スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は…

今日は練習がお休みでしたのでちょっとプライベートネタを…


16年目に突入した僕のコーチ生活ですが、その中で色々な選手との出会いがありました。

キッズ年代から社会人まですべてのカテゴリーで指導していますので、幅広い年齢層の選手との出会いがあります。
小学生の頃に指導した子どもがすでに社会人になり、大人の付き合いができるようになったり。
でも「関係」は当時のままで、いつまで経っても僕にとってはかわいい教え子であり、また友達です。


今でも多くの教え子と連絡を取り合っていますが、その中で今季からプロサッカー選手として活躍している子がいます。


彼とは彼が小学5年生の時に出会いました。
僕がまだ19歳の頃です。

当時の彼はその学年ではからだも大きく、非常に目立つ存在で、簡単に言えばお山の大将、悪ガキでした。
僕が指導していたスクール生だったのですが、当時は理由もない自信があったんでしょうね。

「自分はコーチよりうまいから言うことを聞かない」

普通にそう考えている子でしたので、初対面の時は生意気でしたね~。

ただ当時は僕も19歳。からだは全然動くし、ある程度自信もありましたから、こんな悪ガキに負けるはずがない!

2回目の練習以降、彼は一度も生意気なことを言わなくなりました。


逆に色々なことを要求するようになりました。

「もっともっとうまくなりたいから勝負しよ!」

なんていうのは練習中から日常茶飯事で、常に新しいことを覚えるために一生懸命練習をするようになりました。

5年生の頃は市のトレセンでもあまり目立たない子でしたが、サッカーを楽しみながら一生懸命練習して6年生になるとトレセンでもレギュラーになり、全国的にも大きな大会でMVPを獲得。

小学校卒業後は僕が指導していた中学校のサッカー部に入り、同時に行っていたスクールも合わせてほぼ毎日のように一緒にボールを蹴ることになりました。

サッカー選手に限らず何事においても才能は必要であり、これには個人差があります。

彼もそういう点では他の子に比べて才能があり、またインテリジェンスがある子でした。

しかし彼より評価の高い選手は、同年代でもたくさんいました。
また入学当初からずば抜けた存在でもなかった。


それでも彼はプロになりました。


僕に決め付けることは出来ませんが、彼は「努力する」才能がずば抜けていたと思います。
それがプロになれた大きな要因ではないでしょうか。

あらゆるものを犠牲にして、プロになるための可能な限りの努力をしてきた。
そして常に前向きにトライし、できないことをできるようになるまでとことんやり続けた。
そして分からないことは有耶無耶にせずに常に面と向かって尋ねてきた。

そして…
サッカーが大好きで大好きで仕方がなかった。

彼より才能に恵まれた子はたくさんいたと思います。

ただ彼はプロになれた。
自分で自分の夢を掴むことができた。

僕はその過程を知っているからこそ、彼を誇りに思います。


僕は彼から多くのことを学びました。

夢を持つことの大切さ、努力すること、諦めないこと、楽しむこと…

それらは僕の指導の原点でもあり、一番大切にしたいこと。


このブログを読んだ皆さんも彼のことを応援していただけたら幸せです。

横浜FC 八角剛史
スポンサーサイト

8月練習予定

8月のS-Kids練習日は下記の通りになります。


☆U-6コース☆

8月 2日(土) 17時~18時 【陸上競技場】
8月 6日(水) 15時~16時 【S-Pitch】
8月 7日(木) 15時~16時 【S-Pitch】
8月 9日(土) 17時~18時 【S-Pitch】
8月20日(水) 15時~16時 【S-Pitch】
8月21日(木) 15時~16時 【S-Pitch】
8月23日(土) 17時~18時 【S-Pitch】
8月27日(水) 15時~16時 【S-Pitch】
8月28日(木) 15時~16時 【S-Pitch】

☆U-8コース☆

8月 2日(土) 17時~18時 【陸上競技場】
8月 6日(水) 16時~17時 【S-Pitch】
8月 7日(木) 16時~17時 【S-Pitch】
8月 9日(土) 17時~18時 【S-Pitch】
8月20日(水) 16時~17時 【S-Pitch】
8月21日(木) 16時~17時 【S-Pitch】
8月23日(土) 17時~18時 【S-Pitch】
8月27日(水) 16時~17時 【S-Pitch】
8月28日(木) 16時~17時 【S-Pitch】


※8月13日、14日、16日はお盆のため練習を行いません。この機会を利用し、ご家族で出掛けたりしてコミュニケーションを図っていただきたいと思います。

※雨天の場合は原則として陸上競技場内の雨天走路を使用します。


日頃から言っていますが、着替え、タオル、飲料水は必ずご持参ください。

U-10キッズエリート開催

先週の土曜日に陸上競技場でU-10プレトレセンを行いました。

当日は非常に暑く僕たちコーチもうなだれてしまうような天候だったので、実際にプレーしていた子供はかなり大変だったと思います。そんな中でも子供は高い集中力を見せてくれ、一生懸命トレーニングを行ってくれました。

継続した問いかけにより、子供は目的を持ったプレーができた場面もありました。まだ習慣化されてない子供ですので、常にこちらから刺激を与える必要があり、そういう面でコーチの皆さんは非常にいい仕事をしてくださいました。

