってくれると思います。

年明け早々には広島でFリーグが開催されるので、浜田支部では金山選手の応援ツアーを計画しているようです。

金山選手も地元に近いということもあって、モチベーションも高くなるのではないでしょうか。

地元から応援ツアーで駆けつけてくれる、ということ自体モチベーションアップになるでしょうしね☆



今回、僕も応援メッセージを書きましたが、このような形で彼にメッセージを書くとは思いませんでしたので、妙に照れましたね~。

というのは僕は彼と同級生で、昔からよく知っているので…

キッズイベント in 浜田

今日は浜田市で行われたキッズのイベントを視察してきました。

IMGP0932.jpg


毎年行われているBB大鍋フェスタのイベントの中にブースを設けて、サッカーとはあまり縁のない人たちにも気軽にサッカーの楽しさに触れてもらおうということで行われていました。


僕は浜田の育ちなんですが、この大鍋フェスタに参加したのは今回が初めてでした。

この時期に実家にいるということも滅多になかったですし、いたとしても祝日ですのでサッカーや仕事や色々なものが入ることが多かったため、初めて足を運ぶことができました。

本当に多くの人で賑わっていましたね。

様々な企業や団体が色々なお店を出店されていましたので、今まではまったく関心のなかったところへも足を向けるキッカケにもなったと思います。


今回浜田支部が行ったこのキッズサッカーも、通りすがりの子供が多く参加してくれ、今まであまりサッカーに興味のなかった子供も「とりあえず」やってみて、その楽しさに触れることができたのではないでしょうか。

IMGP0928.jpg


サッカーだからと言ってサッカー関係やスポーツ関係の枠の中で活動をしても大きな広がりは期待できません。

サッカー人口を増やすためには、異文化交流は必須だと思います。

今回のようにまったくサッカーとは縁がないようなイベント、エリアの中でサッカー協会の取り組みを少しでも紹介することによって、また違った広がりを見せるはずです。

人との縁はこういうところから広がっていくものですしね。


そういう意味でも、このようなイベントに積極的に参加させていただくということは今後も大切だと思います。

IMGP0936.jpg


また休日にもかかわらず多くのボランティアスタッフの皆様が協力してくださっていました。

本当にありがたいことです。

このような人たちがいるから僕たちは色々な活動ができる。

そのことを絶対に忘れてはいけないと思います。


浜田支部の関係者の皆様、そしてスタッフとしてご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

リフレッシュ!

今日は久々にS-Pitchで選手としてサッカーをプレーしました。


いやぁ、楽しかったですね(^^)


動けたのは最初の15分程度で、その後は悲しいぐらい足が止まってしまいチームのみなさんには迷惑をかけてしまいましたが…

試合は残念ながら負けてしまいましたが、やっぱりサッカーは楽しいですし、やっぱり試合が一番面白いですね☆


大人の僕らがそうですから、子どもはもっともっと試合が楽しくてしょうがないだろうな。


サッカーの楽しさを再確認できましたし、精神的なリフレッシュにもなりました☆



しかし!!

ただ楽しいだけじゃつまんないですよね。

もっと体力をつけて、もっと上手になったら、もっともっとサッカーが楽しくなるでしょうから、時間を作ってもっともっといい選手になれるように努力しなきゃ!


やっぱり一度サッカーの楽しさに触れたのなら、一生涯サッカー選手としてプレーしたいですからね!

新たな試み

今日から僕たちスタッフの間で新たな試みを始めることにしました。


それは

「スタッフ研修会」


もちろん今までもスタッフ間のミーティングやディスカッションは行ってきましたが、今までとはまったく違うアプローチで行うことにしました。


各スタッフにテーマを与え、それについて自分の意見を5分間述べる。

そしてそれを聞いた他のスタッフがそれについて意見を交換する。

また理論的な部分だけではなく、それをいかにして実践に結びつけるか。


これを毎週行うことで、スタッフ全員が改めて共通理解の下活動を行うことができますし、子供に対してもまた保護者に対しても適切な指導、アドバイスが行えるようになると思っています。


またスタッフ自身も、自分の中で蓄積された知識や経験を整理し、活用するいい機会になると思っています。


先日僕も経験しましたが、自分の意見を限られた時間の中で分かりやすく伝えることは容易いことではありません。

しかし指導者に求められる能力の中には、

「簡潔かつ明瞭に」

ということが挙げられます。

日頃からそのような訓練を受けることで、人前で動じず、素晴らしいコーチングが初めて可能になるはずです。


今日も素晴らしいスピーチとディスカッションが行われたと思います。


今日のように熱いディスカッションが行えれば、S-Kidsの未来も明るい!!


僕も、

「じゃお前はどうなんだ?」

って言われないようにしっかりtp勉強していきたいと思います!
プロフィール

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。