スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年度親子コミュニケーションスクール

今年度も親子コミュニケーションスクールが開催されます。


親子が一緒になって様々な運動を行いながら、親子間のコミュニケーションを促進することが目的です。

運動の楽しさを保護者に感じてもらい、それを子どもに伝えてもらう。


そういう光景がたくさん見られるようなプログラムを実施していきたいと思います。



松江会場の第1回目は


4月18日(日)10時~12時


です。


こっころカード持参で参加料が減額となります。

たくさんのご参加をお待ちしております。
スポンサーサイト

今年度最後の親子コミュニケーションスクール

毎月開催している2009年度親子コミュニケーションスクールの活動ですが、本日が今年度最後の開催となりました。



暖かくなり、たくさんの親子が参加してくれるようになり、子供スポーツ広場の空間は特別なものとなりました。

CIMG2884.jpg

今日はいつもとは違うプログラムを実施いたしました。

大きなボールを使用しての転がしドッジは子供も大人も本当に楽しそう!

CIMG2878.jpg
CIMG2881.jpg
CIMG2882.jpg

多くの参加者が同時に関われるこのようなプログラムは、この年代では非常に大切になり、また色々な動きを経験することで運動の土台作りが行えます。


大切なのは楽しく、熱中すること。


これを満たしていれば、子供の活動はほぼ間違いありません。

もちろん色々な要素は必要になってきますが、このベースを満たしていないといくら目的のあるプログラムであってもうまくいかないと思っています。


ビブスをボールに見立ててパンチをしたり、蹴ったりすることにもチャレンジしました。

CIMG2898.jpg

なかなか難しく、うまくヒットしませんが、難しいけど楽しい!って思える課題は積極的に取り組むのが人間です。


そこをうまく引き出してあげることはすごく重要ですね。



今年度も毎月開催することで、スポーツの楽しさ、サッカーの楽しさを少しずつ伝えることができたのではないかと思っています。

また子供の本物の笑顔をたくさん見ることができたのは、保護者と一緒に遊ぶことができるから。


そんな光景を来年度もたくさん見たいと思っています。


来年度もぜひご参加ください。

よろしくお願いいたします。

親子コミュニケーションスクール@松江

今日は松江市の子どもスポーツ広場で親子コミュニケーションスクールが開催されました。


このブログで何度も紹介していますが、毎月1回定期的な活動として実施していて、スポーツ(サッカー)を入口とした親子活動の促進及びコミュニケーションツールとして活用していたくことが僕たちの願いでもあります。


今日は、終了後スタッフで長時間ディスカッション。


どうすればより良い空間を創り出すことができるか。

僕たちスタッフの役割は何なのか。

そこを含めてかなり話し合いを行いました。



参加してくれた方には「楽しかった!」っていう満足感と「また来たい!」っていう期待感を持ち帰ってもらいたい。


理想と現実は違うけれど、喜んでもらえるものにそんな大差はないはず。


話をしながら、一番目を向けなければいけないものがよりハッキリした気がします。


今後も参加者の皆様に喜んでもらえるような活動を行っていきたいと思っていますので、毎月1回の親子コミュニケーションスクールを楽しみにしていてくださいね☆

第2回親子コミュニケーションスクール

今日は子どもスポーツ広場で毎月恒例の「親子コミュニケーションスクール」が開催されました。


外はかなり強い雨が降っていましたが、屋根下のフットサルコートですので影響されることなく、最後まで実施することができました。


この事業で一番伝えたいのは、どうやって子どもと遊ぶべきか、というようなプログラムではありません。


なぜ親と遊ぶと子供は笑顔になるのか。

どういった瞬間に子供は笑顔になるのか。


子どもの笑顔を見れば、自然に大人も笑顔になる。


そんな笑顔がいっぱいの時間を親子で共有してもらいたい。


そんな気持ちが根底にあり、遊び方は重要ではありません。


親の皆さんには、僕には分からない大変さがたくさんあると思います。

誰もが分かりきっていることでも、それを当り前のようにこなすことは難しいもの。


でも、子どもは大人のように経験もなければ感情起伏を抑えたり、大人の苦労も知りません。

子どもは子どもの宇宙を持っています。


大人が持つ宇宙に子供を連れてくることも必要ですが、大人から子供の宇宙に入り込むことも時には必要ではないでしょうか。


そんなキッカケ作りとして、毎月開催していきますので、多くの親子の皆さんに参加していただきたいと思います★

親子コミュニケーションスクール

松江支部で展開している親子コミュニケーションスクールですが、今日で2008年度の活動が終了しました。



毎月一回、定期的な活動をしていく中で、運動大好きな親子が一組でも増えたとしたら、僕たちの活動に大きな意味があったと思います。



子供が安心してからだを動かすために、近くで微笑む保護者の存在はとても大きなものだと思っています。



保護者が笑顔なら子供も自然に笑顔になれる。



親子の絆の強さは、そんなとこにも顔を出します。




子供にとって一番大きな存在はやっぱり親なんですよね。



キッズ活動のベースはここにあると僕は強く思っています。



来年度はまた新たな内容を盛り込みながら、足元を見つめた活動を行っていきたいと思います。
プロフィール

S-Kids

Author:S-Kids
一般社団法人島根県サッカー協会S-Kids公式ブログへようこそ☆

コメントを残してくださると嬉しいです(^^)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。