熱意のあるコーチの皆さんに協力していただき、このような事業が成り立ちます。今後も継続した活動を行いたいと思っていますので、御協力をお願いいたします。

JFAキッズサッカーフェスティバル2008 島根 in まつえ

昨日松江市総合体育館にて「JFAキッズサッカーフェスティバル2008 島根 in まつえ」が開催されました。

親子のコミュニケーションを図ることをメインテーマとしたもので、毎月松江支部で行っている親子コミュニケーションスクールの規模を少し拡大したイベントです。


今回は先月末に開催予定だったキッズサッカー大会が雨のため中止となってしまい、子どもに少しでも多くの試合を経験してもらおう、ということで通常よりも試合時間を長く取るようにしました。


様々なプログラムの土台となっているのは、「親子で一緒になって楽しみながらからだを動かす」という点です。
親子だからできることってたくさんあると思います。

子どもにとって親はかけがえのないもの。

親の表情を見て子どもは育っていきます。
笑顔で会話をし、たくさん褒めてくれて、いっぱいからだに触れてくれる。

そういう親から育った子どもは活発で純粋な子どもに育っていくはずです。

子どもが一番嬉しいのは親と関わりを持つ中で自分のことを見てもらい、自分に関心を持ってもらうことではないでしょうか。


本格的なサッカー技術の習得が狙いではなく、サッカーを通して親子のコミュニケーションを図り、親子で何かを一緒に行うことが主ですので、技術的なアプローチはほとんど行いません。

しかしそこにはたくさんの笑顔と笑い声がある。

そして親に褒めてもらおうと一生懸命頑張る子どもの姿があります。


少しでもそのお手伝いが出来ているのなら、こんなに幸せなことはありません。


昨日もたくさんの子どもの笑顔とそれを優しい顔で見守る保護者の顔を見ることができました。


たくさんの方に参加していただき本当にありがとうございました。


また当日お手伝いいただいた松江支部フットサル委員会の皆様、松江商業女子サッカー部の皆さん、本当にありがとうございました。

キッズリーグ第2節

今日は中央小学校でキッズリーグ第2節が行われました。

S-Kidsは子どもの都合が合わず9名での参加になりましたが、最後まで元気いっぱいプレーしていました。

僕は同時刻に行われたU-10プレトレセンに参加していたため、1試合しか観れませんでしたが、コーチに聞くとみんなすごく頑張ってプレーしていたとのことでした☆

CIMG0923.jpg


1年生が中心ということもありなかなかゲームがスムーズに進行せずに、対戦チーム等にご迷惑をおかけすることもあり、また普段行わないちゃんとした「サッカーゲーム」ですので、ルールの理解にばらつきがあるのも事実です。


そのためこのようなリーグ戦参加に対し、色々な意見をお持ちの方がいらっしゃるのは重々承知しています。

しかしこのようなリーグに思いつきで参加したり、どのような状況が起こるのか想定せずに参加しているわけではありません。

保護者の皆さんや関係者の皆さんが感じることは僕らの中では一度通り抜けてきているつもりです。

色々なことを考え、想定した中でリーグに参加しています。


この年代の子どもは急速に伸びますが、結果において激変することはまずありません。
またこのような試合における目に見える結果を求める段階でもないと思っています。

試合中、そして試合後の子どもの表情や言葉、行動に変化は見られませんか?

1つずつルールを覚え、どのようにプレーしたら今度は失敗しないかを考えたり、どうやったらパスがもらえるかポジションを考えたり…

これは子どもたちが自ら見つけた財産です。

そしてそのような変化を保護者の皆さんには敏感になっていただき、子どもを褒めていただきたいと思います。


決して比較対象が「対戦相手」にならないように…

比べられるのは「その子ども自身」です。

CIMG0925.jpg

熱中症にご注意を!

松江市より下記の通り連絡が入りました。


*************************************

全国各地で熱中症が多発する中、松江市消防本部の管内では、7月に入り21件の救急搬送事案が発生しています。熱中症は、周囲の温度に身体が対応できず、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調整が働かなくなることなどが原因で起こります。熱中症を防ぐため、こまめに水分補給や休憩を取り、体調不良を感じたら無理をしないようにしましょう。また、暑い場所で作業やスポーツを行う場合は、お互い熱中症の予防に配慮しましょう。


*************************************

連日猛暑が続いています。

この天候下でサッカーをしたり、スポーツをする機会が多いと思います。注意し過ぎるってことはありませんので、最大限の配慮をしながら少しでも楽しみながら活動できるようにしてほしいと思います。

キッズサッカーイベント2日目

昨日に引き続き「キッズサッカーデー」としてイベントを行いました。


今日も非常に暑い中30名以上の子どもがS-Pitchに来てくれ、初めて会う友達と一緒になって試合を行いました。


サッカーを通じて色々な友達と出会い仲良くなる。

子どもにとってこのような経験は必ず未来に繋がりますし、色々なところへ足を運ぶキッカケにもなります。

S-Kidsの活動を通して他の友達やコーチと出会い、そのコーチの教えるサッカースクールに通う子も出てきましたし、友達がS-Kidsに通ってるから自分もやってみようって思ってくれた子どもたちもたくさんこのS-Kidsに入会してくれています。

「出会い」ってどの年代でも大切であり、それは積極的に子どもに提供してあげたいですね。


CIMG0915.jpg

今日も3コート作り、6チームに子供たちを分けて試合を行いました。
子どもたちは常にみんなが試合に参加している状況でした。

最初は遠慮がちにプレーしていた子どもたちも、時間が経つにつれいつも通りの空間を創れるようになり、元気な子どもの声が響くようになりました。

やっぱりこの年代だからこそこのような環境で運動をさせてあげたいですね!
転んだって痛くない、いつだって寝転ぶことが出来る、滑り込むことだって出来る。

そのような環境で育つ子どもは、それだけでも運動能力が向上しますからね。


また近いうちにこのようなイベントを企画したいと思います。

足を運んでくださった皆さん、そして今回の企画のサポートをしていただいた松江支部4種委員会の皆様。

本当にありがとうございました。

集合写真

7月23日のS-Kids

今日は4種委員会の協力をいただきキッズサッカーイベントを行いました。

普段なかなかS-Pitchを利用しない8歳以下の子供を対象にしたイベントです。


15時からの開始予定でしたが、15時前にいきなり強い雨が降り始めまして…

晴れ男を自負していたのでこの急な雨にはショックでした(; ;)


ただ子どもたちの「やりたい!」気持ちが届いたのかなんとか回復し、無事に開催することができました。

普段使わない人工芝での試合に子どもたちは楽しそうにプレーをしてくれて、17時までめいいっぱいみんなで試合を楽しみました。

明日も同じようにイベントを行いますので、多くの子どもに来てもらえると嬉しいです。

明日は天気も大丈夫だと思いますので、楽しみにしていてくださいね。

JFAグリーンプロジェクト in 島根

日本サッカー協会は、キャプテンズミッションで掲げている「グリーンプロジェクト」の一環として、芝生の苗30万株を無償で提供する芝生化キャンペーンを行っており、島根県でも松江市の育英幼稚園及び育英北幼稚園で本日芝植えを行いました。

日本各地29箇所が選定され、その中にこの2園が選ばれたということになります。


僕も朝から手伝いに行き、園児とその保護者、園関係者の皆さんと一緒に芝植えを行ってきました。

午前中はひたすら穴掘りを行い、つるはしを何百回って振り上げてかなり汗をかきました(^^;

本当に久しぶりにつるはしを使ったので、全然上手に掘れませんでした…
腰が入らないんですね、自分でも分かりましたから。今回来ていただいた中野教授や当協会会長が掘る穴と全然違うんですね。

何気にショックでした、満足に扱えないって現実に…


今回はポッド苗式といってポッドの中で1ヶ月間育てた苗を50cm間隔で植えていきました。
そんなに間隔が空いていて大丈夫かなぁって思うんですが、これがどんどん根が張っていきくっついていくそうです。

3ヶ月ぐらい経てば緑色の芝生が生えそろうというわけです。

今回初めてこのような経験をさせていただきましたが、中野教授にも色々な話を聞くことができました。

どのように管理していけばいいのか、植えた直後はどうしたらいいのか、なぜこのような方式を採用するようになったのかなど、今までまったく知らなかったことばかりで、非常に勉強になりました。

また実際に子どもや保護者、先生方の手で植えていきましたので、「自分たちが作った芝生」という愛着が生まれ、多くの人がこの芝生に足を向けることになるかと思います。

なんでも手作りに勝るものはないですからね!

今日で両園とも夏休みに入りましたので、夏休み明けに園に来てみると園庭に芝生が生えており、子どもたちはきっと驚き、また喜ぶはずです。

そして自分たちで植えた芝生だからいっぱい遊びたくなる。
そして大切にしようとする。

植える手間はかかるかもしれませんが、このような経緯があるから子どもに変化が生まれるんだと思います。
もちろん子どもを取り巻く大人にも大きな変化が表れるはずです。

貴重な体験をさせていただきました。

僕は一緒になって動き回っていたのでまったく写真を撮っていません。

数日中には事務局長がブログでアップすると思いますので、もうしばらくお待ちください。


JFAグリーンプロジェクト」に関する詳しいことは下記のサイトをご覧ください。

JFAグリーンプロジェクト

キッズイベント開催

7月23日と7月24日にキッズイベントを開催いたします。

先週末から夏休みに入りましたが、このS-Pitchはフル稼働!
なかなかキッズ年代の子どもたちがこのピッチでボールを蹴ったりする機会が創れず申し訳なく思っています。

定期的にこのような機会を確保することは難しいかもしれませんが、1人でも多くの子どもたちに楽しんでもらいたいと思っていますのでぜひご参加ください。


○趣旨
 普段「S-Pitch」でサッカーをする機会がほとんどない4種チームに所属するU-8の子どもたちに夏休みの機会を利用して人工芝グラウンドで思い切りサッカーを楽しんでもらう。
 他チームの子どもたちと一緒にゲームをすることによりコミュニケーションスキルを高める

○日時:7月23日(水)15:00~17:00、7月24日(木)15:00~17:00
 ※両日参加またはどちらか1日参加でも可

○内容:当日参加の子どもたちにゲーム(5人制)などを楽しんでもらう。(チームは当日編成する)

○参加料:無料

○対象:小学2年生以下でサッカーに興味のある子ども(保護者同伴)

○定員:1日につき50名程度



参加料は無料ですので、お友達と一緒に遊びに来て下さい☆

※当日は高温多湿が予想されます。飲料水や着替えは十分お持ちください。

本庄小学校へ行ってきました!

今日は松江市立本庄小学校で親子コミュニケーションスクールを行いました。

親子活動の一環として呼んで頂き、約1時間体育館で親子一緒にからだを動かしながら気持良く汗をかいてもらいました。


この「気持ちよく」ってのは僕の個人的な希望ですが(^^;


内容は毎月当協会が行っている親子コミュニケーションスクールとほぼ同じもので、常に親子で一緒になって運動を行うというもの。

そこにはからだの触れ合いや会話などの親子間のコミュニケーションが積極的に図れる要素を詰め込んであります。

子どもが親と一緒に遊ぶときの表情は、本当に幸せな気持ちが伝わってきます。

今日も子どもたちが見せる笑顔は、子ども同士の遊びの中では決して見せないようなものがありました。

このような活動の重要性は、実際に現場で子どもと保護者の表情を見れば痛感します。


今後もいろいろなところへ出かけていき、このような活動を行っていきたいですね!


本庄小学校の関係者の皆様、本当にありがとうございました。

7月19日のS-Kids

午後からの強い雨でS-Pitchでの練習が危ぶまれましたが、天候も回復し無事にS-Pitchで練習を行うことができました。

雨上がりだったので余計蒸し暑く感じましたが(^^;


今日はコーディネーションを中心に行いました。

バーの上をジャンプしたり、オニごっこをしたり、ジグザグ走をしたり…

いろいろなパターンの動きを経験してもらいました。

偏りがあると子供の中に得意・不得意が生まれますし、子どもの成長曲線にバラつきが出てきますからね。


最近は子供の運動能力もかなり向上してきているので、プログラムを複合的にしていきながら、子供の能力をさらに向上できるようにしたいですね。


高温多湿の中、子どもは最後まで動き回ってくれました!
相変わらず元気な子どもたちです☆

コーチたちも負けずに元気いっぱい動きまわれるようにしないきゃね!!

芽が出るか!?

今週の月曜日にクラブハウス横の芝生の張替え作業を行いました。

といっても種蒔きをやったのはうちの事務局長ですが…(^^;


日曜日に今まで張っていた芝生をスコップなどで取り、整地するまでは少しだけ手伝いましたが…


今回蒔いた種は1週間程度で芽が出るということなので、来週の頭ぐらいには緑色した芽が顔をのぞくはずです。


CIMG0908.jpg

CIMG0909.jpg

ぽつぽつと緑色の芽は見え始めていますが、これがどのくらい出てくるのかな~。


数ヵ月後には青々した庭に変わってくれたらいいんですけどね。

事務局長が毎朝水を撒きにクラブハウスまで来られているみたいですし、その愛情で必ず芝生が育つと信じてます(^^)

今日からネットが取り付け開始

いきなりの大雨でビックリしていますが(^^;

今日まで雨なんか本当に降らなかったので、恵みの雨ですがスコールみたく降ってますからね。

今日予約を入れている高校生はこの中でも練習をするようです。

風邪引かなければいいですけど…


さて、屋根付フットサルコートですが、本日よりフェンス代わりのネットの取り付け作業が始まりました。

CIMG0905.jpg

小さくてよく見えないかもしれませんが、緑色のネットが取り付けられています。
思った以上の高さですので取り付けるネットもかなり広範囲になります。

CIMG0906.jpg

クレーンに乗って取り付け作業を行っておられますが、高所恐怖症の僕には絶対に出来ない作業です…

横殴りの雨や雪の場合はどうなるんだろうか、と疑問に思ったりしますが(^^;


急ピッチで進められている工事ですが、毎日異常なぐらいの暑さですのでここで作業をされている方々にしたら灼熱地獄といった感じでしょうか…

プロ意識というものをこういうところにも感じます。

ちょっとした暑さでへこたれている様じゃダメですね!

頑張らなければ!!

7月16日のS-Kids

明日陸上の記録会が行われるため、木曜日に来てくれる子どもたちが今日来てくれました。


いつもいつも暑いのに元気いっぱい!

子どもは楽しいことには夢中になって一向にやめる気配を見せませんので、子どもたちが元気に動き回っている間こそしっかりと配慮していかなきゃいけないなと思います。


今日はドリブルゲームを行ったのですが、そこでも子どもによって色々な駆け引きを見せてくれました。

CIMG0899.jpg

とにかく真っすぐゴールに向かって進む子やちょっと引いたところから他の子どもを観察し、空いてるところを見つけてドリブルする子など子どもによって色々な方法が見られます。

正解なんてありません。子どもにとってどのやり方がゴールにつながるか、そこを工夫してチャレンジすることが大切であり、そのようなことから色々な駆け引きを学ぶことができるはずです。

こういうゲームでは、子どもの意外な一面を見ることができますから僕も楽しみにしています(^^)


************************************

何度も書いておりますが、非常に暑い毎日が続いています。

練習の際には必ず十分な飲料とタオル、着替えをお持ちください。
また気分が悪くなった時は必ず日陰で休ませるようにしてください。

よろしくお願いいたします。


屋内フットサルコートに屋根が…

先日写真をアップしましたが、屋内フットサルコートの工事が着々と進み、今日は屋根が取り付けられました。

屋根


テントなどで使われている素材のようなもので、夕方には全面取り付けが終了していました。

素材



職人さんはやっぱり仕事が速いですね~。


今日一日で屋根が取り付けられたので、また明日にはあっと驚く速さで作業が進んでそうです。

また報告いたしますね。

屋根3

世界のスタジアム紹介

S-Kidsとはまったく関係ありませんが、今まで自分が訪れた世界のスタジアムをここで紹介していきたいと思います。


僕はそれほど多くスタジアムで試合観戦したことはありませんが、スタジアムが持つ雰囲気ってのは本当に独特なものでそこでしか味わえない空間なんですよね。

僕が今まで訪れたスタジアムも、それぞれに特徴があり、もう一度足を運びたくなるスタジアムでした。

選手を目指していたら絶対にここでプレーしたいな!って思えるような場所。


スタジアムは選手を目指す子どもや契約寸前の選手、移籍の決断を下そうとしている選手にとっても大きな存在だと思います。

本当に大きな夢が詰まっている。


今回は今まで一番感動したスタジアムである

「ハイバリー・スタジアム」

です。

3.jpg


このスタジアムはイングランド・プレミアリーグの強豪アーセナルのホームスタジアムでした。

過去形なんですね…。

残念ながらこのスタジアム、新しい「エミレーツ・スタジアム」が完成したため取り壊されたんです。

歴史は古く、1913年9月6日から2006年5月7日までアーセナルのホームスタジアムとしていくつもの名場面を演出いたしました。

キャパシティは38,500人と非常に小さく、その分スタンドとピッチ間の距離が近く、選手との一体感を味わえるスタジアムでした。

選手同士がぶつかる音やボールのインパクト音も聞こえるほど!

4.jpg



1999年からアーセナルをずっと追いかけ、毎週プレミアリーグの試合も欠かさず見続けていましたので、このスタジアムが取り壊されると知ってからいつか必ず見に行こうと決めていたので、試合のチケットを入手できた時は本当に幸せでした。

スタジアム内に一歩足を踏み入れた瞬間の想いは一生忘れることがないと思います。

20.jpg


残念ながらこのスタジアムで試合を見ることは永遠にできませんが、多くの人の心の中に色々な場面がすぐにでも蘇る、そんなスタジアムだと思います。

できればもう1試合このスタジアムで観戦したかったな…

着々と進んでいます

現在S-Pitch脇では8月末完成を目指して、屋内フットサルコートの工事が急ピッチで進められています。

今日も日曜日ですが、工事関係者の方が暑い中作業をされていました。


CIMG0889.jpg


昨日から鉄筋が建ち始めましたが、一気に全体像が見えてきました。本当にこういう作業って早いんですよね。


櫓が建つまではそんなに広さを感じなかったのですが、櫓が建って中をのぞいてみると結構広く感じるものですね。

CIMG0891.jpg


どのような流れで屋内フットサルコートが建っていくのか、このブログで追いかけていきたいと思います。

完成を楽しみにしていてくださいね。

7月12日のS-Kids

今日も12人の元気な子供たちが練習に来てくれました。

夕方になっても一向に涼しくなりませんでしたが、子どもたちは元気に1時間動き回っていました☆


今日はオニごっこをやって、その後に色々なランニングをしました。
みんなで置いたボールの上を跳んだり、ぶつからないようにジグザグに走ったり。

徐々にではありますが、自分のからだを思い通りに動かせるようになってきました。
ボールの間隔がランダムだと意識的に反応して動きを変えていかなければいけません。
子どもは走れば徐々にスピードが上がっていきますし、ゴール付近になるとからだがつんのめってしまうことが多々あります。

そうならないために自分の意思とは違っても柔軟に対応できるからだを作れれば、子どもの動きの幅は広がるはずです。

そこにもっとアプローチしていきたいですね。


ドリブルシュートでは1回目より2回目が上手になり、どうやったらたくさんゴールに決めることが出来るかを子どもなりに工夫していました(^^)

今後も子どもが自然と工夫していくようなプログラムを考えていきたいと思います。


暑い中本当によく頑張りました!

縁が円になっていく

「1つの縁が大きな円になっていく…」

これは僕の大好きな人が言っていた言葉ですが、ここ数年この言葉の強さを感じる出来事が続いています。

その瞬間は気づかなくてもどこかでつながるんですよね。
人とのめぐり合わせには見えない力が働いているって思った経験は誰もがあるのではないでしょうか。


今日もあることが縁で知り合った方とお会いして、長時間色々な話をさせていただきました。

ブログ等で情報を集め、自分なりにイメージはしていましたがとても純粋で行動力のある真っ直ぐな方でした。


僕が魅力を感じる人には共通したことがあって、それは「行動力」なんですよね。

自分の中に理想や夢を持つことは素晴らしいことであり、誰もに与えられる自由です。

そしてそれを叶えようと努力すること、近づこうと少しづつでも進もうとすること。

これも誰もに与えられた自由です。


しかし色々な理由があり、そこから進めない人もたくさんいます。
もちろんこれを非難するつもりもありませんし、そんな資格もありません。

ただ僕が魅力を感じ、かっこいいなぁって思える人はみんな必ず行動しているんです。
思ったり言葉にするだけではなく、必ず実行している。


今日お会いした方もそんな方でした。


将来の自分の姿をしっかりとイメージをされてて、そこに向かって進むために何をしなければいけないのか、また何をしたいのか。

新たなものを創り出そうとするパワーは、話を聞いていてこちらにもパワーを与えてくださいました。


素敵な時間をすごせたことに感謝です。


今日の会話の中でも色々なアイデアが生まれ、それを形にしてみなさんに提供できるかと思います。

楽しみにしていてください☆

巡回指導@野波保育所

昨日の巡回指導は野波保育所さんでした。

野波保育所さんは毎年2回定期的に申し込みをしていただき、今回が4回目の実施となりました。


自然が豊かで時間の流れが違うような錯覚に陥ってしまいそうな場所にあり、子どもたちも環境に恵まれ伸び伸び育っている印象は初回から変わりません(^^)

環境が自分の田舎と似ていて、ここに来ると自分が子供の頃を思い出すんですよね。

登れそうな山があったり、田んぼがあったり、緑に囲まれて家々が建てられていて…

ここに来ると子ども心がくすぐられると言ったら変ですが、山で遊んだり木に登ったり田んぼでサッカーしたりしたくなります(^^)


今年度最初の巡回でしたが、子どもたちは僕のことを憶えてくれていて最初から楽しい雰囲気で行うことができました☆

年長さんは昨年度2回経験していますので、いろいろな面で年中さんを引っ張ってくれました。
ただここでも「もりもりポーズ」は子どもたちにとっては恥ずかしいようで、僕だけが張り切ってやっていたような気も…


広い庭でしたので、試合になれば制限なく動き回っていました!
この年代の子供の姿を再認識できた気がします。


サッカーが終わった後はみんなで裏山にできている「スモモ」採りをしました。
久々に木登りをして本当に楽しかったな~。

採れたてのスモモをごちそうになるという贅沢をさせていただきました。これも本当においしかった!


本当にいい時間を過ごさせていただきました。

また10月に一緒にサッカーをしようね!

7月9日のS-Kids

もう梅雨明けしたんじゃないかって思えるぐらい完全な真夏日が続いていますね…


夏バテなどしていませんか?
炎天下での活動では水分補給は不可欠ですが、日常生活でも水分を摂ることが多くなっているかと思います。
そのためお腹を壊したりすることが増えてきますので、しっかりと体調管理をするようにしてくださいね。


今日は15時からのコースは3人だったのでマンツーマン指導が可能でした(^^)

今日から入会した子も最初は元気がないかなぁって心配しましたが、ボールを蹴り始めると非常に活発な子に大変身!
まだまだ自分を表現するには照れや不慣れな面もありますが、ボールを使うことで気持ちが開かれていくと思います。

この年代の子供はすぐ仲良くなれますしね☆


16時からのコースは年齢層が広く賑やかな1時間となりました。

僕は今日は下の年齢の子と一緒にやりましたが、今日は非常に積極的でほぼ1時間ちゃんと練習に関わることができました!

今日は本当によく頑張ったし、みんな立派だったな~。
ずっとコーチの側にいてくれたからコーチは嬉しかったよ!

CIMG0883.jpg


CIMG0885.jpg


一生懸命頑張ってすごく上手にできました(^^)


小学生の子どもたちも楽しそうにやってました☆

CIMG0886.jpg


年齢が違う子どもたちが集まるメリットってたくさんあると思うんです。

僕たちが口で説明するよりも、お兄ちゃんやお姉ちゃんがやっている姿を真似ようとして色々なことを覚えますし、お兄ちゃんやお姉ちゃんも年下の子たちに対して思いやりの心を持つようにもなる。

もちろん色々な弊害もあるかもしれませんが、メリットの方が多いはずです。


子どもが健全に育つために、社会的刺激を与えることは非常に重要だと思っています。
今後も年齢に拘らず積極的な交流を図っていきたいと思います。

楽しかったぁ(^-^)

今日から国体成年男子の練習が始まりました。

仕事などで参加できなかった選手もいましたが、候補選手が集まり来月のミニ国体に向けてチームとして活動する第一歩を踏み出したところです。

準備期間が1ヶ月強しかありませんが、選手のみなさんは強い意志を持ってトレーニングをこなしてくれました。県代表として戦うことへの誇りや国体本戦出場権を獲得するためのモチベーションなどを示してくれたと思います。

選手の前向きで積極的な姿勢が、僕の中のモチベーションをさらに高めてくれました。
すっごく楽しかったなぁ、本当に楽しかった!

やっぱりピッチに立って自分が入り込めるとサッカーがムチャクチャ楽しく感じますし、サッカーやっててよかったって心から思います☆

第3回U-10キッズエリート

第3回U-10キッズエリートプログラムが昨日陸上競技場で開催されました。

今回も80名近い子どもが練習に参加してくれました。
炎天下の中で非常に暑かったと思いますが、子どもたちは最後まで元気よくサッカーに取り組んでくれたと思います。


子どもと同様にスタッフの方も14名集まってくださり、子どもに対して質の高い指導を提供しようと頑張ってくださいました。

このようなスタッフに支えられてこのようなエリートプログラムが実施できます。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
このような指導者の方々に協会が出来ることは、指導者の方のレベルアップを図る場を提供することや指導者間がコミュニケーションを図る場を作り出すことだと思っています。
もちろんこれはこちら側からの一方的な情報提供ではなく、お互いが情報を交換し共有することで可能になるものだと思います。

Off the Pitchでもコミュニケーションは非常に大事なものです。
より良いものを子どもに提供できるように、より良いアイデアを生み出せるように指導者間のコミュニケーションを積極的に図っていける場にしていきたいと思います。


昨日のトレーニングですが、1:1でのチャレンジを中心に行いました。
与えられたことをやろうとする姿勢は見えるのですが、「他の子供と違うことをやってやろう」と思ったり、自分の中でのアイデアを持とうとする子どもが少ないように感じました。

与えられたことや決められたことしか出来ない子供が多くなっているのは間違いないと思います。
どうやったら子どもの持つ発想力や柔軟性を伸ばすことが出来るか、引き出すことが出来るか。

これはジュニア年代におけるトレーニングの大切なポイントだと思います。

U-10のエリートプログラムでは、そういった子どもの能力を引き出せるプログラムにしたいと考えています。
色々なことを試行錯誤しながら、子どもに対してより良いものを提供できるように頑張りたいと思います。

イベント目白押し

今日はいくつかのイベントが同時に行われました。

キッズでいえば午前中は親子コミュニケーションスクールが海洋センターで行われました。体育館で蒸し暑い中のスクールになりましたが、今日もたくさんの親子が来て下さいました。今日は普段のスクールとは内容を変更してレクリエーションの要素を含んだものにしました。他の親子との交流も図っていただきたかったですし。楽しんでいただけたら嬉しいです。

午後からはU-10のエリートを行いました。今回もたくさんの子供が集まってくれました。
内容等についてはまた明日書きたいと思います。
同時刻にレディースの大会も行われていて賑やかな運動公園でした。

でもたくさんの人が足を運んでくれる場所っていいですよね。
年齢層も幅広く各々が自分の楽しみを満喫しておられました。こういう環境が徐々に増えてってほしいですよね。

7月5日のS-Kids

午前中の雨で外での開催が不安になりましたが、午後からは青空も見えて蒸し暑い一日となりました。

S-Kidsでは練習開始前の時間を大切にしています。
人工芝で子どもがやりたいようにボールを蹴ったり、動き回ったり。
そこに一緒に来られる保護者とボールを蹴ったりする。

そんな時間を創りたいと思い、立ち上げ当初からこの時間は必ず確保するようにしています。
たった10分程度かもしれませんが、非常に大切な時間だと思っています。
親子でのコミュニケーションの場としても有効に活用していただきたいですし、気持ちのいい人工芝での運動を保護者の皆さんにも楽しんでいただきたいと思います。



今日はトランポリンを使ったプログラムを行いましたが、なかなか上手にジャンプが出来ない子や着地が出来ない子もいました。日常的に経験する動きではないというのも大きな理由の一つだと思います。

昔は遊びの中で高いところからジャンプをしたり、高い塀を登ったりしながら感覚的に養ったりした経験をお持ちだと思います。
現在色々な理由から経験できないようなことを、子どもに提供することは必要なことだと思いますし、非日常的な動きをいかに習慣化させることが出来るかが子どもの成長に大きく影響するはずです。


サッカーをさせたい、と思う保護者の方は大勢いらっしゃるかと思いますが、サッカーの動き・技術を身につけるためにはこのような土台を持ち合わせていることが前提条件となります。

僕たちは数年先を見据えた活動をしている自負があります。
この年代におけるサッカーは「数あるスポーツの中のほんの一部である」ことをご理解していただきたいと思います。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

巡回指導@みのり保育所

今日はみのり保育所に巡回指導に行ってきました!

今年度もう4回目ということもあり、次に何をやるのか子どもの方から言ってきたりするんですよね~。

「今度はしっぽ取るやつでしょ!?」

とか

「今度はリレーやるんだ!」

とか、こんな感じでたくさんの子どもが1つの練習が終わるたびに寄ってきてくれるんですね(^^)


今日はゲームに負けたチームが「もりもりジャンプ」と「小島よしお」をやってくれたんですが、小さい子どもで恥ずかしがってなかなか出来ないんですね~。

僕が一番上手にできてたような気がします(^^)v

1.jpg


この年齢から恥ずかしがらずいろいろなことが表現できれば、もっともっと色々なことが楽しくなると思いますので、僕も恥ずかしさはありますが、子どもと一緒に色々なことをやっていきたいと思います。


勝ったチームもかっこいいポーズが決められるように!

2.jpg


1時間頑張って元気いっぱい動いた後は、みんなで水浴びをしていました☆

気持ちよさそうだったなぁ。

これからの季節はやっぱりプールですね!
からだを鍛えるためにもプールに行きたくなりました。

7月3日のS-Kids

今日はコロコロ変わる天気で外が使えないなぁと思い、会場変更を決定したすぐ後に晴れ間が見え、「子供に外でボールを蹴らせてあげたかったなぁ」とちょっと後悔しましたが、またすぐ天気が変化するか分からなかったため、結局会場を変更して行いました。

この時期の室内練習場は子供の熱気ですごく蒸し暑くなるんですよね。子どもの発汗量も尋常じゃないぐらい。
毎回書いていますが、水分補給への配慮は忘れてはいけませんね。


今日はちょっとしたハプニングがありそれに対応していたため、子どもの練習姿を見る時間がほとんどありませんでした。

練習後、子どもと一緒に色々と話をする時間を創りました。
少々きついことを言ったかもしれません。
ただ僕は必要なことだと思っています。

何かをしてしまったことに怒ることはしないつもりです。
ちゃんとした理由があれば、ですが。

一番いけないことは、何かをしてしまった時にちゃんと自分から「ごめんなさい」が言えないこと。

何がいけないことか、それは子どもたち自身が一番分かっていることです。
もし何かしらの理由で悪いことをしてしまったのなら、それは本人が一番分かっていること。
それを責めるつもりはありません。

しかしそれをちゃんと自分で認めない子どもには、僕らはちゃんと言い聞かせる責任があるはずです。

今日起きたハプニングに対し、子どもはちゃんと反応してくれました。

それが僕は一番嬉しかった!

子どもは絶対に大人の気持ちを理解してくれる。
ちゃんと向き合えば分かってくれる。

そういった子どもの姿がとても嬉しく、また幸せに思えました。

7月2日のS-Kids

もう早いもので今年も半分が終わり7月に突入!

後ろを振り返るのはあまり好きではありませんが、こうして7月を迎えると本当にあっという間だなぁ。
まだ何かやりきった感を今年は味わっていないので、残り半年をそのような時間にしたいですね☆

今日は蒸し暑い中8名の子どもが集まってくれました。

前半は2人だけだったのでもうコーチ2人とマンツーマン指導!

この時間帯にくることが多いMくんとTくんですが、いろいろなことへ興味を持ち、純粋な子どもらしさを溢れんばかりに発揮している2人!
子供の興味はほんの数分しか持続しません。
例え夢中でやっていても急に飽きたり、他に楽しいことを見つけるとすぐそちらに足を向けてしまう。

でもそれは自然なことですよね。僕たち大人だってようやく覚えた「我慢」で何とかジッとしているだけで、意識は別のところに向けられているって誰もが経験していると思います。

大人でさえそうなのですから、子供に大人と同じことを求めるのは酷でしょう。

この年代では本来の子供が持ち合わせている

「子供らしさ」

を大切にしたいと思っています。

では「子供らしさ」ってなんだろう?

それが今のS-Kidsの活動の中で僕が一番確かめたいものです。答えはきっとないでしょうが、子どもの素直な反応や言葉、行動に隠されているのは間違いないと思います。

そこをしっかりと見逃さないようにしていかなきゃいけませんね。


MくんもTくんも自分のやりたいことがはっきりしています。

今はサッカーしたいなぁ

今は1人で遊びたいなぁ

今はコーチとプロレスごっこしたいなぁ


それは彼らの中から生まれた欲求です。
それを野放しにするのはどうか、と思われる方もいらっしゃると思いますが、僕はそれで構わないと思います。

色々な活動を通じ、彼らの中で「サッカー」というものがどこかの瞬間に反応する。
その時にサッカーをやれる環境を提供できればいいと思っています。

押し付けられてやるものほどつまらないことはないですからね。

親切な方との出会いでピクピク…

今日は久々の丸一日オフということで午前中はゆっくりとして、午後からちょっと仕事の整理をしてからジムに行ってきました!

先週は忙しくて時間が取れず1回も行けなかったので、久々のジムとなりました。

だからきつかった~

負荷はほとんど変わりませんでしたが、疲労感が全く違いました(^^;


1時間半ぐらいやったのでそろそろ帰ろうかなぁって思っていたら、今まで気になってたけどやり方が分からなくて使ったことがないマシンを使っている人を発見!

こりゃチャンスだな、と思い、その人に近付いていき色々と使い方を教えていただきました。

本当に優しく親切に教えて下さり、使い方を完ぺきにマスターできましたが、これがものすごく辛かった!
今日やったマシンの中で一番辛いものだったなぁ。

肩から腕にかけてもう筋肉がピクピクして仕方ないです。
けど充実感は大きかったな(^^)


疲労困憊で顔色が悪かった僕に親切丁寧に教えて下さったスポーツマンの方、本当にありがとうございましたm(_ _)m
プロフィール

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。